どーもです。

PRGRのニューモデル「RS2017」シリーズとして「RS2017」「RS-F2017」ドライバーの新製品発表会が行われました。「RS」シリーズですが、池田勇太プロが使用していた「RSドライバーF」ドライバーが反発規制に反するモデルとして販売自粛となりました。もともと「ギリギリ」をうたい文句にしていましたが、ニューモデルのキャッチコピーは「こんどのギリギリは、もっとやばい。」でした!! なにがどうやばいのか。GOLFZONシミュレーターですが、試打してきましたのでレポしたいと思います。

ギリギリをうたい文句にしたモデルですが、反発規制に引っかかってしまったのは「RSドライバーF」ドライバーでした。つまり「RS」は引っかかっていないため、本来であれば「RS2017」は出さなくても良いモデルなのかもしれません。ですが、敢えて「RS2017」もラインアップしたのはPRGRの企業として意地でしょうね。

今回発表された「RS2017」「RS-F2017」ですが、先代のWクラウンを踏襲した設計で広い打点での高初速を目指しています。そして、何よりもルール範囲内でのギリギリを実現するための設計と品質管理を徹底化しています。

「RS2017」はよりつかまりが良い、「RS-F2017」はフェードを打ちやすいというのが売りのようです。

まずは「RS2017」ですが、見た目はこんな感じ。

フェース

クラウンはこんな感じで

シャフトです。

というわけで、実際に打ってみました。試打モデルのスペックはロフト角10.5度、シャフトはオリジナルシャフト「RS」M43モデル。持ってみた感覚では、若干軽めで、素振りしてみても全体的にシャフトのしなり感があってS相当にしては柔らかめなイメージでした。

実際に打ってみると、打感ですが弾き系に感じましたね。先代はもっとマイルドだったような印象ですが・・・。シミュレーターの結果はこんな感じでした。

今ひとつ見方が分かりませんが、トータル飛距離246yでいいのかな!? まぁHSは表示されていませんが初速が63m/sなので、いつものスカイトラックよりは若干初速が速くなっていましたね。弾道的にはシミュレーター頼りですが、設計通りのドロー弾道。この結果を見る限り、かつての持ち球だったと思います。

続いて「RS-F2017」ですが、見た目はこんな感じ。

フェース

クラウンはこんな感じで、

シャフトです。

試打モデルのスペックは、ロフト角10.5度でオリジナルシャフト「RS-F」M-43モデル。持ってみた感覚はこちらも若干軽めでした。素振りしてみると、「RS」に比較すると若干シャープに振れるイメージもありましたね。

何球か打ってみましたが、トータル飛距離は242yと「RS-F2017」とほぼ同等。初速も63m/sなので一緒ですが、なぜか「RSドライバーF」はほとんどがこの球筋でした。コスっている印象がなく、しっかりつかまった感じでも、シミュレーター的にはこの弾道というのが頭の中ですは「?????」が渦巻いていました。

オリジナルシャフト「M43」モデルはさすがにちょっと軽量で、やや柔らかめですね。そこでカスタムシャフトモデルもいくつか試打してみましたが、個人的には「RS-F2017」&三菱ケミカル「FUBUKI V60」の組み合わせがベストだったかな。シミュレーターの結果はこんな感じ!! 

両者の差は「つかまり」だと思います。先代とコンセプトは変わっていないと思いますが、今回試打してみて気付いたのはシャフトも含めてのトータルの味付けの差が「RS2017」はつかまるヘッドにつかまるシャフトの組み合わせ、「RS-F2017」はややつかまるヘッドに、ニュートラルなシャフトの組み合わせなのかなって思いました。

同発表会では、ドラコン大会も開催されていました。3球を打ってシミュレーターでの飛距離を争うというモノですが、まぁ業界関係者は猛者ぞろいだし、病気してめっきり飛距離も落ちていますから、「まぁ、賑やかしで・・・」ってな軽い気持ちで参加してみました。

実はこのドラコンイベントのナビゲーターが、以前マーク金井氏のインターネットラジオに出演させていただいた時のDJで最近すっかりゴルフ女子のシンディこと新宮志歩さんだったというもあるんですけどね(笑)

試打の際、M43はちょっと柔らかめな印象だったので、このドラコンイベントではM46を選択。ヘッドは「RS-F2017」で、結果は251yでベスト5にも入りませんでした。ちなみに、優勝は300yオーバー。たまたまこの記録が出たシーンに立ち会いましたが、会場からはどよめきが起きましたからね!!

そんな感じですが、実はこの原稿を書いている段階で、すでに試打クラブが届いているというPRGRの対応にPRGRの本気度を感じたりしています!!

というわけでは、試打レポを近くお届けします!