どーもです。

昨日に引き続いてのハラケン「DOCUS」ですが、今日紹介するのは「DCD703」ドライバーです。昨日紹介した「DCD711」に比較すると見た目でも明らかにシャローなので、打ちやすそうなイメージを受けます。果たしてその実力は見た目通りなのでしょうか。確認してきましたので、早速レポしてみましょう。

まずは見た目から。

デザイン的にはこの「DCD703」もシンプルですね。ソールにはうねったミゾが刻まれていますが、トゥ側、ネック側でその幅が違うのはきっとなにかしら意味があるんでしょうね。

フェースはシャローですね。ややトゥ・ヒール方向に長めなイメージだったかな。

ボディもシャローで、後部に長いストレッチバック形状です。重心深度もしっかり確保されているモデルでしょう。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積が大きめで、安心感のあるモデルだと思います。またクラウンの塗装も特殊なんじゃないかな!?

今回試打したのは、DOCUSブランドシャフト「Longbow」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角60度、長さ45.5インチ、総重量297.8g、バランスD1。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは52g、トルク4.5、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、総重量的にはさすがにこれは軽めですね。でも、意外にもグリップはやや太めでした。見た目でもシャフトの手元は太めに見えましたね。シャフトをしならせてみると、同じSフレックスでも昨日紹介した「Slugger Type-T」Sよりもやや柔らかめでした。しなりポイントは中間からやや先端部だったかな。素振りしてみると、ダウンからインパクトにかけて中間からやや先端にかけてしなる感じで、イメージ的には中先調子のイメージでした。

実際に打ってみると、「DCD711」に比較して明らかに球の上がり方が違いました!! 「DCD703」は見た目通りクラブが球を上げてくれモデルで、オートマチックに「ドーン!!」と大きな弾道を味わえると思います。基本的につかまりもよく、クラブが球をつかまえてくれますね。「持ち球復活!!」ってな感じした。そうそう、「DCD711」に比較して、総じてスピン量は少なめ。これもう見た目通りの低重心モデルということを実感できました。ただし、ちょっと気になったのが「音」。レンジで打った限りでは、やや大きめで金属系の甲高い感じが若干気になったかな。まぁ、何球か打っている間に慣れましたが、最初はちょっと「おっ!!」って!! まぁ、某社の某モデルほどではありませんでしたけどねぇ!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.5m/s、初速59.9m/s、打ち出し角17.3度、バックスピン量2628.7rpm、サイドスピン-393.6rpm、飛距離234.8y
【ベスト】
HS43.0m/s、初速59.7m/s、打ち出し角17.7度mバックスピン量2483.7rpm、サイドスピン-285.1rpm、飛距離237.8y

打感は弾き系。若干弾き感強めだったかな。音も前述通り音が結構大きめなので、最初はちょっと「おっ!!」って思うかもしれません。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道。クラブがオートマチックに球を上げてくれるイメージですね。打ち出し角が高く、スピン量もやや少なめ。これでなんでスカイトラックデータの飛距離が240yオーバーにならないのか不思議ですわ~!

出球傾向は、ボクのスイングでも軽いドロー系。大きめヘッドのわりには重心角が確保されているのか、つかまりはいいモデルでした。シャフトとの相性もあるかもしれませんね。

そのシャフト挙動ですが、個人的には中間からやや先端部にかけてしなるようなイメージでしたね。この「Longbow」はSでもややマイルドに感じました。昨日紹介した「Slugger Type-T」は手元の重量感がイマイチでしたが、この「longbow」はマイルドだけど手元の重量感はある感じでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにおすすめ。スイングタイプ的にはボディターンタイプの払い打ちで、持ち球的にはフェード系の人に良さそうです。クラブがオートマチックに球を上げてくれるし、つかまえてくれるモデルなのは間違い無いと思います。不思議だったのはスカイトラックデータの飛距離。ボク的にはガッツリ芯を食った手応えでも、なぜか240yオーバーが1発も出ませんでした。弾道を見る限り結構安定して飛んでいたようにも見えたんですけどね~! 結論的には、見た目通り打ちやすさ満載のクラブでした!!

<ハラケン「DOCUS DCD703」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:6▽ミスの許容度:9
■ヘッド:6-4チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「DOCUS Slugger」(X=60g、S=58g/3.4/中調子、R=56g/3.4/中先調子)。「DOCUS Slugger Type-D」(X=72g、S=69g、SR=67g/3.3/中調子)。「DOCUS Slugger2」(X=69g/4.8、S=65g/5.2、SR=61g/5.6/中先調子)。「DOCUS Longbow」(S=52g、SR=50g、R=48g/4.5/中調子)。「DUCUS Longbow2」(S=51g、SR=49g、R=48g/5.5/先調子)。
■価格:「DOCUS Slugger」装着モデル、「DOCUS Slugger Type-D」装着モデル1本9万2000円+税。「DOCUS Slugger2」「DOCUS Longbow」「DUCUS Longbow2」装着モデル8万7000円+税。