どーもです。

シンカグラファイト「ループ」シャフト試打時に打ったヘッドですが、地クラブのバルド「COMPETIZIONE568 DRIVER 460」「同420」、Jビーム「FX BM420SE」でした。いずれも打つ機会の無かったモデルですので、この機会にレポしておきたいと思います。今日紹介するのはJビーム「FX BM420SE」ドライバー。Jビーム自体初体験でしたが、小さめヘッドのわりには結構好印象でした。これもいいですね。地クラブ系はあまり打てていませんが、打ってみると結構好印象モデルもいっぱいあるんですね。そんなわけで、いってみましょう!!

まずは見た目から。

ソールデザインはシンプルですね。トゥ・ヒール方向とソール後部にウエート装着モデルなので、小振りのヘッドでも扱いやすさを意識したモデルのように感じます。

フェースはセミディープ。小振りなモデルでね。

ボディはセミディープで、ミドルバックですかね。結構重心深度も確保されているようなイメージでした。

後ろ姿ですが、ややトゥが立っているような感じです。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積はやや少なめ。形状的にはトゥ側バックにボリュームが確保されているようなイメージでした。

今回試打したのはループ「プロトタイプ」シリーズおよび「バブルライト」ですが、その中でGKは昨日お届けしているので、もう1つの60g台シャフト「プロトタイプCL」と「バブルライト」の2モデルをレポします。

まずは「プロトタイプCL」Sフレックス装着モデル。スペックはロフト角10度、ライ角は不明、長さ45.5インチ、総重量314g、バランスD2。ヘッド体積は438cm3。シャフトスペックは重量64g、トルク3.9。

まず持ってみた感覚ですが、総重量的にはいい感じでグリップも太めですね。シャフトを手でしならせてみるとこれも超ニュートラルな印象ですが、素振りしてみるとやや手元にしっかり感があるようなイメージでした。

実際に打ってみると、結構男前な弾道でしたね。見た目の弾道はロースピンの強弾道イメージ。3球平均の3球目は球を上げようとして若干あおり気味になったのですが、そういうのも出球にしっかり表れてしまいますね。そういう意味でこの組み合わせもシビアな印象ですが、打てると距離も期待できそうなモデルでしたね。

スカイトラック弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

<3球平均>
HS42.4m/s、初速61.5m/s、打ち出し角14.3度、バックスピン量2289.9rpm、サイドスピン50.1rpm、飛距離235.1y
<ベスト>
HS42.6m/s、初速61.5m/s、打ち出し角14.3度、バックスピン量2710.1rpm、サイドスピン389.8rpm、飛距離235.9y

打感はマイルド系ですね。結構フェースの乗り感があって、いわゆる分厚いインパクトでした。音は心地良い中高音系ですが、やや金属音が混ざっていたようにも感じました。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には中弾道です。スピン量も少なめの強弾道イメージ。

出球傾向ですが、ボクのスイングでフェード系でした。動画弾道はちょっとつかまえてみようと思って、インパクトでちょっとつかまるイメージで振ってみましたが、それでもフェード系でしたね。

シャフト挙動についてはこちらをどうぞ!

続いて「バブルライト」装着モデルですが、スペックは45.75インチ、総重量294.5g、バランスD0.7。シャフトスペックは重量46g、トルク4.6。

まず持ってみた感覚ですが、これは軽量級でグリップもやや細めだったかな。シャフトをしならせてみると、これは結構中間から先あたりがしなりましたね。素振りしてみると、いい感じのヘッドが走りそうなイメージでした。

実際に打ってみると、軽量級のわりにはしっかり振っていけるイメージでした。いつもの感覚で振ると前述のCL同様ややフェード系のイメージでしたが、意識的につかまえようと思ってつかまえにいけば、いい感じでつかまります。動画を見てもらえればわかると思いますが、これはつかまえにいったモノです。ヘッドが同じでもシャフトでこれだけ出球が変わるとなると、やはりフィッティングが必要だってことですね。でも、この組み合わせは結構ご機嫌かも!!

スカイトラック弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

<3球平均>
HS42.4m/s、初速61.6m/s、打ち出し角15.0度、バックスピン量2435.7rpm、サイドスピン231.6rpm、飛距離240.4y
<ベスト>
HS42.2m/s、初速61.3m/s、打ち出し角15.3度、バックスピン量2258.2rpm、サイドスピン-129.2rpm、飛距離241.4y

打感はマイルド系ですね。軽量シャフトでも当たり負け感はなく、芯を若干外してもヨレ感はなし。音も「CL」同様でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、やや高めの中弾道。これはしっかり芯を食った手応えで、芯を食うとやはりロースピンなんですね。この弾道は理想的で、この弾道をコースで打てれば100叩きなんかないですよね・・・w

出球傾向は、ボクのスイングでフェード系でしたが、つかまえようと思えばいい感じにつかまりますね。この組み合わせ、ボクにはアンダーかと思っていましたがかなりいい感じでしたわ~!!

シャフト挙動についてはこちらをどうぞ!

今回ボクは試打した限りでは、「CL」S装着モデルはHS45m/sは欲しい感じで、「バブルライト」R装着モデルはHS40~43m/sあればOKだと思います。「CL」装着モデルは叩けるヒッタータイプ向けイメージでしたが、「バブルライト」装着モデルは、アンダースペックかと思いきやボクレベルでも十分扱えるというか、ちょうどいい感じだったかも・・・(汗)

<Jビーム「FX BM420SE」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
◎「プロトタイプCL」▽飛距離:9▽上がりやすさ:8▽操作性:9▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:7
◎「バブルライト」▽飛距離:9▽上がりやすさ:9▽操作性:9▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:9