どーもです。

ワークスゴルフのニューモデル「飛匠」ドライバーを試打出来ましたので、レポしたいと思います。「飛匠」と言えば、ルール不適合モデルですがぶっ飛びボールが話題ですよね。その「飛匠」ブランドからドライバーが誕生。高反発、適合モデルと2つのモデルが用意されているようです、今回試打したのは適合モデル。ワークスゴルフ「最高」というモデルを試してきましたので、早速レポしたいと思います。

まずは見た目から。

ソール後部にウエートが装着されていますが、これは「マルチグラビティコントロールシステム(MGCS)」と命名されていました。このウエートはプレート式可変ウエートになっていて、標準装着の「黒」は「スピードアルミ」(2g)。なお、「ニュートラルステンレス」(5g)、「パワータングステン」(8g)も標準で用意されています。ソールにデザインされたドラゴンが、なんか強そう!!WOKS GOLF HISYO DR SOLE

フェースはシャローですね。どうやらカップフェースになっているようです。WOKS GOLF HISYO DR FACE

ボディはシャローでヒップダウン気味。基本的には低深重心を意識したモデルだと思います。WOKS GOLF HISYO DR SIDE

後ろ姿です。WOKS GOLF HISYO DR BACK

構えてみるとこんな感じ。クラウンは投影面積が大きめな丸形ですね。よ~く見るとクラウン面に和を意識したデザインが施されているがわかると思います。性能的には影響無いと思いますが、所有満足度も高そうですね。WOKS GOLF HISYO DR TOP

今回試打したのはオリジナルカーボンシャフト「プラチナ飛匠」SRフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角59度、長さ46インチ、総重量262g、バランスC8.5。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは未発表でした。WOKS GOLF HISYO DR SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用。

まず持ってみた感覚ですが、これは超軽量級。グリップも細めです。シャフトをしならせてみると、かなり手元がしなる感じでしたね。素振りしてみてもかなり手元がしなるイメージ。バランスがC8.5と軽めなわりには手元の重量感もあまり感じないので、ちょっととまどいを感じました。でも、コンセプトが「振り抜ける超軽量、超高速」らしいので、そのコンセプトは納得できると思います。

実際に打ってみると、ぶっちゃけボクには合わない感じでした。そもそも軽すぎて自分で意図しない操作ができてしまうし、切り返しからダウンにかけてクラブ重量が感じられないので、自分で振らなくてはいけないような感じになっていまいます。また、シャフト的にもかなり手元からしなる感じで、バランスが軽めとはいえ、振り遅れるようなイメージで普段通りのスイングだとドスライスを連発でした。とはいえ、かなりフェースは薄めなのは感じられると思います。ボクのイメージでは、フェースの開閉が少なめなボディターンタイプの方でゆったり振れる人であれば、このドライバーの性能を享受できるんじゃないかと思います。

スカイトラックの弾道データはこんな感じでWORKS GOLF HISYO DR ST3D

そお各球データがこちら。WORKS GOLF HISYO DR ST

【3球平均】
HS43.2m/s、初速62.7m/s、打ち出し角12.6度、バックスピン量2286.6rpm、サイドスピン-211.1rpm、飛距離236.4y
【ベスト】
HS43.3m/s、初速62.8m/s、打ち出し角13.4度、バックスピン量2140.9rpm、サイドスピン-91.8rpm、飛距離239.1y

打感はマイルド系。フェースが相当薄いモデルだと思いますが、それを感じられるような打感でした。音はやや高めですが、「シュパ」っと小気味がいい感じでした。

弾道的にはこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。WORKS GOLF HISYO DR MST3D

弾道的には中弾道かな。これはボクのスイングとシャフトとの相性だと思いますが、ロフト10.5度なのにこの上がり方は手元がしなっている証拠だと思います。スピン量はかなり少なめですね。初速が速めでロースピンの棒球系弾道が楽しめるモデルだと実感できました。

出球傾向ですが、ボクのスイングではフェード~スライス系。もともとフェースの開閉が強めなスイングので、1度開いたら閉じられない印象でした。その辺を意識して打っても、相当タイミングがあわないと・・・といった感じでした。

シャフト挙動ですが、スペックは一切発表されていませんが、ボクの感覚ではかなり手元がしなる感じで元調子系イメージでした。かなりの軽量シャフトにグリップも相当軽めなので、とにかく手元の重量感が全く感じられません。しかも先端部はヘッド重量が軽い影響かあまりしなりを感じませんでした。ボクは手元に重量感を感じられるモデルで、切り返しでクラブ重量を感じてダウンで加速を意識したいタイプなので、そういう意味では真逆ですね。重量的には軽量モデルで振り切れると思いますが、これはゆったり振れるボディターンタイプ限定モデルかも・・・

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS36~38m/sあたりでゆったり振れるボディターンタイプで、自分でしっかり振り切りたいタイプ限定モデルかもしれません。ボクの感覚が合っていれば、グランドシニア層向けモデルといえるでしょう。ヘッドカバーも「西陣織金襴」で、所有欲もくすぐるようなモデルということを考えれば、ボクの感覚はほぼ間違いないと思います。実際に打ってみても、さすがにボクにはまだ時期尚早なモデルに感じました。

<ワークスゴルフ「飛匠」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:8▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=811βチタン、クラウン=15-3-3-3βチタン、フェース=DAT55G+チタンウエート=アルミ(2g)、ステンレス(5g)、タングステン(8g)
■シャフト(重量/トルク/調子):「プラチナ飛翔」(S、SR、R=未発表)
■価格:ルール適合モデル1本12万円+税。高反発モデル1本15万円+税。