どーもです。

タイトリストのニューモデル「917」シリーズをやっと試打出来ましたので、紹介したいと思います。今回試打できたのは、「917D2」「917D3」2本のドライバーと「917F2」FW1本の計3本。FWの「917F3」は今回試打出来ませんでした。そんな感じですが、まずは「917D2」ドライバーからいってみましょう。

「917」シリーズドライバー最大の進化は「SURE FIT」。先代「915」シリーズではホーゼルのカチャカチャだけでしたが、今回の「917」シリーズはソール後部にウエートを入れ替えることで左右の重心位置をコントロールできる「SURE FIT CG」に進化していました。TITLEIST 917D2 DRIVER WEIGHT

ウエートは共に12gですが、「ニュートラル」と「ドロー&フェード」の2タイプ用意されていました。TITLEIST 917D2 DRIVER WEIGHT2

「ドロー&フェード」ウエートはウエートのチップエンドにプラスマイナスが表示されていて、この方向を入れ替えるだけで「ドロー」「フェード」が打ち分けられるという優れモノです。

まずは見た目からいっていましょう。

「917D2」はヘッド体積460cm3で、これは先代「915D2」ドライバー同様ですね。フェース後部に配置された「アクティブリコイルチャンネル」と命名されたミゾ(ちなみに正確には「アクティブリコイルチャンネル2.0)は健在でしたね。そして、ソール後部に配置された「SURE FIT CG」が印象的ですね。TITLEIST 917D2 DRIVER SOLE

フェースはシャローでした。形状的には先代と同じだと思います。フェース下部に「RADIAL SPEED FACE」とありますが、これはタイトリスト独自のフェースで、「アクティブリコイルチャンネルと相まって、有効打点エリアが拡大されているとのことでした。TITLEIST 917D2 DRIVER FACE

ボディはスッキリシャローですが、「SURE FIT CG」の影響で出っ張った部分はありました。TITLEIST 917D2 DRIVER SIDE

後ろ姿ですが、その出っ張りはこんな感じです。TITLEIST 917D2 DRIVER BACK

構えてみるとこんな感じ。まず大きな変更点ですが、クラウンの色。先代は黒でしたが、この「917」シリーズは若干グレーがかった色に変更されていました。これは明日紹介予定での「917D3」も同様です。クラウンの形状的には若干ネック側が絞られた洋ナシ型を意識しているようにも見えますが、まぁ、丸形ですね。フェース角的にはややオープンかな。TITLEIST 917D2 DRIVER TOP

今回試打したのは、オリジナルシャフト「タイトリストスピーダー517」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角9.5度、ライ角58.5度、長さ45.5インチ、総重量307g、バランスD3.5。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量54g、トルク4.6、先中調子。試打ポジションはデフォルトの「A1」でウエートは「ニュートラル」でした。TITLEIST 917D2 DRIVER SHFAT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはこの組み合わせはやや軽め。グリップはいい感じの太さかなと思いました。シャフトをしならせてみると、先代はニュートラルな中調子系だったと思いますが、今回は中間から先のあたりがしなるイメージでしたね。素振りしてみると、やや柔らかめで結構ヘッドが走るようなイメージでした。

実際に打ってみると、個人的に「タイトリスト=アスリート」のイメージの先入観のせいか、第一印象は「お~、さすがタイト!!」でした。これは持ったみた感覚よりも男前なクラブという印象です。でも、ロフト9.5度のわりにはしっかり上がりますね。これはシャフトの影響かもしれませんね。でも、いつもの感じで打っていくと結構右に抜けるイメージもあって、シャフト的につかまり系のシャフトでも結構スイングでつかまえられるタイプ向けなのかな・・・と感じました。それから、メーカー的には「有効打点エリアを拡大」とうたっていますが、個人的には「そうかな!?」でした。これはボクの技術的な問題も大きいと思いますが、敢えていってしまえば「打点のシビアさ」も「さすがタイト!!」って思っちゃいました。

ちなみに「SURE FIT CG」を「ドロー&フェード」で打ってみました。結果ですが、「フェード」だとちょっとつかまらないイメージでしたが、「ドロー」はいい感じだったかな。いくつかのポジションを試してみましたが、個人的には「A1」「ドロー」があっていました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じでTITLEIST 917D2 DRIVER ST3D

その各球データがこちら。TITLEIST 917D2 DRIVER ST

【3球平均】
HS41.8m/s、初速60.8m/s、打ち出し角14.6度、バックスピン量2569.0rpm、サイドスピン179.4rpm、飛距離234.2y
【ベスト】
HS41.8m/s、初速60.8m/s、打ち出し角14.2度、バックスピン量2380.7rpm、サイドスピン-34.0rpm、飛距離236.1y

打感はソリッド系。これは先代同様かな。先々代「913」シリーズはマイルド系だったと気多くしていますが、先代から気持ち弾き感とボールのつぶれ感が絶妙なソリッド系になっていたと思いますが、そのイメージはこの「917D2」にも踏襲されていたと思います。音もやや金属的な乾いた感じで、これも先代同様だと思います。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。※「A1」「ニュートラル」ポジションTITLEIST 917D2 DRIVER MST3D

弾道的にロフト角を考えれば高めの中弾道だと思いますが、ある程度のパワーが無いとしっかり球が上がりきらないと思います。この辺は、何度も書きますが「さすが、タイト!!」ってな感じかな。スピン量もかなり少なめなイメージでしたが、ボク的には「叩いてもこのスピン量なんだ・・・」ってな感じでした。

出球傾向ですが、ボクのスイングでほぼストレート。打ち出した方向にそのまま真っ直ぐ行くようなイメージでしたね。ちなみに動画弾道は、3球平均のデータ取りで右に抜ける傾向が強かったので、つかまえるのを意識した弾道です。基本性格的には、実は先代以上に結構男前な味付けになっているのかな・・・ってな感じでした。

シャフト挙動ですが、中間からやや先の部分がしなってダウンでヘッドを加速してくれる感じでした。バランスがD3.5と重めな影響か、ややシャフトの動きが大きいイメージもありましたね。これはもしかしたらシャフトの捻れ感なのかもしれませんね。カスタムシャフトを打っていないのでなんともいえませんが、個人的には「もうちょっとトルクを絞ってもいいかも・・・」なんて感じでしまいました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりにオススメかな。デフォルトポジション試打する限り、基本性格的にはマニュアルよりのセミオートマチックに感じましたね。スイング的には、ある程度球をつかまえられるヒッタータイプ向けかもしれませんね。「SURE FIT」である程度調整可能とはいえ、基本性格的には先代「915D2」よりもシビアになっていたようにも感じましたね。あくまでもボクのスイングを主語にした感想ですが、ヘッドとシャフトのマッチングがイマイチにも感じちゃいました。まぁ、ボクがヘタクソって話もありますが、想像するにオリジナルシャフト的には先代に挿さっていたシャフトのほうがこのヘッドにも合うかなというのがボクの感想です。

<タイトリスト「917D2」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:9▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「タイトリスト スピーダー517」(S=54g/4.6、SR=51g/4.8、R=48g/5.0/先中調子)。「ツアーAD TP5」(S=57g/4.4/中調子)、「同TP6」(S=65g/3.2/中調子)、「同TP7」(S=73g/3.0/中調子)。「ディアマナ BF50」(S=57.5g/5.0/中元調子)、「同BF60」(S=65.5g/3.9/中元調子)、「同BF70」(S=73.5g/3.4/中元調子)。「アッタスパンチ5」(S=57g/5.3/中調子)、「同6」(S=67g/4.0/中調子)、「同7」(S=77g/3.0/中調子)。「スピーダーエボリューションⅢ569」(S=59g/4.5/先中調子)、「同661」(S=66.5g/3.8/先中調子)、「同757」(S=75.5g/3.0/先中調子)。
■価格:「タイトリストスピーダー517」装着モデル1本7万5000円+税。「ツアーAD TP」「ディアマナBF」「アッタスパンチ」「スピーダーエボリューションⅢ」装着モデル1本9万7000円+税。