どーもです。

連日紹介してきたキャロウェイのニューモデル「GBBエピック」シリーズですが、いよいよ今日紹介する「GBBエピック サブゼロ」FWがオオトリです。こちらは見るからに操作性を意識したようなモデルに見えますね。「GBBエピック サブゼロ」ドライバー同様、弾道調整機能搭載モデルですね。その見た目から誰でも使えそうなモデルの雰囲気ではありませんが、実際のところどうでなんしょうね。その辺も確認してレポしたいと思います!

まずは見た目から。

「GBBエピック サブゼロ」FWもソールのトライアクシャル・カーボンは不採用ですね。「GBBエピック スター」FWとの違いはソールの前後にウエートを装着していて、重心深度をコントロールできるところ。初期設定は前部3g、後部22gで深重心設定です。CALLAWAY GBB EPIC SUB ZERO FW SOLE

フェースはややディープ気味ですね。「GBBエピック スター」FWよりは確実にディープです。ちなみに、「GBBエピック サブゼロ」FWもフォージドカップフェース採用モデルです。CALLAWAY GBB EPIC SUB ZERO FW FACE

ボディはセミディープ気味かな。「GBBエピック スター」FWよりはディープかつ小振りになっていました。CALLAWAY GBB EPIC SUB ZERO FW SIDE

後ろ姿です。CALLAWAY GBB EPIC SUB ZERO FW BACK

構えてみるとこんな感じ。クラウンには「トライアクシャル・カーボン」採用ですね。空力効果のある「スピードステップ」も採用です。でも、クラウンの投影面積が小さめ。見た目からはシビアさしか感じませんが、ボクでも打てるモデルなんでしょうか!?CALLAWAY GBB EPIC SUB ZERO FW TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Speeder EVOLUTION for GBB」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角55度、長さ43インチ、総重量315g、バランスD2。ヘッド体積159cm3。シャフトスペックは、重量50g、トルク5.6、先中調子。試打ポジションは「N」「S」。CALLAWAY GBB EPIC SUB ZERO FW SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、総重量的にはやや軽め。グリップの太さはいい感じでした。フィーリング的には「GBBエピック スター」FWとほぼ同じようなイメージでした。シャフト的に1番しなるのは中間からやや先端部にかけてに感じたし、素振りしてみても手元のしっかり感がありましたね。

実際に打ってみると、この組み合わせもボクレベルならしっかり振っていけます。この「GBBエピック サブゼロ」FWも「GBBエピック スター」FW同様球の上がりやすさは体感できると思います。ただし、ライ角がかなりフラットなせいか、つかまりがイマイチというか、ボクのスイングの原因もあるかもしれませんがややプッシュアウト傾向が出やすいように感じましたね。でも弾道調整機能があるので、その辺はアップライトに調整することで解決出来そうですね。「GBBエピック スター」ほどオートマチック性はなく、そういう意味では誰でも使えるモデルではなさそうですが、スイングで球をつかまえられる人にとっては、かなり強力な武器になりそうな気配を感じましたね!

スカイトラックの弾道データはこんな感じでCALLAWAY GBB EPIC SUB ZERO FW ST3D

その各球データはこちら。CALLAWAY GBB EPIC SUB ZERO FW ST

【3球平均】
HS41.9m/s、初速58.2m/s、打ち出し角18.0度、バックスピン量3133.4rpm、サイドスピン-25.3rpm、飛距離228.0y
【ベスト】
HS42.6m/s、初速59.1m/s、打ち出し角17.2度、バックスピン量3093.8rpm、サイドスピン95.8rpm、飛距離232.1y

打感は弾き系。これは「GBBエピック スター」同様カッチリ感があってしっかり弾いている感じですが、決して球離れが速いイメージでは無い感じでした。でも音は別モノでやや金属的な音も混ざった感じでした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。CALLAWAY GBB EPIC SUB ZERO FW MST3D

弾道は文句無しの高弾道。この球の上がり方は低重心の賜でしょうが、「GBBエピック スター」に比較するとそれなりのHSも必要な感じかな。スピン量は「GBBエピック スター」よりもやや多めですが、それでも平均3100rpmはちょっとしたドライバー並ですな!!

出球傾向ですが、ボクのスイングでもほぼストレート~軽いフェード系。ライ角の影響かもしれませんが、基本性能的にはヒッタータイプが左を気にせず叩けるモデルかな。

シャフト挙動ですが、これも「GBBエピック スター」FW同様基本的には中間からやや先のあたりがしなって、ヘッドを走らせてくれるイメージ。ただし、「GBBエピック スター」FWよりも若干先端のしなりが大きめに感じました。もしかしたら弾道調整機能自体の重量の問題かもしれませんね。と書きながら、もしかしたらプッシュアウト傾向があったのもライ角&このネック周りの重量も影響しているかも・・・とか思っちゃいました。でも、やはりドライバーに比較したらヘッドとシャフトのマッチングはかなりいい感じでしたね!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~45m/sあたりにドンピシャかな。スイングタイプ的にはある程度スイングで球をつかまえられるタイプのヒッター向けかなと思います。「GBBエピック サブゼロ」FWは若干打点のシビアさがあるとは思いますが、ある程度スイングがかたまっていて振れる人にとっては距離も出せるモデルだと思います。

「GBBエピック スター」FW、「GBBエピック サブゼロ」FWともいわゆるぶっ飛び系FWだと思います。前者は中級者以上、後者は中~上級者向けのイメージでしたが、ドライバーで感じたシャフトのアンダー感は全く無し!! オリジナルシャフトともマッチングでこのヘッドの性能を十分に生かせると思います!

<キャロウェイ「GBBエピック サブゼロ」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:9▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:7
■ヘッド:ボディ=17-4チタン クラウン=トライアクシャル・カーボン、フェース=カーペンター455スチール
■ロフトバリエーション:13.5度、15度、18度。
■シャフト(重量/トルク/調子):「Speeder EVOLUTION for GBB」(S=50g/5.6、SR=48g/5.7/先中調子)。「Speeder EVOLUTIONⅢFW」(60S=68g/3.9/先中調子)。
■価格:「Speeder EVOLUTION for GBB」装着モデル各1本4万3000円+税。「Speeder EVOLUTIONⅢ FW」装着モデル 各1本4万8000円+税。
■発売予定日:2017年2月17日