どーもです。

キャロウェイのニューモデル「GBBエピック」シリーズを試打出来ました。ヘッド内部、フェース後部のクラウン&ソールを繋ぐに2本のバーを設置することで余分なヘッドのたわみを抑えエネルギーロスを軽減し初速アップを実現したという画期的新技術「ジェイルブレイク」テクノロージー搭載モデルですね。今回「スター」「サブゼロ」2タイプのドライバー&FWを打てたので、まずが「GBBエピック スター」ドライバーから紹介しましょう。

まずは見た目から。

「GBBエピック スター」は弾道調整機能無しですが、重心位置の調整が可能な「ペリメーター・ウエィティング」をソール後部に搭載ですね。ソールにもカーボンを使用していますね。CALLAWAY GBB EPIC STAR DR SOLE

フェースがかなりディープ!! 形状的にもトップラインの丸みに加えソールのラインもやや特徴的に感じました。CALLAWAY GBB EPIC STAR DR FACE

丸みの帯びたディープボディだと思います。とはいえ、結構低重心は意識しているようにも見えますね。CALLAWAY GBB EPIC STAR DR SIDE

後ろ姿です。CALLAWAY GBB EPIC STAR DR BACK

構えてみるとこんな感じ。クラウンのカーボン素材感が、なんか雰囲気を出していますね。形状的には丸形だと思いますが、クラウンの投影面積は気持ち小さめにも感じました。フェース上部のシェブロンマークを挟むように配置された「スピードステップ」は空力を意識してですね。CALLAWAY GBB EPIC STAR DR TOP

今回試打したのはオリジナルカーボンシャフト「Speeder EVOLUTION for GBB」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角9.5度、ライ角58.0度、長さ45.75インチ、総重量293g、バランスD2。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量53g、トルク5.6、先中調子。「ペリメーター・ウエィティング」の位置は写真のままで、ニュートラルなのかな!?CALLAWAY GBB EPIC STAR DR SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール。

まず持ってみた感覚ですが、やや軽量級ですね。グリップも細めだったかな。シャフトを両手でしならせてみるとSでも柔らかめな印象で、中間から先端部にかけて結構しなるような感じでした。ちょっと長めな印象がありましたが、素振りしてみるとD2表記のバランス以上にヘッド重量を感じやすいイメージですね。切り返しからダウンにかけてシャフト先端がイメージ以上にしなる感じでした。

実際に打ってみると、まず感じたのは初速の速さとスピン量の少なさでした。弾道的には完全な棒球型で、見た目でもスピン量の少なさがわかる程でした。スカイトラックで確認してみても平均して2200rpmあたり。データ取りのための3球平均意外でも2500rpmを越えることはなく、逆に当たり所が悪いと1800~1900rpmで気持ちドロップ気味に見えるような弾道もありました。若干アンダー気味に感じたシャフトとのマッチングですが、このマッチングでもHS40~42m/sあたりなら行けそうかな。でも、このヘッド性能を生かすなら、もうちょっとしっかり感がある叩けるシャフトとの組み合わせがいいかもしれませんね。

スカイトラックデータはこんな感じでCALLAWAY GBB EPIC STAR DR ST3D

その各球データはこちら。CALLAWAY GBB EPIC STAR DR ST

【3球平均】
HS42.2m/s、初速61.3m/s、打ち出し角14.4度、バックスピン量2249.8rpm、サイドスピン-229.1rpm、飛距離237.5y
【ベスト】
HS42.6m/s、初速61.9m/s、打ち出し角14.1度、バックスピン量2479.4rpm、サイドスピン-320.5rpm、飛距離241.3y

打感は弾き系ですが、なんか特殊な感じでしたね。言葉にするのが難しいのですが、なんかフェースが1度ボールを受け止めて弾き返しているような感じかな!? とはいえ、マイルド系でもソリッド型でもないような・・・。言葉を生業にしているのに表現しきれないですわ!! 音は中音系でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。CALLAWAY GBB EPIC STAR DR MST3D

弾道的には高弾道ですね。この動画は打ち出し角17度と3球平均よりも高い打ち出し角でした。出球的も若干逆球でしたが、それでもスピン量は2142rpmと少なめ!!

出球傾向ですが、ボクのスイングで軽いドロー系。たまに逆球が出ますが、これはボクのスイングが原因ですね。ニュートラルポジションで打つ限り、見た目以上につかまりの良さは確保されているように感じました。

シャフト挙動ですが、これは切り返しからダウンにかけて大きくしなる感じでしたね。ボクの感覚ではSにしては柔らかめに感じました。前記していますが、このマッチングはヘッドに対してシャフトか若干アンダー気味。ヘッドの基本性格を生かすなら、もうちょっとしっかり感があって叩けるシャフトのほうがいいかもしれません。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにおすすめですが、それ以上振れる人はカスタムシャフトがおすすめ。シャフト挙動を考えるとボディターンタイプのスインガー限定といった感じですかね。これは個人的意見ですが、このヘッドの基本性能を存分に体感するならこのシャフトとのマッチングはないかな・・・って。ヘッドのポテンシャルを感じられるだけに、これは後日カスタムシャフトで試打したレポを改めて上げるか、加筆したいと思います。

<キャロウェイ「GBBエピック スター」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7~8(?)▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=α+βチタン+トライアクシャル・カーボンソール&クラウン、フェース=α+βチタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「Speeder EVOLUTION for GBB」(S=53g/5.6、SR=50g/5.7、R=49g/6.1/先中調子)。「ツアーAD TP5」(S=57g/4.4/中調子)。「Speeder569EVOLUTIONⅢ」(S=59g/4.5/先中調子)。「FUBUKI V50」(S=57g/5.5/中調子)
■価格:「Speeder EVOLUTION for GBB」装着モデル1本7万5000円+税。「ツアーAD TP5」「Speeder569EVOLUTIONⅢ」「FUBUKI V50」装着モデル 各1本9万2000円+税。
■発売予定日:2017年2月17日