どーもです。

今日紹介するのはダンロップスポーツ「ゼクシオプライム」アイアンです。昨日紹介したドライバーでは想定外の好結果でしたが、そろそろ自分の実情を見つめ直す必要がありそうですね。病気のせいかどうかの理由はともかく、今使っているクラブ、少なくともドライバーがオーバースペック気味な現実を受け入れないと、ですね。なにはともあれ、アイアンを紹介しましょう。

まずは見た目から。

構造的にはポケキャビなのかな!?DS XXIO PRIME IRON BACK

フェースはラージフェース。トゥがやや低めな形状になっていました。これはフェースインサートっぽい雰囲気ですな。DS XXIO PRIME IRON FACE

ソールはトゥ側に向かって幅が広くなっていました。そして、見た目では全くわかりませんが、このソールに秘密が隠されています。このソールはなんと3層構造で、最も外側がタングステンニッケルウエート、中間に高比重タングステンニッケルウエート、そしてボディとなっているようです。ウエート総重量は#7で56gなんだとか!! ちなみに、歴代ゼクシオプライムで最も低深重心のようです。DS XXIO PRIME IRON SOLE

ネックはグースネックです。バンス角もしっかり設定されているように見えました。DS XXIO PRIME IRON SIDE

構えてみるとこんな感じ。顔は大きめで、結構ロフトが立って見えます。でもグースネックの影響でフトコロが深く、球はがっつりつかまりそうなイメージでした。DS XXIO PRIME IRON TOP

今回試打したのはオリジナルカーボンシャフト「ゼクシオプライムSP-900」SRフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角29度、ライ角62.5度、長さ37.5インチ、総重量345.5g、バランスC8。シャフトスペックは、重量48g、トルク4.1、中調子。DS XXIO PRIME IRON SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボールです。

まず持ってみた感覚ですが、超軽量級なのはドライバー同様です。グリップもかなり細めで、シャフトがクニャクニャなのも一緒ですね。でも、素振りしてみるとヘッドの効き方が別モノです。ドライバーは結構ヘッドが効いていた感じでしたが、アイアンはヘッドの効き方はイマイチ。同じスイングで合うのかどうか疑問になってしまうほどバランスは軽めでした。

実際に打ってみると、最初の何球かはトップしてしまいましたが、このアイアンもボディターンでフェースローテーションを抑えることを意識して払い打ちイメージで振ってみると、これがまたドーンと高弾道!! でも、さすがに強めのドローというかフック系です。これはシャフトのしなりの影響も大きいと思いますが、どうやらボクのスイングは短いクラブでフック傾向は健在のようです。まぁそこを改めて確認できたのも、アンダースペックと思っていたクラブを試打した恩恵かもしれません。とにかく、ゆったり振っても飛ぶクラブ。こんな表現がピッタリはクラブだと感じました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じでDS XXIO PRIME IRON ST3D

その各球データがこちら。DS XXIO PRIME IRON ST

【3球平均】
HS38.8m/s、初速49.5m/s、打ち出し角18.8度、バックスピン量3801.8rpm、サイドスピン-508.0rpm、飛距離174.2y
【ベスト】
HS39.1m/s、初速50.1m/s、打ち出し角18.9度、バックスピン量3917.3rpm、サイドスピン-393.0rpm、飛距離176.9y

打感は弾き系ですね。ドライバーと違って打感はしっかりと感じましたし、音もやや高めでこれはイメージ通りでしたね。でも、シャフトのしなり感も結構感じられました!!

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。DS XXIO PRIME IRON MST3D

弾道は超高弾道。見た目でも超高弾道ですが、データ的にもロフト角29度で打ち出し角19度って、「な、なんじゃこりゃ~!!」と「太陽にほえろ」のジーパン刑事殉職時なみの驚きですわ!! しかも、スピン量少なめって! まさに一石二鳥なクラブ!!

出球傾向ですが、ボクのスイングで強めのドロー系というかここまで行くともうフックですな。フェースローテーションを抑えることを意識してもこれだけ曲がると、ボク的にはカット打ちを意識してもいいくらいですね。それだけ、クラブがオートマチックに球をつかまえてくれるクラブだと思います。

シャフト挙動ですが、ドライバー同様シャフト全体がムチのようにしなるイメージですね。しかも、結構先端部が柔らかめ。しっかり球を上げてくれる、つかまえてくれるのはこの影響なんでしょうね。このシャフトもタイミングがあう人が使えばガッツリ飛びそうな雰囲気ビンビンですな!!

今回ボクが試打した限りでは、HS38~40m/sあたりにおすすめかな。スイングで球をつかまえられるタイプには厳しいかもしれませんが、ボディターンタイプの払い打ちタイプ、アウトサイドイン系で持ち球がスライス系の人にはクラブがガッツリ仕事をしてくれるでしょうね。この辺はバリバリゼクシオの遺伝子を感じるモデルだと思いました。

<ダンロップスポーツ「ゼクシオプライム」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:10
■ヘッド:フェース=チタン(Super-TIX PLU for XXIO)。ボディ(#5~#7)=SUS630ステンレス+タングステンニッケルウエート高比重タングステンニッケルインナーウエート、(#8~#9)=SUS630ステンレススチール+タングステンニッケルウエート、(PW、AW、SW)=SUS630ステンレススチール
■シャフト(重量/トルク/調子):「XXIO PRIME SP-900」(S=48g/4.1、R=47g/4.2、R2=47g/4.3/中調子)
■価格:6 本 (#7~SW)セット19万2000円+税、4本(#7~PW)セット12万8000円+税、単品(#5、#6、AW、SW)各1本3万2000円+税。