どーもです。

今日から紹介するのは、スリクソン「Z」シリーズのFW&UTです。「Z」のアイアン型UTは試打した記憶がありますが、FW&UTは今回初めての試打でした!! これまで多くのクラブを試打してきたつもりでしたが、ガッツリ抜けていましたね(汗) というわけで、初体験となったZシリーズのFW「F65」の試打レポをお届けしましょう。

まずは見た目から。

ソールですが、ドライバーに採用されていた「パワーウエーブソール」は不採用でした。似たようなデザインにはなっていましたが、この見た目ではソールがたわみそうな雰囲気はなかったかな。また、ウエートがフェースよりに配置されていて、かなり浅重心のようですね。SRIXON Z F65 SOLE

フェースはややディープ気味かな。フェース中央からややネック側にかけてややボリュームがある感じでした。どうやらカップフェースを採用しているようです。SRIXON Z F65 FACE

フェースはややディープ気味に感じましたが、ボディは完全にシャローでした。しかも、ストレチバックかも!! この形状ありきでのウエート配置なのかな!?SRIXON Z F65 SIDE

後ろ姿です。SRIXON Z F65 BACK

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積は小さめですが、丸形クラウンですね。横顔とは裏腹に、結構シャープに見える顔つきでした。SRIXON Z F65 TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Miyazaki kaula MIZU 6」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角57度、長さ43インチ、総重量324g、バランスD2。ヘッド体積173cm3。シャフトスペックは、重量59g、トルク3.4、中調子。SRIXON Z F65 SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まずは持ってみた感覚。重量的にはやや軽めですが、結構手元に重量感がある感じでしたね。グリップは気持ち細めにも感じましたが、まぁ、個人的には許せる範囲内でした。シャフトをしならせてみると表示通り中間がしなる感じでしたが、手元に重量感がある分、素振りしてみると中間からやや先の部分がしなる感もありました。そういう意味では、限りなく中調子に近いイメージの中先調子といった感じだったかも!

実際に打ってみると、その戦闘力の高さにビックリ!! なにがスゴイって、ちょっとしたドライバー並の飛距離をマーク! これにはマジビックリでしたね。しかも、結構ミスヒットの寛容性も高いイメージで、これだけ打ちやすくて飛ぶFWだったら、もっと早く知っていれば・・・とか思ったりして! その飛距離の秘密はカップフェースにあるようですね。そしてミスヒットの寛容性の高さは、見た目ではわかりませんがどうやらトゥ・ヒールにインナーウエートを装着しているようです。基本的に3W+、3W、4Wは飛距離を意識したコンセプトのようですが、そのコンセプトは実感できました!! まぁ、ティアップしてですが・・・。とはいえ、これなら狭いコースのティショットにもミニドライバーとして使えそうですね!!

スカイトラックデータの弾道データはこんな感じで、SRIXON Z F65 ST3D

その各球データはこちら。SRIXON Z F65 ST

【3球平均】
HS42.7m/s、初速61.0m/s、打ち出し角13.7度、バックスピン量3232.5rpm、サイドスピン-189.5rpm、飛距離232.8y
【ベスト】
HS42.9m/s、初速62.2m/s、打ち出し角12.8度、バックスピン量3324.8rpm、サイドスピン-237.9rpm、飛距離236.4y

打感は弾き系。いかにも弾いている感じはありましたが、それでも初速の速さは見た目でもわかりましたね。音はやや高めで、若干金属的な感じもしましたが、まぁ、気にならない程度だったかなぁw

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。SRIXON Z F65 MST3D

弾道的には、十分高弾道といえるでしょうね。でも、しっかり上げるにはそれなりのパワーが必要かもしれませんね。スピン量は適量だと思います。

出球傾向ですが、ボクのスイングで軽いドロー系ですが、つかまえようと思えばしっかりつかまるし、逃がそうと思えば逃がすことでもできますね。ボクレベルでも操作できる、シビアすぎない操作性のあるモデルでしたね。

シャフト挙動ですが、ボクの感覚ではやや中間から先がしなる感じですね。手元に重量感があるので、切り返しからダウンにかけてクラブ重量を感じやすいですね。切り返しでふっと力が抜ける分、フォローに向けて加速しやすく振り抜きも良かったですね!!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS43~45m/sは欲しい感じかな。重量的にはやや軽めですが、しっかり振り切れないと球が上がらないやや男前なイメージはありましたね。でも、しっかり振り切れれば、メッチャ飛ぶFWだと思います。ミスヒットの寛容性を兼ね備えた上で、シビアすぎない操作性もあるという欲張りなクラブですね。これが「Z」シリーズの遺伝子だとしたら、「もっと早く試打していれば良かった~!!」と後悔しかないですね。誰でもつかえるモデルではありませんが、少なくともこの重量を振り切れるヒッタータイプにはかなり強力な武器になりそうな1本ですね!! これは、試打する価値ありですわ!

<ダンロップスポーツ「スリクソンZ F65」FW >
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:9▽操作性:9▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:8
■ヘッド:フェース=HT1770鋼、ボディ/クラウン=マレージング、チューニングウエイト(ステンレス)
■ロフトバリエーション:#3+=13.5度、#3=15度、#4=17度、#5=19度、#7=21度
■シャフト(重量/トルク/調子):「Miyazaki kaula MIZU 6」(X=62g、S=61g、SR=58g/3.4/中調子)。「Miyazaki kaula MIZU 5」(S=52g、SR=50g、R=49 g/3.8/中調子)。「SRIXON RX」(S=49g/5.0、R=48g/5.1/中調子)。「Diamana BF60」(S=60g/3.9/中手元調子)。「Speeder 661 EVOLUTIONⅢ」(S=59g/3.8/中先調子)。「ATTAS PUNCH 6」(S=60g/4.0/中調子)。
■価格:「SRIXON RX」装着モデル各1本3万5000円+税。「Miyazaki kaula MIZU 6」「Miyazaki kaula MIZU 5」装着モデル各1本4万円+税。「Diamana BF60」「Speeder 661 EVOLUTIONⅢ」「ATTAS PUNCH 6」装着モデル各1本5万円+税(特注生産)。