どーもです。

今日紹介するのはPRGRのニューモデル「RS-F2017」ドライバーです。「RSドライバーF」ドライバーの中に反発規制の上限を超えるモデルがあるということで、早急に対応しニューモデルとして登場させたのがこの「RS-F2017」ドライバーです。「ギリギリ」をうたい文句にしていましたから、個体差で反発係数を超えるモデルがあったと聞いています。まぁ、事故と言えば事故ですし、メーカーとしても適切な事態収束対応だったと思っています。何はともあれ、「RS-F2017」ドライバーを紹介してみましょう。

まずは見た目から。

「RSドライバーF」ドライバーとデザインは変更されていますが、形状的にはほぼ同じだと思います。デザイン的にはブラックボディで精悍な感じになっていますね。そういえば、「RS」「RSドライバーF」はチェッカーデザインが一部に採用されていましたが、「RS2017」「RS-F2017」はブラックになっていました。

フェースは「RSドライバーF」同様セミディープタイプですね。「RSドライバーF」もトップラインのトゥ側がこんもりボリューミーでしたが、「RS-F2017」はさらにこんもりしていたような気もしますが、気のせいかな!?

ボディはシャロー気味ですが、「RS-F2017」のほうが気持ちディープになっているようにも感じました。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。「RS2017」と比較しても若干小振りでクラウン形状も丸形ですね。「RSドライバーF」とはほぼ同じような形状だったと思います。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「RS」M43(S相当)装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ56度、長さ45.5インチ、総重量307g、バランスD2.5。ヘッド体積は460cm3。シャフトスペックは、重量55g、トルク4.6、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフの2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはやはりやや軽め。グリップも気持ち細めに感じましたね。シャフトをしならせてみると、こちらは違うイメージで中間から手元にかけてが1番のしなりポイントに感じました。素振りしてみるとほぼニュートラルで、「RS」に比較するとややしっかり感があるかなという感じでした。

実際に打ってみると、やはり最大の違いは出球ですね。さすがにこれだけ開いていると、ドロー系を持ち球にするボクでもちょっと不安感がありました。これは「RSドライバーF」でも同じでしたけど。でもこれが実際は結構つかまるんですよね。おそらく普通のドライバーよりもつかまり自体はいいモデルだと思いますが、ヘッド&シャフトの味付けで「RS2017」「RS-F2017」の違いを出しているでしょうね。って、これも「RS」「RSドライバーF」から一緒なんでしょうが、改めて実感出来ました。ちなみに弾道は、あれだけ開いていてもボクのスイングでほぼストレートからフェード系でした。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS41.9m/s、初速60.0m/s、打ち出し角15.2度、バックスピン量2570.1rpm、サイドスピン-29.8rpm、飛距離233.9y
【ベスト】
HS41.6m/s、初速60.5m/s、打ち出し角15.2度、バックスピン量2499.7rpm、サイドスピン35.7rpm、飛距離236.7y

打感はやや弾き系かな。弾き感があるんだけど、若干マイルドさもあるような感じですが、「RS2017」との違いは打点によってはややマイルド感を感じるところもあったように感じました。打音は、やや高めでしたね。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道。クラブが球を上げてくれるイメージですが、スピン量も少なめなイメージでした。

出球傾向は、ボクのスイングでほぼストレートからフェード系。あれだけ開いているわりには、出球傾向的にはフェード系。いわゆるパワーフェードが打ちやすいモデルなんじゃないかと思います。

シャフト挙動ですが、ボクの感覚ではニュートラルですね。中間から手元にかけてタメを作ってくれる感じですが、重心角との関係かしなり戻りが速いイメージですね。ちなみに、「RS」シャフトのトルク5.2に対して「RS-F」は4.6で、「RS-F2017」によりしっかり感を感じたのはこの辺の影響かもしれません。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにオススメ。
基本的には「RS2017」同様大きな変更はないと思いますが、思うに「RSドライバーF」リリース後にやり残していた反省点などで出来ることを具現化しつつ、製品の個体間のバラツキをより徹底管理するというところがポイントだったんじゃないかと思います。ルールに引っかかってしまった以上「RSドライバーF」は競技では使えないモデルになってしまいました。PRGRにとってプロやアスリートゴルファーを対象にしていたモデルだけに痛手だったと思います。とはいえ、PRGRの企業としての対応は良かったと思います。って、ボクがいうのもなんですけど・・・

<PRGR「RS-F2017」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=チタン(Ti-8AL-1V-1MO)、フェース=チタン(Ti-6AL-4V)、ウエート8g=ステンレス(SUS630)3g=チタン(Ti-6AL-4V)
■シャフト(重量/トルク/調子):「RS-F M-46」(SX=59g/4.1/中調子)、「同M-43」(S=55g/4.6/中調子)、「同M-40」(SR=48g/5.0/中調子)、「同M-37」(R=45g/5.6/中調子)。三菱ケミカル「FUBUKI V60」(S=62 g/4.9/中調子)。
■価格:「RS」装着モデル1本8万円+税。「FUBUKI V60」装着モデル1本9万円+税。
■発売予定年月日:2017年6月9日