どーもです。

キャロウェイのニューモデル「スチールヘッドXRプロ」アイアンを試打できました。既に発売されている「スチールヘッドXR」アイアンはその飛距離と打ちやすさに驚いたのは記憶に新しいですが、ぶっちゃけアイアンフッカーのボクにはグースネックがNGでした。そんな中で発表された「スチールヘッドXRプロ」アイアンはレスオフセットモデル。これは興味津々!! 早速試打クラブを手配できましたにで、レポしてみましょう!

まずは見た目から。

構造的にはハーフキャビティモデルですが、ハーフポケキャビかな!? 構造的には「スチールヘッドXR」と一緒だけど、色はブラックボディで精悍!! 色だけでなくヘッド自体も小振りでかなりシャープはイメージでした。

フェースは小顔系ですね。「スチールヘッドXRプロ」アイアンのほうが、トゥが立っているイメージです。「スチールヘッドXR」はスコアライン下2本が白く色付けられていましたが、プロモデルはノーマル状態でした。

ソール幅は意外にも「スチールヘッドXR」アイアンと同じような幅でした。でも、トレーリングエッジが落とされているので、実際には狭めかな。これは打ち込んでの抜けの良さを意識したのかな。スルーボア構造もしっかり採用ですね!

ネックはセミグース。よりオフセットが少なく、ボクにはかなり好印象!!

構えてみるとこんな感じ。結構シャープ! ヘッド自体小振りでトップブレードも薄めに加え、ブラックボディの影響も少なからずありそうですね。

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO950GH」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角31度、ライ角62度、長さ37インチ、総重量412g、バランスD1。シャフトスペックは、重量98g、トルク1.8、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。グリップもやや細めでした。シャフトをしならせてみると、NSらしいしなり方。素振りしてみると、「スチールヘッドXR」アイアンほどヘッドが効いていないように感じましたね。フィーリング的な1番の違いはここかな!

実際に打ってみると、「スチールヘッドXR」アイアン同様飛距離も打ちやすさもそのままで、若干操作性が上がっていたように感じました。ヘッドが若干小さめになっているので、操作性がやや高めになっているのは納得ですが、ロフトが1度寝ても平均しても約175yをマークにはちょっとビックリでしたね。でみ、ボク的には見た目から感じられる弾道イメージと実際の弾道が合致するモデルでした。これ、アリかも!! 往年の名器「X14」シリーズをモチーフにしたモデルですが、キャロウェイ独自の「S2H2」理論を甦らせつつ現代風にアレンジした「スチールヘッドXR」「スチールヘッドXRプロ」アイアンにも名器の予感を感じましたね。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS40.0m/s、初速51.3m/s、打ち出し角17.8度、バックスピン量4590.8rpm、サイドスピン-833.4rpm、飛距離174.8y
【ベスト】
HS40.1m/s、初速51.4m/s、打ち出し角18.3度、バックスピン量4402.7rpm、サイドスピン-1024.2rpm、飛距離175.9y

打感は弾き系ですね。「スチールヘッドXR」アイアン同様球離れも速めで、音もやや高め。この辺は間違いなく360度カップフェースの影響でしょうね。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には文句無しの高弾道でしたね。「スチールヘッドXR」アイアンよりも若干重心位置が高めなのか、ボクのスイングではスピン量にバラツキが出ましたが、その辺は操作性の高さの証明にもつながると思います。

出球傾向はボクのスイングでやや強めのドロー系。操作性がやや高めなモデルなので、スピンコントロール(ボクには出来ませんが・・・w)も可能なモデルだと思います。

シャフト挙動ですが、これは素直に中間がしなる感じ。NS特有のインパクト時のグニャリ感ですが、これはスルーボア構造(ネックにシャフトが貫通している構造)の影響か全く感じませんでしたね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりのおすすめですね。「スチールヘッドXR」アイアンに比較すると、やはり操作性が高めでしたね。オートマチックにドーンとつかまった球を打ちたい人には「スチールヘッドXR」アイアンがおすすめですが、ある程度意図的に弾道をコントロールしたい人にはこの「スチールヘッドXRプロ」アイアンがおすすめでしょう。つまり、ある程度操作技術がある人向け!! ボクのエース「Xフォージド」アイアンにはなんの不満もありませんが、「スチールヘッドXRプロ」アイアンのほうがボクレベルにはいいのかもしれません。やばい、コレ欲しいかも!! ゴルフに行く時間が少なくなっているだけに、クラブがその分をカバーしてくれたら・・・とか思ったりしている自分がいます(笑)

<キャロウェイ「スチールヘッドXRプロ」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:9▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:17-4ステンレス
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO950GH」(S=98g/1.8/中調子)、「NSPRO MODUS3 TOUR120」(S=114g/1.7/中元調子)、「ダイナミックゴールド」(S200=129g/未発表/手元調子)。
■価格:6本(#5~PW)セット10万2000円+税、単体(#3、#4)各1本1万6000円+税。
■発売予定日:2017年3月下旬
■備考:左用なし