どーもです。

今日紹介するのはPRGRの工房専用ヘッドパーツ販売モデル「TUNE」シリーズのFW「TUNE02」FWです。なぜ「TUNE02」だけなのかは不明ですが、このFWはなかなかのモデルでしたね!! ボクにとってはかなり飛距離が出るご機嫌なモデルでしたので、その辺をレポできればと思います。では、いっていましょう!

まずは見た目から。

ソールデザインは、シンプルなモデルですね。マットなブラックが精悍さを演出してくれるモデルだと思います。ソール後部にウエートが装着されていますが、デフォルトで8gのようです。PRGR TUNE02 FW SOLE

フェースは小振りでややディープ気味でしたね。形状的にもオーソドックスでした。PRGR TUNE02 FW FACE

ボディは結構特徴的でしたね。トゥ側の処理の仕方もなかなか特徴的に感じました。PRGR TUNE02 FW SIDE

後ろ姿です。PRGR TUNE02 FW BACK

構えてみるとこんな感じ。小振りな丸形ヘッドですね。組み方的にはフェースアングルはほぼストレートだと思います!!PRGR TUNE02 FW TOP

今回試打したのはフジクラ社製「スピーダー661 エボリューションⅢ」Sフレックス装着の3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角57.5度、長さ42.75インチ、総重量327.7g、バランスD2。ヘッド体積175cm3。シャフトスペックは、重量66.5g、トルク3.8、先中調子。PRGR TUNE02 FW SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、重量的には軽量化の流れの中しっかり重めでしたね。グリップも好みの太さでした。シャフトをしならせてみると、先中調子ですが中間が1番しなるように感じました。これはヘッドと長さの兼ね合いかもしれませんね。素振りしてみても、かなり振り抜きがいい感じでした。

実際に打ってみると、まぁこれはかなりご機嫌なモデルでしたね。男前な弾道で、思った以上に球が上がることも無く、マジでこれはいい感じ!! 誰でも打てるという組み合わせではなさそうな雰囲気もありますが、まぁ、この重量を振り切れるパワーのあるヒッタータイプならかなりの強弾道が楽しめるモデルだと思います。ただし、打感がちょっと特殊でしたね。これはドライバーでも感じましたが、なんか「チタン!!」ってな感じ! どんな感じなのかといえば、弾き感強めでしたがキッチリ芯を食うとホントに「スカッ!!」としたか感じで手応えがないというか、素振りのような感じで打てるのがいいですね。

スカイトラックの弾道データはこんな感じでPRGR TUNE02 FW ST3D

その各球データはこちら。PRGR TUNE02 FW ST

【3球平均】
HS42.3m/s、初速58.8m/s、打ち出し角16.5度、バックスピン量2606.1rpm、サイドスピン-432.6rpm、227.3y
【ベスト】
HS42.7m/s、初速59.3m/s、打ち出し角17.2度、バックスピン量2948.7rpm、サイドスピン-126.5rpm、飛距離230.0y

打感は前述通りなので、割愛します。音はやや硬めでカンカンした感じでした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。PRGR TUNE02 FW MST3D

弾道的には十分高弾道ですが、球を上げ切るにはまずこの重量を振り切れるパワーが必要な感じでした。スピン量も少なめで、ちょっとしたドライバーとほぼ同等!! これはスゴイことですよね! この組み合わせは、超男前な弾道を味わえると思いますわ~!

出球傾向ですが、ボクのスイングでほぼストレートから軽いドロー系。操作性も高そうな雰囲気で、フェースローテーションも使えるし、フェースローテーションを抑えることも意識出来ました。

シャフト挙動ですが、このヘッドとの組み合わせだと先中調子のイメージではなく、中間がしなる感じでした。かなり振り抜きはいいイメージでしたが、もしかしたらチップカットしているのかもしれませんね。ドライバーのヘッド重量よりも軽いというのもありますが、もしかしたらこのシャフトはヘッド重量が軽めの方がよりその性能を発揮してくれるようにも感じました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックで最低でもHS43~45m/sは欲しい感じでしたね。これはもう、胸を張って言えますが、完全に左を気にせず叩けるモデルですね。叩けるのを前提で42.75インチと若干短めになっているような感じかな。それでも、キッチリ芯を食えば230yマークだし、気持ち芯を外しても225y飛べば十分ですわな~!! 誰でも使えそうなモデルということでは無いとは思いますが、まぁ、使える人にとってはかなり心強い武器になってくれると思います。

<PRGR「TUNE02」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9▽操作性:10▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:8
■ヘッド:ボディ、フェース、インナウエート=チタン(Ti-6Al-4V)
■価格:1本4万5000円+税