どーもです。

みなさん、明けましておめでとうございます。2017年1発目の更新はラウンドレポになりますが、これは昨年のラウンドレポです。実はボクのお気に入りのゴルフ場として、とあるサイトで「石岡ゴルフ倶楽部」と紹介しました。ここは昔仕事で「オデッセイカップ」を開催したコースですが、最近では本間ゴルフ「ツアーワールドカップ」のツアー開催コースになっています。でも、平日なお手軽価格でプレーできるんですよね! ということで、挑戦してきました! 結果は・・・!!

まぁ、今年もまずは体調維持が最重要課題ですが、ゴルフ的には
①昨年以上のラウンド ※昨年16ラウンド
②70台を出す ※2014年3月の「79」が最後なんです・・・(涙)
③年間平均スコア「86」 ※2014年の「85.75」がこれまでのベスト

以上3点が目標ですね!! この目標達成に向けてリスタートの1年にします!!

今回ラウンドした茨城・石岡ゴルフ倶楽部ですが、いわずとしれたジャック・ニクラウス設計のコースですね。古くは「アコムインターナショナル」、そして最近では「ツアーワールドカップ」の舞台です。ここは使うティグランドでさまざまな表情を見せてくれるコースですが、そこが魅力の1つでもあります。

今回は申請してブルーティ使用。アウト3,369y、イン3,200y、トータル6,569y。コースレートは「71.0」で、グリーンセッティングは刈高3.7mm、スティンプメーター9.5フィートでした。

プレー当日は暖かめでしたが、風がやや気になる感じの強さでした。

アウトスタートで1番は335yミドル。201612ISIHIOKA GC NO1-1

距離が短めで穏やかなスタートが切れそうなホールです。距離が短いのでFWキープを優先してティショットはX HOT 5W。これは狙い通りFWキープ!201612ISIHIOKA GC NO1-2

残り118y(EAGLE VISION VOICEⅡ使用。グリーン上、周りは歩測距離)ややアゲはPWでしたが、右手前にピンに対して左奥と最悪の場所に乗ってしまいました。残り19yは距離合わせを意識したパットでしたが、1stパットが打ち切れず4yショート。これを沈められず、いきなり3パットのボギー。

穏やかなスタートねぇ・・・(汗)

2番は519yロング。201612ISIHIOKA GC NO2-1

わずかに左にラウンドしているレイアウトですね。ここのティショットはG30でしたが、これが腐れフック!! レンジでは全くでなかったのに・・・(涙) 不幸中の幸いは左ラフで打てそうな感じだったことかな。残り308yロマロUTは頭をぶっ叩くミス。残り241yからFWからのX HOT 3Wで果敢に3オン狙いはプッシュアウトで右ラフ。残り52y58度ショットはピン右10yにオン。ここは2パットでしたが、ボギー。

3番は350yミドル。201612ISIHIOKA GC NO3-1

右ドッグレッグだけど、右にずっと池が絡むレイアウトです。前のホールで腐れフックだったので、心のどこかに左を警戒する意識があったのかもしれません。ティショットはX HOT 5Wで良い感じに打ち出せたと思いましたが、途中からわずかにフェードしていきます。

「や、ヤバイ!! 耐えろ!」

言ってみるもんですね。「言霊」を信じた瞬間でした(笑)201612ISIHIOKA GC NO3-2

残り113yラフ。つま先下がりのライを意識してPWコントロールショットでしたが、これがつかまってしまい、グリーン左バンカー。ピンまで14y58度バンカーショットは良い感じに打てて、ピン奥5y。下りフックを沈められず2パットでボギー。

4番は187yショート。201612ISIHIOKA GC NO4-1

軽くアゲの風だったので、ティショットは#5。右ピンに対して左12yにオン。ここは2パットで沈めて、この日初パーゲット!!

5番は541yロング。201612ISIHIOKA GC NO5-1

途中クリークが横切るわずかに左ドッグレッグレイアウト。ここのG30は快心の一撃でしたね。結果shot of the dayでした。201612ISIHIOKA GC NO5-2

残り288y左足下がりのライから、100y残しイメージでロマロUT。でも、再び頭をぶっ叩くミスでしたが、これまた不幸中の幸いは転がったボールが右の橋の上を跳ねて対岸に着地した事ですね。残り172yから#6でしたが、これはハーフシャンクで右ラフ。残り68y58度は打ちすぎてピン奥17y。でも、2パットでなんとかボギーセーブ。

6番は441yと距離が長めのミドル。201612ISIHIOKA GC NO6-1

ここのG30ティショットも良い感じでFWキープでした。残り218y軽いフォローから果敢に2オン狙いのX HOT 5Wがアカンかったですね。やや右に抜けた感じで右ラフ。行ってみるとズッポリ沈んでいました。ピンまで28y58度ショットは勇気を出してロブショットでしたが、飛びすぎでグリーンオーバー。奥からピンまで20y52度ラフからのショットはうまく打てたけど、下りで止まらずピンを6yオーバー。何とか沈めたいボギーパットはあとひと転がり足りず、2パットで素ダボ。

7番は404yミドル。201612ISIHIOKA GC NO7-1

真っ直ぐだけど、グリーン周りで右に池が絡み、縦長で中央がへこんだグリーンが特徴的なレイアウトです。G30ティショットはここでも右に打ち出してからのフェードで、行ってみるとバンカー。201612ISIHIOKA GC NO7-2

残り172yですが、アゴが高すぎて狙えません。ここはPWで脱出優先ショット。無事脱出してFWキープの3打目は、残り72y。58度ショットはピン手前に対して突っ込み過ぎて止まらず左のコレクトエリアに流されて、乗ったけどピン左8y。上ってスライスですが、カップを過ぎると早そうな気配。1stパットをビビッテ打ち切れず、下り2yを残してしまい、これも沈められず3パットの素ダボ。

8番は198yショート。201612ISIHIOKA GC NO8-1

立山光広プロが過去に「19」を打ったというホールですが、そのプレートはなぜか撤去されていました。ちなみに、19番のロッカーには立山光広プロのネームプレートがありましたけど!!

そんなホールですが、ティショットはロマロUTでしたがそれでも届きませんでした。グリーン右手前からピンまで28y52度寄せはダブリ気味で寄せきれずじまい。ピンまで12y下りスライス読みは「そこで止まるか!!」のドショート。残り4yパットも外して、3パットで3連続素ダボ。これはキツイぜぇ~!!

9番は394yミドル。201612ISIHIOKA GC NO9-1

G30ティショットはここも良い感じに打ち出せたけどそこからフェードで右ラフ。201612ISIHIOKA GC NO9-2

残り142yラフから#8ショットはつかまってしまい左ラフ。行ってみると6番同様枯れ芝にズッポリ沈んでいました。残り42y58度マン開きのロブショット。今度はハンドレートと左手の抜きを意識して挑戦!! これは打てましたわ~!! ピン奥4yにオン! 奇跡のパーパットはカップ手前でフックの読みが切れず真っ直ぐ抜けてボギー。

そんな感じで、前半は3連続素ダボもあって11オーバーの「47」。パットは3パット3回で21パット。ボクは好きなコースでも、コースはボクを受け入れてくれないようですね。というか、ティショットの逆球連発がなんか気持ち悪いですね。例の病気以降、なぜかウッド系はフェードもしくはスライスなんですよね。その傾向が顕著に出たラウンドですが、この感じだと後半が思いやられますなぁ・・・