どーもです。

今年の最後の更新になりますが、その最後を飾る年末恒例の「データで見る」シリーズはアイアンです。そして、今年は参考資料してウエッジもアップしておきますのでご参照下さい。

アイアンについては、ここ数年ストロングロフト化傾向がドンドン進んでいますが、ロフトが立ってもクラブがしっかり球を上げてくれるのは、確実な進化だと思います。#7で26度なんてモデルもありましたが、今年打った全68モデルの平均は30.1度。10年ほど前から1番手上がった#6のロフト角になっているのと感じています。それでも確実に球は上がりますからね!!

データですが、昨日同様クラブの「ロフト角」「長さ」「総重量」も追加しています。「HS」はヘッドスピードで単位はm/s、「初速」はそのままで単位はこちらもm/s、「飛距離」はヤードです。今年は通年でスカイトラック導入となりましたので、「打ち出し角」「バックスピン量」「サイドスピン」(プラスはスライス回転、マイナスはフック回転)「ミート率」も追加しています。なお、基本はスチールシャフト。カーボンシャフトはCarbon表記になっています。
DATE2016 IRON

こちらも毎年恒例の個人的印象ランキング~!

【とにかく飛んだ!】
ヤマハ「インプレスUD+2」 179.9y
キャロウェイ「スチールヘッドXR」 179.6y
ピン「G」 179.1y

【とにかく印象に残った!】
PXG「PXG0311」 ※見た目も打ちやすさも今年文句なしのモデルですな!
本間ゴルフ「TW737V」 ※やや顔が大きめですが、今風でいいかも!
ヨネックス「N1-CB」 ※決して簡単なモデルではありませんがなんか印象的でした。

【とにかく打ちやすい!】
①キャロウェイ「スチールヘッドXR」 ※これはマジで打ちやすくて、しかもぶっ飛び!!
マルマン「マジェスティ ヴァンキッシュ」 ※打ちやすいんだけど価格がねぇ・・・
ダンロップスポーツ「スリクソンZ565」 ※アスリートモデルとしてピカ一の打ちやすさ!!

続いてウエッジですが、こちらはデータのみにしておきましょう。DATE2016 WEDGE

今年1年、またお付き合いいただき本当にありがとうございました。個人的には、体もゴルフもとにかくリハビリの1年だったと思います。体的には来年4月にMRI診察予定なので、ここで問題なければ完全復活できると思います。

何はともあれ今年1年本当にありがとうございました。そして、来年もよろしくお願いします。来年は1月5日から再開します! みなさんにおかれましても体に気をつけつつ、来年もゴルフが楽しめる1年になることを切に願います!!

では皆さん、よいお年を!!