どーもです。

今日紹介するのはキャロウェイのニューモデル「GBBエピック」シリーズの「GBBエピック サブゼロ」ドライバーです。昨日紹介した「GBBエピック スター」ドライバー同様「ジェイルブレイク」テクノロージー搭載モデルですが、こちらは弾道調整機能付きモデルになっています。では、早速いっていましょう。

まずは見た目から。

「GBBエピック サブゼロ」ドライバーは弾道調整機能搭載モデルですね。ウエート的には12gと2gを前後に入れ替えることで、重心深度を変えることが出来ます。「ペリメーター・ウエィティング」非採用な分、ソールのカーボン部分が多くなっていますね。CALLAWAY GBB EPIC SUB ZERO DR SOLE

フェースはこちらもディープですが、形状的にはキャロウェイ伝統の形状だと思います。CALLAWAY GBB EPIC SUB ZERO DR FACE

ボディは結構小振りですが、やはりディープタイプですね。「GBBエピック スター」とは別モノっすね!!CALLAWAY GBB EPIC SUB ZERO DR SIDE

後ろ姿です。CALLAWAY GBB EPIC SUB ZERO DR BACK

構えてみるとこんな感じ。クラウンのカーボン素材感は「GBBエピック スター」同様ですが、クラウンの投影面積はかなり小さめ。同じヘッド体積460cm3には見えませんでした。空力を意識した「スピードステップ」は「GBBエピック サブゼロ」にも採用ですね。CALLAWAY GBB EPIC SUB ZERO DR TOP

今回試打したのはオリジナルカーボンシャフト「Speeder EVOLUTION for GBB」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角9度、ライ角56.5度、長さ45インチ、総重量306g、バランスD3。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量52g、トルク5.6、先中調子。試打ポジションは、ヘッドの基本性能確認のため「N」「S」ポジションでした。CALLAWAY GBB EPIC SUB ZERO DR SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール。

まず持ってみた感覚ですが、ん~、なんか軽量級に感じました。グリップもやや細め。シャフトを両手でしならせてみると、これまたSでも柔らかめな印象ですね。1番しなったのは中間から先端部にかけてで、昨日紹介したモデルと同じようなイメージでした。素振りしてみると結構ヘッド重量を感じました。「GBBエピック スター」よりもヘッドが効いている感じで、切り返しからダウンにかけてのしなりが大きく若干タイミングが取りにくかったかな。

実際に打ってみると、「GBBエピック スター」で感じた初速の速さとスピン量の少なさはこの「GBBエピック サブゼロ」でも健在ですな! でも、ミスヒットの寛容性はこの「GBBエピック サブゼロ」のほうが厳しいかな。ちょっと芯を外すと、それが出球に影響するイメージでしたね。「GBBエピック スター」で感じたシャフトのアンダー感は「GBBエピック サブゼロ」ではさらに強調された感じがあったのも否めないですね。もしシャフトが同じならヘッド重量が重いということになりますが、個人的に感じたのはヘッドとシャフトのマッチングがイマイチかなと…。昨日も書きましたが、ボクのスイングを棚に上げて行ってしまえば、ヘッドのポテンシャルが高いだけにこのマッチングはちょっと疑問が残りましたね。

スカイトラックデータはこんな感じでCALLAWAY GBB EPIC SUB ZERO DR ST3D

その各球データはこちら。CALLAWAY GBB EPIC SUB ZERO DR ST

【3球平均】
HS42.2m/s、初速60.4m/s、打ち出し角15.4度、バックスピン量2322.9rpm、サイドスピン-65.5rpm、飛距離236.0y
【ベスト】
HS42.1m/s、初速61.1m/s、打ち出し角15.1度、バックスピン量2258.2rpm、サイドスピン-129.2rpm、飛距離239.6y

打感は弾き系ですが、なんか特殊に感じたのは「GBBエピック スター」同様でした。でも音は、別モノ。やや金属的な「パッシュ」といった感じ。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。CALLAWAY GBB EPIC SUB ZERO DR MST3D

弾道的にはやや高めの中弾道イメージだったかな。「GBBエピック スター」よりも球の上がり方はシビアでしたね。動画弾道は若干トゥ側に外れたような感じでしたが、バックスピン量が激減!! 2000rpm回転以下はさすがにボクレベルには厳しいかも・・・

出球傾向ですが、ボクのスイングでドロー系。ちょっと芯を外す傾向が強かったような気もします。ボクのスイングの問題もあるとは思いますが・・・

シャフト挙動ですが、切り返しからダウンにかけて大きくしなる感じだったのは「GBBエピック スター」同様で、Sにしては柔らかめでした。でもこのシャフトと「GBBエピック サブゼロ」のヘッドとの組み合わせは、そのしなりがさらに大きい感じで、ぶっちゃけタイミングが取りにくかったですね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりのボディターンタイプのスインガー限定なのかな・・・。このヘッド特性を生かすにはそれなりのシャフトが必要だと感じましたね。そういう意味では、誰でも使えるモデルではないようにも感じました。この「GBBエピック サブゼロ」もヘッドのポテンシャルを感じられるだけに、後日カスタムシャフトで試打したレポを改めて上げるか、加筆したいと思います。

<キャロウェイ「GBBエピック サブゼロ」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:7▽上がりやすさ:8▽操作性:10▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:7~8(?)▽ミスの許容度:7
■ヘッド:ボディ=α+βチタン+トライアクシャル・カーボンソール&クラウン、フェース=α+βチタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「Speeder EVOLUTION for GBB」(S=53g/5.6、SR=50g/5.7、R=49g/6.1/先中調子)。「ツアーAD TP5」(S=57g/4.4/中調子)。「Speeder569EVOLUTIONⅢ」(S=59g/4.5/先中調子)。「FUBUKI V50」(S=57g/5.5/中調子)
■価格:「Speeder EVOLUTION for GBB」装着モデル1本7万5000円+税。「ツアーAD TP5」「Speeder569EVOLUTIONⅢ」「FUBUKI V50」装着モデル 各1本9万2000円+税。
■発売予定日:2017年2月17日