どーもです。

ミズノのニューモデル「JPX900」シリーズのドライバーと2タイプのアイアンを試打出来ましたので、レポしたいと思います。先代「JPX850」ドライバーからウエート装着で重心深度、重心距離を調整できるモデルとして展開されましたが、今回の「JPX900」ドライバーはさらに「フェースアングルスライダー」と命名されたウエートによってフェースアングルも調整できるモデルに進化していました。というわけで、早速いっていましょう。

まずは見た目から。

ソールはもうウエートポート満載!! ソール真ん中の「センターウエートポート」で重心距離、トゥ側の「フェードウエートポート」、ヒール側の「ドローウエートポート」にウエートを装着することで重心距離の調整が可能ですが、この「JPX900」ドライバーは「センターウエートポート」と「ドローウエートポート」の間に「フェースアングルスライダー」を設定。3段階の調整が可能で、フェースアングルが調整できるようです。MIZUNO JPX900 DR SOLE

フェースは、先代に比較すると若干シャロー気味になったようにも感じますね。でも、先代よりもこの「JPX900」ドライバーのほうが気持ち小振りになったようにも感じました。でも、ヘッド体積を確認すると450cm3。先代は440cm3ですから、実際には10cm3ほど大きくなっていました。MIZUNO JPX900 DR FACE

ボディはシャローですね。先代はかなりのディープタイプだったので、比較するとかなりシャローになっていると思います。MIZUNO JPX900 DR SIDE

後ろ姿です。MIZUNO JPX900 DR BACK

構えてみるとこんな感じでした。先代に比較するとややシャローで安心感のある形状になっていると思います。ヘッド自体は丸形だと思いますが、辺縁部の白いラインの影響か、若干三角形っぽく見えるのはボクだけかなぁ!?MIZUNO JPX900 DR TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Orochi Blue Eye D」Sフレックス装着モデル。ロフト角は7.5~11.5度の調整が可能で、8.5、9.5、10.5度にはそれぞれアップライトも設定されています。試打ポジションは10.5度で、ウエートは「センターウエートポート」が最深となるポジション「4」、「フェースアングルスライダー」は「ニュートラル」ポジションでした。この状態でのスペックは、ロフト角10.5度、ライ角は不明、長さ45.5インチ、総重量306.2g、バランスD2。ヘッド体積450cm3。シャフトスペックは、重量55g、トルク4.6、中調子。MIZUNO JPX900 DR SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはボクには軽め。でもここ最近の流れではこの重量が主流になりつつありますね。グリップはやや細めだったように感じました。シャフトをしならせてみると、メーカー表記は中調子ですが、ボク的には中心よりやや先がしなる感じだったようにも感じました。素振りしてみると、そのわりには結構しっかり感があってシャープに振り抜ける印象でした。

実際に打ってみると、まずその高弾道に驚き。先代は球の上がりがイマイチだったと記憶していましたが、ロフトが10.5度で「センターウエートポート」ウエート位置「4」で重心深度がもっとも深い位置での試打とはいえ、これはヘッド自体の重心高が先代よりも基本的に低くなっているということでしょうね。個人的には球は上がりやすいほうが扱いやすいと思っているので、この進化はうれしいですね!! しかも、かなりつかまりがいいです。これは「フェースアングルスライダー」がニュートラル位置でもかなりつかまりがいいイメージで、もしかしたら重心角が大きめのモデルになっているのかもしれませんね。基本性能的により扱いやすさを強調したモデルになっていると思いますが、その上でプレーヤーの要求に細かく応えてくれる調整が可能といったモデルに感じました。それから、先代に比較するとかなりミスヒットの寛容性が格段に高くなっていたように感じましたね!!

スカイトラックの弾道データはこんな感じでMIZUNO JPX900 DR ST3D

その各球データはこちら。MIZUNO JPX900 DR ST

【3球平均】
HS42.9m/s、初速59.5m/s、打ち出し角15.8度、バックスピン量2858.9rpm、サイドスピン-352.7rpm、飛距離231.9y
【ベスト】
HS43.1m/s、初速59.8m/s、打ち出し角15.9度、バックスピン量2398.7rpm、サイドスピン-704.9rpm、飛距離232.5y

打感は弾き系で、ちょっとカンカンした感じもあったかな。音がやや高めで乾いた感じのイメージの影響もあったかもしれませんね。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。MIZUNO JPX900 DR MST3D

弾道は文句なしの高弾道!! このポジションだとガッツリクラブが球を上げてくれましたね。スピン量は少なめに感じましたが、データ的には適量ですね。まぁ、見た目的にはロースピンのハイストレートでかなりの強弾道でした。

出球傾向ですが、ボクのスイングでストレートから軽いドロー。基本性能的には、結構つかまりがいいモデルに感じました。最近悩まされていたフェード系も全くではありませんでしたが、ほぼ出なかったですね。

シャフト挙動ですが、メーカー的には中調子をうたっていますが、ボクの感覚では先中調子系の動きに感じましたね。中間からやや先の部分が走る感じですが、硬度的には結構しっかり感がって個人的には「軽硬系」シャフトのイメージでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/sあたりにドンピシャかかな。基本性能的には、オートマチック系テーストでした。クラブがしっかり球を上げてくれるし、しっかり球をつかまえてくれるモデルに感じました。その上で弾道チューニングが可能なので、オールターゲットの1本に仕上げられていると思います。ミスヒットの寛容性も高く、先代よりもかなり扱いやすさで進化したモデルに感じましたが、1つだけ気になったのは、素振りの時に感じる風を切る音ですね。素振り時に「あれっ!? これなんの音だ?」ってなっちゃいましたが、まぁ、実際に打っているときは全く気にならなかったですけどね!!

<ミズノ「JPX900」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=α-β系チタン合金(Ti-8Al-1Mo-1V)、フェース=α-β系チタン合金(Ti-6Al-4V)、ウエート部=ナイロン6.6、ステンレススチール(SUS630、SUS304)、フェースアングルスライダー部=アルミニウム合金(A7075)、α-β系チタン合金(Ti-6Al-4V)、フェースアングルストッパー部=ナイロン6.6、アルミニウム合金(A7075)
■シャフト(重量/トルク/調子):「Orochi Blue Eye D」(S=55g/4.6、SR=50g/5.0、R=45g/5.5/中調子)
■価格:1本7万円+税