どーもです。

千葉・丸の内俱楽部でラウンドしてきました。某女性演歌歌手とその事務所関係者とのプライベートラウンドですが、この女性がマジで上手すぎ!! 業界風に言えば「クリビツテンギョウ!!」でした。こんなこという牛、怪人には会っていませんが・・・w 何はともあれ、丸の内倶楽部のラウンドレポをお届けしましょう。

この丸の内倶楽部ですが、経営がPGMになっているのに驚きましたw かなり前に1度プレーした記憶はありますが、ホールロケーションは全く覚えていませんでした。でも、妙に覚えているのはコースレートがJGAではなくUSGAのだったこと。今回はレギュラーティ使用でアウト3,151y、イン3,061y、トータル6,212yですが、この日はほとんでフロンティ使用状態でアウト2,813y、イン2,744y、トータル5,557yと距離は短め。グリーンセッティングは表示されていませんでしたが、かなり硬めで9フィートくらいの感覚だったかな。コースレートは無いようです。

今回のラウンドでは、JGF2017後編でちょっとだけ紹介した非公認球「極」を投入。前半インコースはHSが遅い人向けの「極タイプゴールド」、後半は速い人向けの「極タイプブラック」を使用。両者の詳細は明後日レポします!!

インスタート10番は303yミドル。

左手前の右はOBというレイアウト。ここは距離も無いので、X HOT 5Wを選択。良い感じに打ててFWキープ。

残り98y(EAGEL VISON VOICEⅡ使用。グリーン周り、上は歩測距離)52度がトップ!! グリーン奥ピンまで28y52度寄せは、ちょっとかんでしまいピン手前9yと寄らず。奥から下りのパットでしたが、タッチがあって2パットのボギー。

11番は311yミドル。

ここも左一部と右はずっとOBです。ここはアゲの風を感じてX HOT 3Wを選びましたが、打ち出しから左気味で左ラフ。

残り93y52度ショットは打つときに風がやんで、ピン奥11y。下りのダブルブレークラインでしたが、カップ手前のスライスの方が強いと読みましたが、ここは距離合わせ。でも、これがカランって!! ラッキーバーディゲット!

12番は366yミドル。

レイアウト的には谷越えで前が見えず、左右にOBが点在するちょっとやっかいなホールでした。「知らないホールは見える場所に打つ!」ということで、X HOT3 Wを選択しましたが、ここで痛恨のトップ。谷を越えずOB。前進4打使用で残り123yでしたが、PWショットが右から左の風に乗りグリーンに着弾しながらも左にバウンド。ピンまで12y52度寄せはピン手前3yでしたが、スライスラインを沈められず2パットでトリプルボギー。

バーディからのOBでトリ。これは痛い!!

13番は521yロング。

ストレートですが、ここも右はずっとOB。ティショットはこの日初となったG30。まずまずの当たりでFWキープ。アゲの風を感じたので、残り280yは100y残しイメージでロマロUT。これもまずまずで無事FWキープ。残り108y48度ショットはまたもやトップ気味でピンを12yオーバー。下りのタッチ合わせのつもりがパンチが入ってしまい、4yオーバー。上りを打ち切れず3パットのボギー。

14番は274yミドル。

風はアゲでやや左ドッグレッグ。ここはボールテストも兼ねてG30で強振。やや左気味で左ラフ。

残り41y58度でしたが、下が柔らかめで難しそうなイメージ。そんなことを気にして打ったら、案の定ショート。ピンまで13y52度を打ちすぎて10yオーバー。連続3パットの素ダボでこれはヤバイ流れ!!

15番は136yショート。

風は回っている感じ。ティがやや手前&ピンも手前で125y読み。PWショットはピン右7yにオン。ここは2パットで無事パーセーブ。

悪い流れを断ち切れるか!?

16番は271yミドル。

右ドッグレッグで打ち上げですが、右は池。風は回っている感じでした。狙いたい気持ちをグッと抑えて、ティショットはロマロUT。

ここは無事FWキープで残り72y。58度ショットは良い感じに打てたけど、ピン奥11y。奥からこのハーフ3度目の3パットで痛恨のボギー。

17番は132yショート。

風は左前からの軽いアゲ。PWショットは良い感じでしたが、わずかに右。ピンまで10yパター寄せはミスヒットで2yショート。これをクルンさせてしまい2パットでボギー。

18番は460yと距離の短いロング。

グリーン手前は大きな池で右から攻めるしかないロケーションですが、右はずっとOBです。風は左からの軽いフォロー。G30ティショットは会心の一撃でFW左キープ。

残り161yですが池が微妙にかかるのと木が邪魔してピンは見えません。でも、この距離を刻むなんて・・・できませんよね!! #7で2オン狙いショットは、軽くかんでショート。力む必要ないのに・・・。でも考えてみるとこの日アイアンをもつのはこれが初めて!?

残り20y52度寄せはピン手前4yとまずまず。上りフックと読んだけどカップ際を真っ直ぐ抜けてしまいましたが、タップインでパーセーブ。

ボクレベルでは、「距離が短ければスコアが出る」というわけではないということですね。前半はOBトリに素ダボがありましたが、8オーバーの「44」。パットは3パット3回で20パット。前回引っ張り出してきたオデッセイ「ホワイトホット#7」の新古車効果はすでに切れたかも・・・w でも、課題だったティショットのスライスは1度も出ませんでした。これって、ボールの効果なのかな!?