どーもです。

週末を挟みましたがループシャフトの試打で初体験したヘッド、地クラブのバルド「COMPETIZIONE568 DRIVER 460」「同420」ですが、今日紹介するのはバルド「COMPETIZIONE568 DRIVER 460」(以下「460」)。パーツ販売モデルはフィッティングでそれぞれに合ったモノを作れるのが醍醐味ですが、試打は組み上がったモノになります。フィッティングもしていないクラブの試打レポも若干乱暴ですが、まぁ、とにかくレポしてみましょう。

まずは見た目から。

ソールデザインですが、なんか男の子供心をくすぐるようなデザインですね。全てに意味があると思いますが、どんな意味があるのかはよくわかりません。左右のミゾなんか空力も意識しているのかなと思わせるデザインです。

フェースはセミディープですね。460cm3の大型ヘッドにしてはややディープ気味に感じるフェースでした。調べてみるとどやらカップフェースのようですね。

ボディもセミディープで、ハイバックですね。結構男前なボディに感じました。

後ろ姿ですが、ウエート装着なんですね。初期装着は8gのようです。

構えてみるとこんな感じ。写真の取り方でフックフェースに見えますが、実際にはストレートです。大型ヘッドのわりには洋ナシ型を意識しているような形状に感じました。

今回試打したのは、ループ「プロトタイプGK」SX装着モデル。スペックは、リアルロフト角9.7度、ライ角59度、長さ45.5インチ、総重量315.8g、バランスD3。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量68g、トルク3.3。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはいい感じ。グリップの太さもいい感じでした。手でしならせてみると中間がしなる感じで、素振りしてみると超ニュートラルなイメージでしたね。

実際に打ってみると、いきなり240yオーバーにビックリ!! SXというフレックスにちょっとビビリ気味での試打でしたが、シャフトが超ニュートラルな分、ヘッドの重心位置がクラブの性格を決めてくれると思います。ボクの第1印象は、「おっ、いいじゃん!!」でした。データ取り3球では以前の持ち球であるドロー系を連発でした。大型ヘッドのわりにはヘッドが自然に返る感じもあって、重心角はそこそこ確保されているように感じました。

スカイトラック弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

<3球平均>
HS41.8m/s、初速60.8m/s、打ち出し角16.8度、バックスピン量2416.6rpm、サイドスピン-400.3rpm、飛距離241.3y
<ベスト>
HS41.9m/s、初速60.9m/s、打ち出し角17.1度、バックスピン量2319.0rpm、サイドスピン-539.5rpm、飛距離242.7y

打感がソリッド系。弾き感とマイルド感がいい感じに混ざり合ったイメージですね。音は「カシャッ!!」とやや高めのシャッター音でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道ですね。ロフト通りに球が上がると思いますが、数日前に書いたとおりシャフト挙動で球が上がっているイメージは無いので、この重量をしっかり振り切れれば球は上がると思います。スピン量は少なめですが、低スピン化が進む昨今では、適量かな。

出球傾向ですが、ボクのスイングでいい感じのドロー系。動画では叩きにいってプッシュアウトしていますが、狙いは正面に見える230y表示右の三角マークでした。それでも打ち出し方向に真っ直ぐだと思います。

シャフト挙動はこちらをご参照くださいな。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでもHS43m/s以上あれば十分振れるモデルなんじゃないかなと思います。シャフトは超ニュートラルなので、その分スイングのミスがリニアに出球に反応しそうな気配はありました。そういう意味ではこの組み合わせは上級者向けなのかもしれませんが、ボクレベルでも十分使えそうな雰囲気でした。最近増えているお助け系クラブばかり打っているとこういうプレーヤーのスイング次第というクラブには「難しさ」を感じますが、それでもそのポテンシャルの高さと飛距離性能は実感できました。この組み合わせは10万オーバーになりそうですが、欲しいかも・・・(汗)

<バルド「COMPETIZIONE568 DRIVER 460」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9▽操作性:9▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=8-1-1チタン、フェース=DAT55G
■価格(ヘッド価格):6万5000円+税