どーもです。

ブリヂストンゴルフのニューモデル「ツアーB」シリーズですが、今日紹介するのは「X-BLADE」アイアンです。この「X-BLADE」はマッスルバックですが、意外と打ちやすさもあって、「アレっ!? もしかしてボクでも使えるなのかなぁ?」と勘違いさせてくれるモデルなんじゃないかな。この見た目でこれだけ打ちやすさがあるのは、ある意味反則なんじゃないかな・・・(笑) そんな感じですが、早速いってみましょう。

まずは見た目から。

ザ・マッスルバックですが、この「X-BLADE」も「X-CB」同様スイートエリア後部の厚みがしっかり確保されていますね。でも、ソール下部は「X-CB」ほど厚みが確保されていませんね。BS X-BLADE IRON BACK

フェースは「X-CB」よりもさらにコンパクト!! こっちの方がよりブリヂストンスポーツのアスリートモデルらしい顔つきかな。トゥ・ヒール方向にコンパクトで、ネック側の縦幅もやや高く確保されているような感じでした。BS X-BLADE IRON FACE

ソール幅はこのモデルにしてはやや広めなんですね。「X-CB」よりはやや狭めなイメージでしたが、それでもマッスルバックのソールにしては広めに感じました。BS X-BLADE IRON SOLE

ネックはストレートですね!BS X-BLADE IRON SIDE

構えてみるとこんな感じ。ボールが大きく見えるくらいコンパクトですね!! トップブレードも「X-CB」より薄くよりシャープなイメージですが、意外とフトコロが深くボールをつかまえてくれそうな感じでした。BS X-BLADE IRON TOP

今回試打したのは、スチールシャフト「ダイナミックゴールド」S200フレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角35度、ライ角62度、長さ36.75インチ、総重量439.0g、バランスD2。シャフトスペックは、重量129g、トルク未発表、元調子。BS X-BLADE IRON SHAFT

試打会場は、東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まずは持ってみた感じですが、総重量的にはしっかり重め。昨日の「X-CB」に対して1.5g重くなっていますが、ボク的にはその差を感じられませんでした。グリップも太めで、この辺は「X-CB」と同じような感覚でした。ただし、同じダイナミックゴールドでも、「X-BLADE」との組み合わせはややしっかり感が強調されたような感じでしたね。でもそれ以外のフィーリングは同じかな。1番しなるのは手元側だったし、素振りしてみても切り返しからダウンにかけてクッと手元がしなってタメを作ってくれる感じでした。

実際に打ってみると、さすがにこの見た目ですから操作性が高いのは想像の範疇でしょう。スイング通りの出球なので、ボクのスイングだとガッツリつかまるし、フェースローテーションを抑えるイメージなら軽いドロー系で曲がり幅のコントロールができるし、逃がそうと思えば逃がせます。ただし、従来のマッスルバックに比較するとクラブがある程度スイングのミスをカバーしてくれる雰囲気がありましたね。ダウンブローに打ち込める技術は求められるかもしれませんが、そこさえクリアできればOKな雰囲気もあったかも・・・。ぶっちゃけ、ボク的には「X-CB」よりもグッドイメージでしたしね。って、たまたま調子が良かっただけか!?

スカイトラック弾道データはこんな感じで、BS X-BLADE IRON ST3D

その各球データがこちら。BS X-BLADE IRON ST

【3球平均】
HS37.2m/s、初速47.4m/s、打ち出し角21.6度、バックスピン量5403.6rpm、サイドスピン-994.1rpm、飛距離156.1y
【ベスト】
HS37.8m/s、初速48.2m/s、打ち出し角20.7度、バックスピン量5673.5rpm、サイドスピン-1234.7rpm、飛距離157.3y

打感は超マイルド!! 超分厚いインパクトで音もシャッター音! フィーリング的には「X-CB」同様申し分なし!!

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。BS X-BLADE IRON MST3D

弾道的には、高弾道。「X-CB」以上にダウンブローに打ち込む必要はありそうですね。でも、打ち込んでいってもスピン量は5400rpmあたりなので、これはロフトが寝ている分ということだと思います。

出球傾向は、ボクのスイングで軽いドロー系。この見た目でしっかり弾道がそろうのはうれしいですね。意図しない逆球がでそうな雰囲気もありますが、少なくともある程度良いスイングをすれば、ボクレベルでも弾道がそろうのはもううれしい限りです!!

シャフト挙動は、ダイナミックゴールドらしい挙動です。切り返しからクッと手元がしなってタメを作ってくれるような感じで、自然にダウンブローに打てるイメージでした。若干先が硬めにも感じましたが、これはヘッドとの相性かもしれませんね。

今回ボクは試打した限りでは、このスペックで最低でもHS45m/sは欲しいモデルですね。「X-CB」以上にダウンブローに打ち込む必要があるモデルだと思いますが、「X-CB」同様ダウンブローに打ち込んでも吹け上がらないのはうれしいですね。「X-CB」に比較すると「X-BLADE」のほうがやや操作性によったイメージはあります。でも、打ちやすさというかミスヒットの許容性もマッスルバックとは思えない高さを実現していると思います。このアイアンは「あれっ、俺、上手くなったんじゃない・・・!?」と勘違いさせてくれるようなモデルですね。少なくともレンジでは・・・! 実際にプレッシャーがかかるコースでどうなるかは不明ですが、レンジで打てないクラブはコースで打てるはずがないですからね!

<ブリヂストンゴルフ「ツアーB X-BLADE」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:7▽上がりやすさ:9▽操作性:10▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:8
■ヘッド:軟鉄
■シャフト(重量/トルク/調子):「ダイナミックゴールド」(S200=129g/未発表/元調子)
■価格:「ダイナミックゴールド」6 本 (#5~PW)セット11万4000円+税、単品(#3、#4)各1本1万9000円+税。