どーもです。

ブリヂストンゴルフのニューモデル「ツアーB」シリーズのドライバーですが、今日紹介するのは「XD-7」でドライバーは最後です。この「XD-7」は見た目が洋ナシタイプで、ザ・アスリートモデルって感じでした。いかにも操作性を意識したような感じですが、見た目通りなのか、それともいい意味でクラブがカバーしてくれる部分があるのか。その辺を確認しつつ、レポしてみたいと思います。

まずは見た目から。

デザイン的には「XD-3」「XD-5」と一緒ですが、ヘッド自体がよりコンパクトになっていましたね。BS XD-7 DR SOLE

フェースはコンパクトですね。どちらかというと「XD-5」に近いイメージですが、トゥ側の処理がやや変更されていて、より長方形を意識させるボクシーさがあったように感じました。BS XD-7 DR FACE

ボディ的には「XD-3」「XD-5」のちょうど中間といった感じですね。BS XD-7 DR SIDE

後ろ姿です。BS XD-7 DR BACK

構えてみるとこんな感じ。クラウン形状が洋ナシ型で、もう「操作性バリバリよ!」ってなイメージでしたね!! この形状は背筋が伸びそうですな!BS XD-7 DR TOP

今回試打したのは、専用開発オリジナルシャフト「ツアーAD TX1-6」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角9度、ライ角58度、長さ45インチ、総重量304g、バランスD2。ヘッド体積445cm3。シャフトスペックは、重量58g、トルク4.9、中調子。BS XD-7 DR SHAFT

試打会場は、東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まずは持ってみた感じですが、総重量的にはやや軽めで、グリップはいい感じの太さでした。シャフトはヘッドとの組み合わせによる影響なのか、手元にしっかり感がある感じで、しならせてみると、中間がしなる感じでした。素振りしてみると、切り返しからダウンにかけてヘッドの感じ方が「XD-3」「XD-5」よりも軽めで、中間がニュートラルにしなるイメージでした。

実際に打ってみると、まぁ、この「XD-7」は見た目通りシビアですわ~!! 操作性が高いモデルで、スイング通りの出球が出るややシビアなモデルに感じました。球の上がり方もややシビアでしたし、ミスヒットの寛容性も決して高いとはいえない感じでした。いいスイングをすれば結果もいい出球ですが、スイングが悪いとそのままの出球となるような感じでしたね。スイングの細かな違いに反応するほどリニアな感じではなく、意図しない逆球が出るほどシビアなモデルでは無いようなイメージでしたが、ミスはミスとしてしっかり出球に出るクラブのように感じました。

スカイトラック弾道データはこんな感じで、BS XD-7 DR ST3D

その各球データがこちら。BS XD-7 DR ST

【3球平均】
HS42.7m/s、初速61.9m/s、打ち出し角14.8度、バックスピン量2201.7rpm、サイドスピン-399.9rpm、飛距離239.1y
【ベスト】
HS42.4m/s、初速61.6m/s、打ち出し角16.1度、バックスピン量2132.2rpm、サイドスピン-213.9rpm、飛距離244.3y

打感はこの「XD-7」はソリッド系なイメージでしたね。「XD-3」「XD-5」に比較するとやや硬め。音も「XD-3」「XD-5」と違って、中高音系の音にやや金属的な音が混ざったような感じでした。ヘッド素材的には同じ素材ですが、若干金属的な音がしたのは意外と言えば意外ですが、フェースの厚さが違うのかも・・・

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。BS XD-7 DR MST3D

弾道的には、中弾道ですね。ロフト9度と最近では少なくなりつつあるロフトですが、弾道的にはかなり男前な弾道ですね。スピン量は2100~2200rpmと総じて少なめ。球を上げるために若干ダウンブローを意識して打っても2800rpmと、かなりスピン量は少なめでした。

出球傾向はスイング通りですが、意図しない逆球が出るほどシビアでは無かったかもしれません。まぁ、クラブは最低限のフォローはしてくれるイメージでしたが、基本的に操作性が高いモデルなんじゃないかと感じました。

シャフト挙動ですが、「XD-3」「XD-5」と同じシャフトのはずですが、ヘッドとの組み合わせの影響なのか、チップカットとバットカットの差があるのか、「XD-7」ヘッドとの組み合わせでは、手元にしっかり感がある感じでした。挙動的には、切り返しからダウンにかけてニュートラルに中間がしなる感じで、その分操作性も高いイメージでした。

今回ボクは試打した限りでは、このスペックでHS42~45m/sあたりにオススメですね。この「XD-7」は、球筋も操りたいというアスリート向けモデルの中でも上級者向けモデルのイメージでした。シングルプレーヤーなら使えそうなイメージですが、使いこなすなら片手シングルレベルじゃないと・・・という感じで、ボクにはNGなモデルのように感じました。まぁ、見た目通りといえば見た目通りなんですけどね! この「XD-7」は手にするならそれなりの覚悟が必要そうなモデルなんじゃないかと思いましたね。

<ブリヂストンゴルフ「ツアーB XD-7」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:8▽操作性:10▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:7
■ヘッド:ボディ=Ti811チタン、ウエート=アルミネジ(2g)、タングステンネジ(8g)、フェース=Ti-5Nチタン合金
■シャフト(重量/トルク/調子):「ツアーAD TX1-6」(S=58g/4.9、SR=56g/5.1、R=54g/5.6/中調子)。「スピーダー661エボリューションⅢ」(S=66.5g/3.8/先中調子)。「ツアーAD TP-6」(S=65g/3.2/中調子)。「ディアマナBF60」(S=65.5g/3.9/中元調子)
■価格::「ツアーAD TX1-6」装着モデル7万2000円+税。「スピーダー661エボリューションⅢ」「ツアーAD TP-6」「ディアマナBF60」装着モデル各1本8万7000円+税。