どーもです。

ミズノのニューモデルドライバー「MPタイプ1」「MPタイプ2」ですが、今日は「MPタイプ2」ドライバーを紹介しましょう。既報通りこの「MPタイプ1」「MPタイプ2」ですが、ヘッド体積が違います。昨日紹介した「MPタイプ1」は435cm3、今日紹介する「MPタイプ2」は460cm3です。つまり今日紹介する「MPタイプ2」のほうが扱いやすいということが想像できますが、果たしてその通りなのか。レポしたいと思います。

まずは見た目から。

デザイン的には昨日紹介した「MPタイプ1」と一緒で「ウエーブソールテクノロジー」も採用されています。ボディは「MPタイプ2」のほうがやや後部に長くなっていました。

フェースは意外にもセミディープ。「MPタイプ1」とその厚さは変わりませんが、大きさはやや大きめでした。スコアラインの本数が1本少なかったけど、これには何か意味があるのでしょうか!?

ボディはよりストレッチバック形状で、ミドルバックですね。さすがに「MPタイプ2」のほうがやや重心位置が低めなイメージでした。

後ろ姿。

構えてみるとこんな感じ。「MPタイプ1」がそのまま大きくなったような感じでした。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「ツアーAD JD-1」SRフレックス装着モデル。カチャカチャで調整可能なモデルですが、今回は10.5度で試打。スペックはロフト角10.5度、ライ角未確認、長さ45.5インチ、総重量306g、バランスD2。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量56g、トルク5.0、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、昨日の「MPタイプ1」同様総重量的にはやや軽めで、グリップはいい感じの太さですね。シャフトも真ん中が1番しなる感じでした。ヘッドが460cm3と昨日の「MPタイプ1」に対して大型化しているわりには、素振りしてみると「MPタイプ1」同様結構シャープかつニュートラルに振れました。

実際に打ってみた感想ですが、意外や意外!! ボクの想定以上につかまるイメージでした。昨日の「MPタイプ1」よりは確実にオートマチック傾向が強いイメージですが、一般的な460cm3よりもつかまりがいいように感じました。これはシャフトとの相性もあるかもしれませんね。いや~、なんかこれまでの「MPクラフト」ドライバーとは確実に一線を画するモデルに感じました。少なくともこのスペックを打ってみると「JPX」とのすみ分けが今ひとつ分からないというか・・・。まぁ「JPX」よりも「MP」のほうがブランド的にアマチュアの優越感を満たしてくれるとは思います。と、まぁ、ボク的にはそれくらい「JPX」に近づいたモデルのように感じました。もちろん、シャフトを入れ替えればその性格も豹変するんでしょうけど!!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データがこちら。

【3球平均】
HS42.2m/s、初速59.5m/s、打ち出し角16.7度、バックスピン量2766.7rpm、サイドスピン-138.2rpm、飛距離233.8y
【ベスト】
HS41.5m/s、初速60.4m/s、打ち出し角15.8度、バックスピン量3091.9rpm、サイドスピン143.9rpm、飛距離235.6y

打感はソリッド系。この辺のフィーリングはヘッド体積が変わっても同じで、さすがミズノって感じです。もちろん、シュパッと小気味の良い音です!!

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的にはしっかり高弾道です!! 少なくとも「MPタイプ1」よりはオートマチックに球が上がりますね!! スピン量は総じて少なめですね。

出球傾向ですが、ボクのスイングで基本的には以前のドロー系です。ボクの感覚では今までの「MPクラフト」ドライバーのイメージからは想像出来ないくらいのつかまりやすさで、かなりオートマチックになっているように感じました。とはいえやはり強振するとプッシュアウトはありますが、これはボクのスイングの問題ですので・・・(汗)

シャフト挙動ですが、「MPタイプ1」同様ニュートラルに中間がしなる感じでした。ヘッド体積が大きくなっている上にSRモデルなので、シャフト挙動ももっと大きく変わるかなと思いましたが、それほど差は感じませんでした。とはいえ、若干芯を外しているような感じだったのも否めません。同じタイミングで両者を打っているので、ボクのスイングにはヘッドが小さめな「MPタイプ1」のほうがあっていたようにも感じました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにおすすめ。「MP」とは思えない、まるで「JPX」シリーズを思わせる扱いやさしさを具現化したモデルだと思います。シャフトでその性格はガラッと変わる可能性もありますが、少なくともこのスペックであれば払い打ちのスインガータイプでも充分使えるモデルだと思います。これが「進化」といえばその通りですが、ちょっとだけ「MP」のブランドとして本当にいいのかという疑問があったのも否めません。まぁ、タイトリストも打ちやすいモデルに移行しているし、プロもそういうモデルを要求しているのかもしれません。アマチュアの方がより難しいクラブを選んでいるのかもしれませんね。

<ミズノ「MPタイプ2」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
飛距離:9▽上がりやすさ:7▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:8
■ヘッド:フェース=α-β系チタン合金(SP700)、クラウン=β系チタン合金(Ti-8AL-1MOL-1V)
■シャフト(重量/トルク/調子):オリジナルカーボンシャフト「ツアーAD JD-1」(S=58g、SR=56g/5.0/中調子)。グラファイトデザイン「ツアーAD TP-7」(S=73 g/3.0/中調子)、同「ツアーAD TP-6」(S=65g/3.2/中調子)。フジクラ「Speeder669 EVOLUTIONⅢ」(S=66.5g/3.8/先中調子)。三菱レイヨン「ディアマナBF60」(S=65.5g/3.9/中手元調子)
■価格:1本6万3000円+税