どーもです。

ちょっと前に新製品発表会をレポしたPRGRのニューモデル「RS2017」「RS-F2017」ドライバーを試打してきましたので、レポしたいと思います。新製品発表会レポの原稿を書いている時には、すでに試打クラブを送ってくれたPRGRの対応の速さに感謝しつつ、今回のモデルに対する気合いの入り方も感じたりして!! それにも関わらず結局アップが遅れましたが、発売週なので「ちょうどいいかな」と自己弁護してみたりして(笑) まぁ、そんなわけで、まずは「RS2017」ドライバーから紹介してみましょう。

まずは見た目から。

「RS」ドライバーと形状やウエートポジションなどはほぼ一緒だと思いますが、デザインは別モノですね。「RS2017」はほぼブラックボディで精悍さを感じます。

フェースはややディープ気味なセミディープタイプですね。形状的にはこの「RS2017」も「RS」とほぼ同じに見えました。

ボディはシャロー気味ですね。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積は大きめですが、形状的には「RS」ドライバーとほぼ一緒でしょう。見た目の変更というよりは、見えない内部の変更や個体差の管理なんでしょうね。ちなみに、ネック内部は「新軸構造」になっているようです。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「RS」M43(S相当)装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ59度、長さ45.5インチ、総重量307g、バランスD2。ヘッド体積は460cm3。シャフトスペックは、重量55g、トルク5.2、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフの2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。グリップも気持ち細めに感じました。シャフトをしならせてみると、1番のしなりポイントは中間からやや先にかけてだったように感じました。素振りしてみると、結構ヘッドが走る感覚もあったように感じましたね。S相当にしてはやや柔らかめなイメージでした。

実際に打ってみると、「RS」よりも球が上がりやすくなっていたように感じました。「RS」に比較してもかなりつかまりがいい印象でしたが、これは重心角とシャフト相乗効果なのかもしれません。弾道的にもほぼドロー系でそろっていたので、より安心して打てるモデルに進化していたようにも感じました。「RS」試打時の昨年夏はまだ体調的に本調子では無かったと思います。思い出してみれば、やたら振っていたように思います。それがゴルフ人生最大のスランプの前兆だったのかも・・・。HS自体は落ちていますが、スカイトラック上での飛距離はほぼ変わらない結果となっていました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS41.9m/s、初速60.9m/s、打ち出し角14.7度、バックスピン量2739.4rpm、サイドスピン-407.7rpm、飛距離235.9y
【ベスト】
HS41.8m/s、初速60.8m/s、打ち出し角15.5度、バックスピン量2852.5rpm、サイドスピン-163.2rpm、飛距離238.1y

打感は弾き系。フィーリング的には「RS」がマイルド系だっただけに、この弾き感にはちょっとビックリでした。打音がやや高めになっていた影響もあるかもしれませんね。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には十分高弾道ですね。動画データはややつかまっちゃった感じですが、打ち出しから高めでそのままライナー性の弾道でグングン前に行くイメージでした。とはいえ、スカイトラックデータでこの弾道で3400rpmオーバーって!! そんな風な弾道には見えませんでしたが、まぁ、目安ってことで!

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系。つかまりは良さそうなモデルですね。

シャフト挙動ですが、1番しなるのは中間から先にかけてで、結構ヘッドが返ってしっかり球を上げつつ、しっかり球もつかまえてくれるイメージでした。これは「RS」でも書いていますが、ボク的には先中調子系のイメージでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにオススメ。つかまりが良くボディターンタイプのスライサーがオートマチックにハイドローが打ちやすいモデルだと感じましたね。この辺は「RS」とほぼ変わっていないと思いますが、よりオートマチック性が高くなっていたように感じましたね。反発規制に触れてしまった「RS-F」の後継モデルだけでなく、「RS」の後継モデルとして敢えてこの「RS2017」もラインアップしたのも納得でしたわ~!

<PRGR「RS2017」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:6▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=チタン(Ti-8AL-1V-1MO)、フェース=チタン(Ti-6AL-4V)、ウエート8g=ステンレス(SUS630)3g=チタン(Ti-6AL-4V)
■シャフト(重量/トルク/調子):「RS M-46」(SX=57g/4.4/中調子)、「同M-43」(S=55g/5.2/中調子)、「同M-40」(SR=47g/5.5/中調子)、「同M-37」(R=43g/7.0/中調子)、「同M-34」(A=39g/8.3/中調子)、「同M-30」(L=37g/8.2/中調子)。三菱ケミカル「FUBUKI V60」(S=62 g/4.9/中調子)。
■価格:「RS」装着モデル1本8万円+税。「FUBUKI V60」装着モデル1本9万円+税。
■発売予定年月日:2017年6月9日