どーもです。

今日から紹介するのは、スリクソン「Z」シリーズのUTです。「Z」シリーズのUTにはウッド型の「H65」とアイアン型の「U65」の2タイプがラインアップされています。アイアン型はこれまでも何度が打ってきましたが、ウッド型は今回が初めての試打になりました。というわけで、こちらも初体験となったZシリーズのウッド型UT「H65」の試打レポをお届けしましょう。

まずは見た目から。

ソールデザインは「F65」イメージですが、ヘッド形状的にはソール側から見ると、結構トゥ側にボリュームがある感じでした。SRIXON Z H65 SOLE

フェースはシャロー気味ですが、やや小振りにも感じました。形状的には結構独特な感じですが、アメリカンハイブリッドと日本ウッド型UTのちょうど中間のようなイメージかな!?SRIXON Z H65 FACE

ボディはコンパクトですね。ややストレッチバック的なイメージもあります。SRIXON Z H65 SIDE

後ろ姿ですが、こうやって見るとトゥが立っているようなイメージですね。SRIXON Z H65 BACK

構えてみるとこんな感じ。形状的にはソール側からの見たままで、トゥ側にボリュームがある感じでしたね。クラウンにはミゾが刻まれていて、これは「アークサポートチャネル」というようです。なんでも従来モデルはやや低めな弾道からランが出やすいモデルだったようですが、この「H65」ではこのミゾによって打ち出し角が高くなる効果と、番手別に深さが変わってスピン量をコントロールしているようです。SRIXON Z H65 TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Miyazaki kaula 7 for HYBRID」Sフレックス装着モデルの#4。スペックは、ロフト角22度、ライ角60度、長さ39.75インチ、総重量365g、バランスD1。ヘッド体積105cm3。シャフトスペックは、重量70g、トルク3.9、中調子。SRIXON Z H65 SHAFR

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まずは持ってみた感覚。重量的にはまぁ良い感じかな。昨日紹介したFW「F65」以上に手元の重量感&しっか感があるイメージでした。グリップもFWよりは気持ち太めで、ボクの好み的にはちょうど良い感じでした。シャフトをしならせてみると、これは中間がしなる感じでしたね。手元の重量感&しっかり感の影響か、素振りしてみると切り返しからダウンにかけて自然にその重量を感じながら落とせるので、力み無くシャープに振り切れるイメージでした。

実際に打ってみると、このUTもなかなかの戦闘力ですね! 昨日のFW同様球を上げるにはややパワーが必要なイメージもありましたが、手元に重心があるのか振り抜き感がいいので、この重量をしっかり振り抜けさえすれば球はしっかり上がると思います。つかまりについては、UT独特のつかまりすぎは一切感じなかったです。フッカーのボクが打ってもほぼストレートか軽いドローで、弾道がそろうのもうれしいかも! しかも、ミスヒットの寛容性も高めとあれば、これはボクレベルにとってかなり実戦的なクラブだと実感できました。

スカイトラックデータの弾道データはこんな感じで、SRIXON Z H65 ST3D

その各球データはこちら。SRIXON Z H65 ST

【3球平均】
HS41.1m/s、初速57.1m/s、打ち出し角15.3度、バックスピン量4390.4rpm、サイドスピン-523.9rpm、飛距離202.7y
【ベスト】
HS40.8m/s、初速56.7m/s、打ち出し角16.7度、バックスピン量4212.4rpm、サイドスピン-483.5rpm、飛距離204.4y

打感は弾き系。この感覚は昨日のF65と同じような感じでしたが、初速の速さも見た目でもわかる感じ。音もやや高めでしたが、F65で感じた若干金属的な音はしませんでした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。SRIXON Z H65 MST3D

弾道的には、高弾道ですね。とはいえ、このH65も球を上げきるにはそれなりのパワーが必要かもしれませんね。F65同様、スピン的には妥当なんじゃないかと思います。それにしても、見た目で初速の速さがわかるのはすごいかも!

出球傾向ですが、ボクのスイングでほぼストレートから軽いドロー系。テースト的にはボクレベルのヒッターが左を気にせず叩けるモデルといった感じでしたね。UT特有のつかまりすぎは一切感じませんでした。

シャフト挙動ですが、ボクの感覚では素直に中間がしなる感じでした。F65以上に手元に重量感としっかり感があるので、切り返しからダウンにかけてクラブ重量を感じやすく、切り返しで自然にクラブ重量を感じでてそのまま加速できるようなイメージで振れるので、シャープに振り抜けるイメージのクラブだと思います。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS43~45m/sは欲しい感じかな。総重量的には適度な重さかもしれませんが、やはりある程度しっかり振り切れないと球が上がらないやや男前なイメージでしたね。まぁ、この辺は「スリクソン」ブランドということの証明ですかな。とはいえ、ミスヒットの寛容性も兼ね備えているモデルなので、ある程度のミスはクラブがカバーしてくれるイメージもあります。200yをこれだけラクに打てるとなると・・・。今使っているロマロUTと甲乙付け難い、悩ましい存在ですわ。このクラブも誰でもつかえるモデルではありませんが、少なくともこの重量を振り切れるヒッタータイプには強力な武器になってくれそうな1本だと思います。

<ダンロップスポーツ「スリクソンZ H65」UT >
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:9▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:8
■ヘッド:フェース=HT1770鋼、ボディ/クラウン=マレージング、チューニングウエイト(ステンレス)
■ロフトバリエーション:#2=16度、#3=19度、#4=22度、#5=25度、#6=28度
■シャフト(重量/トルク/調子):カーボンシャフト「Miyazaki kaula 7 for HYBRID」(S=70g、SR=69g/3.4/中調子)。スチールシャフト「NSPRO980GH DST」(S=102g/2.4、R=98g/2.6/中元調子)。
■価格:カーボンシャフト装着モデル各1本2万8000円+税。スチールシャフト装モデル各1本2万5000円+税。