どーもです。

懐かしいモデルを試打出来ました。03年発売のタイトリスト「983K」ドライバーですが、とあるゴルフライターさんの私物です。お借りしたのはフジクラ「Speeder EVOLUTION757 TS」という超ハードスペックで、ぶっちゃけいまのボクにはオーバースペックなモデル。でも、せっかくお借りしたのでレポしたいと思います。

まずは見た目から。

この時代のタイトリストはボクの記憶が確かであれば、バリバリアスリートモデルだった時代で、クラブも「使えるもんなら使ってごらん!!」的オーラを発していた時代だったと思います。デザイン的にもシンプルですね。スルーボアだったんですね!!

フェースも小振りですね。今見るとシャローに感じますが、ヘッド自体が小振りですんもんね。トップラインがストレートだったんですね。

ボディも小振りのミドルバック。一昔前ってな雰囲気ですが、冷静に考えてれば「10年一昔」ですから、一昔以上前のモデルなんですよね。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。洋ナシ型で「ザ・タイトリスト」ってな感じですね。「いつかはタイトリスト」とか思っていた時代のモデルだったなぁ~となんか感慨深いモノがあります。

今回試打したのは、フジクラ「Speeder EVOLUTION757 TS」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角9.5度、ライ角57度、長さ44.5インチ、総重量329g、バランスD0.5。ヘッド体積365cm3。シャフトスペックは、重量77g。トルク3.1、中元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、総重量的には重めですが、バランスが軽めな影響でそれほど重量感を感じませんでしたが、グリップはかなり太めでしたね。シャフトをしならせてみると、もう完全に棒のようでした。しなりなんかほぼ感じません。素振りしてみると、まぁ~ボクレベルでは歯が立たないイメージだし、このシャフトを自分でしならせられるのか不安でしたね。

実際に打ってみると、まず球は今のクラブのようには上がりません。最近の上がりやすいクラブに慣れたせいか、ロフト通りなんでしょうけど中弾道ですね。重さのイメージがあって力んでしまいプッシュアウトしていますが、意外と想定の範囲内でした。なんとなく打ち方がわかってからは弾道が安定しましたが、その3球平均をみるとスピン量的には適度な感じでしたね。ただし、やはり芯が狭め。ちょっと芯を外すと飛距離が出ないし、右も左も出ちゃうシビアさは感じました。まぁ、この辺が当時のタイトらしさといえば、らしさだったりするんですけどね・・・w でも、こんな完全にオーバースペックなモデルでも、意外と打てるんですね。

スカイトラックデータの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS43.1m/s、初速59.7m/s、打ち出し角14.3度、バックスピン量2532.1rpm、サイドスピン-179.5rpm、飛距離227.5y
【ベスト】
HS42.8m/s、初速59.4m/s、打ち出し角15.2度、バックスピン量2735.6rpm、サイドスピン-117.3rpm、飛距離229.5y

打感はかなりマイルドですね。この辺はさすがタイトリスト。芯を食えば、ガッツリフェースに乗っているような分厚いインパクトを味わえます。音はタイトらしい中音系!

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、中弾道ですね。この弾道は30球くらい打って打ち方がわかってから、試しにつかまえてみた弾道です。つかまえにいってもほぼストレート。もっとチーピンがでるかなと思いましたが、ハードスペックなせいか、ちょうどいい感じでした。

出球傾向は、ボクのスイングで軽いドロー系。この辺はさすが、小振りヘッドで操作性は良さそうというか、いいですね。シャフトこんなにハードじゃなければスイング通りの出球なんでしょうね。

シャフト挙動ですが、これはもう棒です(笑) ボクレベルでは太刀打ちできません。どこがしなっているかもわからないくらいでしたわ~!

今回試打した限りでは、このスペックで最低でも45~46m/sは欲しいかな。まずは、この重量を振り切れるパワーの持ち主というのが使用最低条件でしょうね。そういう意味では、かなり叩けるモデルだと思います。基本性格的には、操作性が高いモデルでマニュアル系。スペックだけ見るとボクには太刀打ちできないモデルに感じましたが、意外にも打てる感じだったのは気のせいかな。さすがに飛距離はイマイチですが、この時代のタイトは飛距離を求めていなかったような記憶も・・・。そう考えると、「タイトリストも飛ぶようになったな~!」なんて感じでしまいました。

こういうクラブを改めて打つと、ホントにクラブの恩恵を感じますね!!

<タイトリスト「983K」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:7▽上がりやすさ:7▽操作性:10▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:7