どーもです。

今日紹介するのは、タイトリスト「917」シリーズの「917F2」FWです。先代「915」シリーズは「915F」FWの1モデルでしたが、「917」シリーズは「917F2」「917F3」の2タイプが用意されていました。今回試打クラブの関係で「917F2」しか打てていませんが、どうやらこの「917F2」がメインモデルのようですね。というわけで、両者の比較は出来ませんが、早速試打レポをいってみましょう。

この「917F2」FWも「SURE FIT CG」として、ソール後部のウエートを入れ替えることで重心位置をコントロールできるモデルになっていました。ウエートは14gで、「ニュートラル」「ドロー&フェード」の2タイプが用意されています。TITLEIST 917F2 FW WEIGHT

では、まずは見た目からいってみましょう。

「SURE FIT CG」ですが、ドライバーはソール後部でネック側から挿入でした。でも、FWはフェース後部の配置でトゥ側からの挿入になっていました。デザイン的にもシンプルで、いかにもアスリートモデルのイメージですね。TITLEIST 917F2 FW SOLE

フェースはシャローでもディープでもない感じだったかな。形状的にも奇をてらうことがないオーソドックスな形状でしたね。TITLEIST 917F2 FW FACE

ボディはややシャロー気味ですが、先代に比較すると若干ヒップダウンしていて低重心を意識したような形状でした。「SURE FIT CG」のネジが特徴的ですな!!TITLEIST 917F2 FW SIDE

後ろ姿です。TITLEIST 917F2 FW BACK

構えてみるとこんな感じ。最近の3W(15度モデル)はクラウンの投影面積が大きめなモデルが多いですが、この辺はさすがタイトリススト、小振りで男前ですわ~! 形状的にも、先代はネック側が絞られていてやや三角形っぽいイメージでしたが、この「917F2」はやや丸みが強調されたイメージでしたね。色もドライバー同様ややグレー気味に変更されていました。TITLEIST 917F2 FW TOP

今回試打したモデルはオリジナルカーボンシャフト「タイトリスト スピーダー517」Sフレックス装着モデルの15度。スペックは、ロフト角15度、ライ角57度、長さ43インチ、総重量315g、バランスD1.5。ヘッド体積未発表。シャフトスペックは、重量54g、トルク4.6、先中調子。試打ポジションは「A1」、「SURE FIT CG」は「ニュートラル」でした。TITLEIST 917F2 FW SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用。

まず持ってみた感覚は、重量的にはやや軽めでしたがグリップがいい感じの太さ。シャフトをしならせてみるとややしなりが大きめで、1番しなるのは中間からやや先の部分だったかな。素振りしてみると、ドライバーよりもややシャープに振り切れるイメージだったかな。

実際に打ってみると、しっかり球は上がりますね。何球か直打ちしてみましたが、FWが苦手なボクでも、シャフトの影響かそれなりにクラブが球を上げてくれるイメージでした。基本性格的にはセミオートマチック系で、「917D2」「917D3」の中間に位置するようなイメージだったかも。メーカー的にはミスヒットの寛容性も高くしていることをうたっていますが、打点がバラける傾向があるボクにはあまり寛容性が高いモデルには感じませんでした。そういう意味では、「タイトリストとしては」という前提があるのかもしれませんね。でも芯を食ったときの飛距離は、芯を外した時のドライバーなみでしたね。

スカイトラックでの弾道データはこんな感じでTITLEIST 917F2 FW ST3D

その各球データはこちら。TITLEIST 917F2 FW ST

【3球平均】
HS41.5m/s、初速57.7m/s、打ち出し角16.3度、バックスピン量3042.7rpm、サイドスピン-88.7rpm、飛距離223.4y
【ベスト】
HS42.1m/s、初速58.4m/s、打ち出し角17.0度、バックスピン量3060.0rpm、サイドスピン-87.5rpm、飛距離229.0y

打感はソリッド系。弾き感とマイルド感がいい感じにブレンドされたイメージですが、打音は渇いた感じでやや金属的だったかな。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。TITLEIST 917F2 FW MST3D

弾道的には十分高弾道だと思います。直打ちでも結構しっかり球を上げてくれるイメージで、これはぶっちゃけ意外でした。スピン量は少なめなイメージでした。

出球傾向はボクのスイングでドロー系。基本性格的には、つかまりはいいイメージでしたね。そうそうこのFWも「ドロー&フェード」で打ってみましたが、FWは「フェード」でいい感じのストレートでしたね。ボクに1番合ったポジションは「A1」「フェード」でした。

シャフト挙動ですが、切り返しからダウンにかけて中間からやや先がしなる感じでした。ドライバーでは「ヘッドとシャフトのマッチングが・・・」なんて書きましたが、このFWでは気にならなかったですね。でも、シャフト的にはSでもやや柔らかめに感じました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりにオススメ。このFWは基本性格的にドライバーよりもクラブが球を上げてくれる、つかまえてくれるイメージでした。スイングタイプ的にはヒッター向けのイメージですが、そのわりにはシャフトが若干柔らかめかなと。誰でも使えるモデルではないと思いますが、「タイトリストにしては」扱いやすさを意識したモデルなのかもしれません。ボクなら「917D2」に合わせて使いたいですが、この「917F2」は単品で仕込んでもおもしろいモデルかもしれませんね。

<タイトリスト「917F2」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=17-4ステンレス、フェース=465カーペンタースチール
■ロフトバリエーション:13.5度、15度、16.5度、18度、21度
■シャフト(重量/トルク/調子):「タイトリスト スピーダー517」(S=54g/4.6、SR=51g/4.8、R=48g/5.0/先中調子)。「ツアーAD TP5」(S=57g/4.4/中調子)、「同TP6」(S=65g/3.2/中調子)、「同TP7」(S=73g/3.0/中調子)。「ディアマナ BF50」(S=57.5g/5.0/中元調子)、「同BF60」(S=65.5g/3.9/中元調子)、「同BF70」(S=73.5g/3.4/中元調子)。「アッタスパンチ5」(S=57g/5.3/中調子)、「同6」(S=67g/4.0/中調子)、「同7」(S=77g/3.0/中調子)。「スピーダーエボリューションⅢ569」(S=59g/4.5/先中調子)、「同661」(S=66.5g/3.8/先中調子)、「同757」(S=75.5g/3.0/先中調子)。
■価格:「タイトリストスピーダー517」装着モデル1本4万3000円+税。「ツアーAD TP」「ディアマナBF」「アッタスパンチ」「スピーダーエボリューションⅢ」装着モデル1本6万5000円+税。
■備考:左用(15度、18度)あり