どーもです。

ブリヂストンゴルフのニューモデル「ツアーB」シリーズですが、いよいよ今日から紹介するのはアイアンです。「ツアーB」シリーズアイアンは「X-CB」「X-BLADE」の2モデルをラインアップしています。まずは「X-CB」からいってみましょう!

まずは見た目から。

タイプ的にはキャビティアイアンですが、かなりソール下部とスイートエリア付近の厚さが確保されているように見えます。この見た目からは、かなり打感が柔らかそうなのと、アスリートモデルとはいえ低・深重心化で打ちやすさを意識したモデルというのが感じられますね。BS X-CB IRON BACK

フェースはややコンパクト気味ですね。形状的にはブリヂストンスポーツのアスリートモデルらしい形状ですね。BS X-CB IRON FACE

ソールは意外にもやや広めです、セミワイド系かな。でも、ダウンブローに打ち込んでも突っかからないようにリーディングエッジが削られているのがわかると思います。BS X-CB IRON SOLE

ネックはほぼストレートですが、気持ちグースも入っているような感じでした。結構ソール幅が確保されているのもわかると思います。BS X-CB IRON SIDE

構えてみるとこんな感じ。トップブレードも薄めで、こうやって構えてみると結構シビアそうな感じで、さすがアスリートモデルといった感じですよね。でも、打ちやすさも兼ね備えたモデルだと信じたいです。BS X-CB IRON TOP

今回試打したのは、スチールシャフト「ダイナミックゴールド」S200フレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角32度、ライ角62度、長さ36.75インチ、総重量437.5g、バランスD2。シャフトスペックは、重量129g、トルク未発表、元調子。BS X-CB IRON SHAFT

試打会場は、東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まずは持ってみた感じですが、総重量的にはしっかり重めですが、ボクにはいい感じ!! グリップが太めでしたね。ダイナミックゴールドはなかなか重量級でしっかり感があるシャフトですが、しならせてみるとやはり1番しなるのは手元側ですね。素振りしてみても、切り返しからダウンにかけてクッと手元がしなってタメを作ってくれる感じです。

実際に打ってみると、さすが「X-CB」ですね!! ロフト32度と最近の#7では当たり前となったロフトですが、しっかり球は上げてくれます。しかも超分厚いインパクトがボクには好印象で、音もパシャっとシャッター音で、フィーリング的には「さすが、アスリートモデル!」といった感じでした。しっかり重量級ですが、NSPRO950GHもラインアップしているようなので、重量さえ合わせれば結構使い手を選ばないオールラウンダーなイメージもありますが、この組み合わせだとハードヒッター向けですね!!

スカイトラック弾道データはこんな感じで、BS X-CB IRON ST3D

その各球データがこちら。なぜか今回も2球に気付かず・・・BS X-CB IRON ST

【2球平均】
HS38.7m/s、初速49.3m/s、打ち出し角19.6度、バックスピン量5128.0rpm、サイドスピン-887.8rpm、飛距離164.5y
【ベスト】
HS39.0m/s、初速49.7m/s、打ち出し角19.1度、バックスピン量4926.7rpm、サイドスピン-853.0rpm、飛距離166.3y

打感は超マイルド!! バックフェースの厚み通り、超分厚いインパクトですね。音もシャッター音で、アスリートモデルとしては申し分無しですな!

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。BS X-CB IRON MST3D

弾道的には、高弾道。さすがにダウンブローに打ち込む必要なありそうな気配でしたが、その辺を意識してもスピン量は4900~5300rpmあたりでした。決して吹け上がらないのは、うれしいですね!!

出球傾向は、ボクのスイングで軽いドロー系。でも、サイドスピン1000rpmオーバーって!! 実は操作性がいいモデルなんじゃないかなって思いますね。フェースの開閉を抑えるつもりのスイングでも、つかまっちゃっていますからね!! 病気後ドライバーはつかまらなくなってきていますが、アイアンは相変わらずのフッカーなんですよね・・・

シャフト挙動ですが、これはダイナミックゴールドらしい挙動ですね。切り返しからクッと手元がしなってタメを作ってくれるような感じで、自然にダウンブローに打てるイメージでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックで最低でもHS45m/sは欲しいモデルですね。ある程度ダウンブローに打ち込む必要があるモデルだと思いますが、ダウンブローに打ち込んでも吹け上がらないのはうれしいです。操作性と打ちやすさを高次元で実現したモデルだと感じました。でも、ちょっとだけ操作性の方が上かもしれませんね。歴代X-CBを感じさせてくれるイメージでした。

<ブリヂストンゴルフ「ツアーB X-CB」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:9▽操作性:9▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:8
■ヘッド:軟鉄
■シャフト(重量/トルク/調子):「ダイナミックゴールド」(S200=129g/未発表/元調子)。「NSPRO MODUS3 TOUR120」(S=114g/1.7/中元調子)。「NSPRO950GH」(S=98g/1.8、R=94.5g/2.0/中調子)。
■価格:「ダイナミックゴールド」「NSPRO MODUS3 TOUR120」「NSPRO950GH」6 本 (#5~PW)セット11万4000円+税、単品(#3、#4)各1本1万9000円+税。