どーもです。

今日紹介するのは、スリクソン「Z」シリーズのアイアン型UT「U65」です。昨日のウッド型がハイブリッド(HYBRID)の「H」でしたが、今日紹介するアイアン型は「UTILTY」の「U」をとったようですね。この先代は「UTI」というネーミングでしたが、今回は「U65」となったようです。というわけで「U65」の試打レポをお届けしましょう。

まずは見た目から。

構造的には中空構造のようです。SRIXON Z U65 BACK

フェースはネック側の縦幅が狭い分ややトゥが立ったような形状に見えますが、形状的には「Z565」の流れを汲むモデルのように感じました。SRIXON Z U65 FACE

ソールはかなりのワイドソールでした。SRIXON Z U65 SOLE

ネックはセミグース。アイアン型UTですが、見た目でかなり低・深重心モデルだということを視認できるモデルですね。SRIXON Z U65 SIDE

構えてみるとこんな感じです。トップブレードは厚めですが、バックフェースの厚みは見た目では気にならないですね。SRIXON Z U65 TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Miyazaki kaula 7 for HYBRID」Sフレックス装着モデルの#4。スペックは、ロフト角23度、ライ角60.5度、長さ39.25インチ、総重量372g、バランスD1。シャフトスペックは、重量70g、トルク3.9、中調子。SRIXON Z U65 SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まずは持ってみた感覚。重量的には良い感じ! ですが、グリップは若干細めでFWに近い感じでしたね。昨日の「H65」と同じシャフトなのに・・・。ボクの感覚のズレかな!? シャフトをしならせてみると、ボクの感覚では中間よりもやや先がしなる感じで、どちらかというと「F65」に近いイメージでした。素振りしてみても、昨日の「H65」よりも「F65」に近いイメージだったように感じました。とはいえ、シャープに振り切れるイメージは一緒でしたね。

実際に打ってみると、さすがにアイアン型は操作性が高いイメージでした。基本的には「H65」に比べるとフェースの開閉がしやすいモデルで、その分ボクのスイングだとつかまりよくドロー系の出球傾向が強かったですが、フェースローテションを抑えることを意識すれば、その通りにも打てましたね。ウッド型ほどミスヒットの寛容性は高くありませんが、アイアンに比べれば格段打ちやすいモデル。まぁ、当然と言えば、当然ですが(汗) アイアン型の見た目に抵抗がなければ、この「U65」もアリだと思います。

スカイトラックデータの弾道データはこんな感じで、SRIXON Z U65 ST3D

その各球データはこちら。SRIXON Z U65 ST

【3球平均】
HS40.7m/s、初速56.7m/s、打ち出し角14.9度、バックスピン量3540.3rpm、サイドスピン-857.8rpm、飛距離204.1y
【ベスト】
HS41.2m/s、初速57.3m/s、打ち出し角14.0度、バックスピン量3384.9rpm、サイドスピン-890.1rpm、飛距離207.6y

打感は弾き系ですが、中空アイアン系独特の弾き感でしたね。音も「パチン」といかにも弾いているような音でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。SRIXON Z U65 MST3D

弾道的には、やや高めの中弾道。アイアン型ということで、H65ほどクラブが球を上げてくれる感覚は無かったですね。でも打ち方によって球の高低差も出しやすいイメージでした。スピン量は少なめに見えましたが、データ的にもロースピンモデルですね!

出球傾向は基本的にボクのスイングでドロー系ですが、ボクレベルでも打ち分け出来そうな雰囲気でした。

シャフト挙動ですが、ボクの感覚では中間よりもやや先がしなる感じでしたね。イメージ的には「H65」よりも「F65」に近い感じでした。とはいえ、このクラブも切り返しからダウンにかけてクラブ重量を感じやすいので、シャープに振り抜けるイメージのクラブだと思います。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS43~45m/sは欲しい感じかな。総重量的にもしっかりした感じで、しっかり球を上げるにはある程度ダウンブローに打ち込めるほうがよさそうな雰囲気でした。もちろん、「スリクソン」ブランドのアイアン型UTなので、その辺は想像の範疇でしたけどね! 先代に比較すると、球は上がりやすくなっているようなイメージもありましたが、より操作性が高くなっていたような気もします。200y辺りをラクに打ちたいなら「H65」がオススメですが、アイアン好きである程度操作性も求めるならこの「U65」はその要求にいかんなく性能を発揮してくれると思います。個人的にはキャディバックの肥やしになりつつある#4の代わりに仕込みたいですが、これだけ飛ぶならロマロUTでいいかな・・・とか思ったりして(汗)

<ダンロップスポーツ「スリクソンZ U65」UT >
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:8▽操作性:9▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:7
■ヘッド:フェース=クロムバナジウム鋼、ボディ=軟鉄(S20C)
■ロフトバリエーション:#2=18度、#3=20度、#4=23度、#5=26度
■シャフト(重量/トルク/調子):カーボンシャフト「Miyazaki kaula 7 for HYBRID」(S=70g、SR=69g/3.4/中調子)。スチールシャフト「NSPRO980GH DST」(S=102g/2.4、R=98g/2.6/中元調子)。「ダイナミックゴールドDST」(S200=115g/2.1/中元調子)※特注。
■価格:カーボンシャフト装着モデル各1本2万8000円+税。スチールシャフト装モデル各1本2万5000円+税。