どーもです。

今日紹介するのはバルド「COMPETIZIONE568 DRIVER 420」(以下420)ドライバーです。パーツ販売モデルはフィッティングでそれぞれに合ったモノを作れるのが醍醐味ですが、試打は組み上がったモノになります。しかも今回試打したこのヘッドのネック側には鉛も貼ってありますが、どうやらシャフトメーカー担当さんの私物のようでした!! そんな「420」ですが、とにかくレポしてみましょう。

まずは見た目から。

昨日紹介した「COMPETIZIONE568 DRIVER 460」ドライバー(以下「460」) に比較するとヘッド自体かなり小振りに見えました。ソールデザインは一緒ですが、かなり小振りです。

フェースがガッツリディープ!! 最近ではあまり目にすることのない、希少価値のあるヘッドですな。それにしてもすごいディープぶり!

ボディもガッツリディープで、ハイバックですわ~!! 「460」で男前とか思った自分が恥ずかしいですな・・・

後ろ姿ですが、もうコンパクトの一言!

構えてみるとこんな感じ。これも写真の取り方でフックフェースに見えますが、実際にはストレートです。投影面積が小さめで洋ナシ型ですが、見た目からはシビアさしか感じませんな!

今回試打したのは、ループ「プロトタイプGK」SX装着モデル。スペックは、リアルロフト角9.7度、ライ角59度、長さ45.25インチ、総重量316.4g、バランスD3。ヘッド体積420cm3。シャフトスペックは、重量68g、トルク3.3。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはいい感じでグリップの太さもいい感じ。手でしならせてみると中間がしなる感じで、素振りしてみると超ニュートラルなイメージでしたが、これは「460」と一緒ですね。

実際に打ってみると、「460」同様240yオーバー! SXというフレックスの感覚もわかっていたのでガッツリ振っていきましたが、シャフトが超ニュートラルな分、かなり操作性が高そうなイメージを受けましたね。そういう意味でのシビアさはありますが、意外と弾道的には「460」と一緒なのにはビックリですね。これだけディープだと叩かなきゃいけないとか思っちゃいますが、意外と同じ感覚で振って距離が出るのはボクレベルにはうれしいかも!! ただし、球の上がり方は「460」ほどクラブが上げてくれる感覚は無かったかもしれませんね。

スカイトラック弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

<3球平均>
HS42.5m/s、初速61.7m/s、打ち出し角14.8度、バックスピン量2534.5rpm、サイドスピン-109.0rpm、飛距離242.3y
<ベスト>
HS42.6m/s、初速61.8m/s、打ち出し角16.0度、バックスピン量2606.0rpm、サイドスピン-261.5rpm、飛距離246.3y

打感がソリッド系。「460」同様弾き感とマイルド感がいい感じに混じり合ったイメージで、音も「カシャッ!!」とやや高めのシャッター音でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的にはやや高めの中弾道かな。たまたま動画弾道は高弾道ですが、この動画若干トゥ側に外した感じでした。おそらく大型ヘッドであればクラブがカバーしてくれそうなイメージですが、このヘッドだとやはりシビアですね。

出球傾向は、ボクのスイングでいい感じのドロー系でしたが、意図しない逆球もたまに出ちゃいました。まぁ、操作性が高い証明でしょうけどね。

シャフト挙動はこちらをご参照くださいな。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでも「460」同様HS43m/s以上あれば十分振れるモデルだと思います。この「420」もシャフトは超ニュートラルなので、その分スイングのミスがリニアに出球に反応しそうな気配はありましたが、そのシビアさは「460」とは段違い! 「460」も上級者向けだと思いましたが、この「420」はより弾道をコントロールしたいという人とその技術と持った人向けでしょうね。

<バルド「COMPETIZIONE568 DRIVER 420」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:8▽操作性:10▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:7
■ヘッド:ボディ=8-1-1チタン、フェース=DAT55G
■価格(ヘッド価格):6万5000円+税