どーもです。

昨日はブログ更新できず、すみませんでした。実はネタが尽きています(汗) 試打クラブの手配が間に合わせず、ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承ください。そして毎月末の土曜もしくは日曜でアップしていた「たむ。プロのつぶやき」も今月は異例の金曜日アップです。来週のネタはなんとか確保しましたが、再来週以降はちょっと毎日更新できない可能性も…。なにはともあれ、マンスリー企画「たむ。プロのつぶやき」をお楽しみください。

突然ですが、あなたはストレート? それともグース?

あっ、今月は平日に昇格しましたたむ。プロです(笑)

先日ですね、ゴルフクラシックさんの試打インプレッションコーナでアキラプロダクツさんの新製品を打たせていただいたのですが

僕自身久し振りな・・・。それこそ高校生の時に使っていた、ジャンボ尾崎さんのアイアンの「MTNⅢ PRO MODEL」ウエッジ以来のグースネックを打ちました。感触は

あまりに普段のウエッジと違います(汗)

普段はストレートネックのウエッジを使っています。真ん中よりも少し左目にボールをセットして、振り子の感覚というか、オーソドックスな感覚でやっとります。

でも、昔の構え方の癖がちょいちょい顔を出してきて、右足前にボールとヘッドをセットして…、と、ここまでは別に構えとしても悪いとこは有りません。ですが、だんだんきつめなハンドファーストな構えを作り出してきます。

右足前にボールをセットしてハンドファースト強めに構えると、おのずとロフトは立つようになります。すると、「飛びすぎるんじゃないか」と思いクラブを開きはじめ、知らず知らずのうちにクラブを寝かせ始めます。

結果 事故が起こり始めます。やがて、大事故が起こることもあります !!!!

アプローチだけでなく、これは 「こうなっていたらミスはしない」という小ネタなんですけど

ボールを捉える時、クラブのトゥ側がシャフトより少し左に先行しているとミスしないです!!

逆に アプローチでやっちまう人。

間違いなくこの関係になっていないです。なっていたらボールを右手前からすくったりすることは無いので、トップいやダフリ、違うな、シャンクか!? 基本的に、全部出る原因はどれも同じなんです。

これがわかっていると、「そうか 、アプローチでもクラブは立っているんだ」 となるかな。いや、なって欲しいです!

ショットを打つ時の「クラブを立てて使うって、クラブがこういう向きのことなんだ」につながり、シャットが激的にうまくなります。

これを小ネタとかいっていますけど、流して読んでいる方、やっちゃった時に直せないですよよ。原因がわからないと、対策のしようがないのだから・・・

さて、話は戻ります。

これがグースネックだと、面白ことに影響をあまり受けません。それからグースでフェース開いたら「どんだけトゥを前に戻さないといけないのよ」となって、手先を返したりと余計なアクションが増えてきます。これ、かなりヤバイです。

ですが、忘れちゃいけないのは、元来グースネックはボールが高く上がらない人向けに開発されたネック形状なので、1番使っていただきたい層は

「球が上がらない」
「バンカーから砂を飛ばせないから出ない」
「ボール拾おうとしてトップやダフリが出る」

といった傾向の人なんです。

僕個人としては、アプローチ「イップス持ち」とよくいいます。そんなこといいながら、グースネックウエッジ打ったらわかったこと。「わかっている、わかっているはずなのにダメな時は、クラブの使い方(向き)を全然間違えているじゃん」なんです。そうです、世の中大半がうまくいかないのは、実はこれが原因なんです。

だけど、それの始まりが「過度なハンドファースト」や「クラブを開いた時、変にクラブを寝かせて使うこと」なので、そこを単純にクラブの作られた向きのまま扱えれば誰もが簡単に出来るようになるだろうと強く感じました。

下手な小細工をしなくても「低く飛び出してスピンがギュッ」ってヤツはグースネックなんです。逆に「落としてコロコロ」はストレートネックの醍醐味なので、ラインに乗ってカップに向かうボールの転がりの美しさに酔いしれてください(笑)

今回はそんな話でした!!

さて、最後にお知らせです!

7月23日(日)、神奈川・中央林間駅から直ぐの「緑野ゴルフクラブ」で「ピッチ&パットフェス」を開催します!

内容は普段の個人戦の熱さではなく、ダブルス戦のみ。楽しくプレーしていただき、和気藹々とした「お祭り」を目的としてのコンペです。今回はメーカーさんの試打会も3社「アキラプロダクツ」「モダート」「フジクラ」

アキラプロダクツさんはトーナメントのプロのサポートで使用されている「ツアーバン」まで登場します。

そこではライ角、ロフト角など含めたスペシャルな調整やグラインドが可能です。この「ツアーバンイベント」の時に本数限定でしか販売されていない(たぶん2、3本かな?)プロトタイプのノーメッキウェッジまで あるそうですよ!

このレアヘッドの購入だけでも来たいなと思えるイベントですが、当日入場制限も出てしまう可能性もあるのではと思いますので、なるべくエントリーで優先的に入場してくださいね(笑)

当日の「アキラプロダクツ」賞は「ツアーバン」の中からお好きなヘッドを選んで、シャフトも選んで、組み立ててお渡しするそうです!! これはヤバイですね~!  ツアープロみたいな待遇です。

他にはブッシュネルさんによる展示、体験、そしてこの場だけのプライスでの ご注文(後日はNGだそうです)が可能な催事だけでなく、当日の賞品にもなんと「ピーシーカー」が 用意されています!

ダブルス戦なのでお2人でお申し込みいただかないとエントリー出来ませんが、お友達、ライバル、恋人、家族、親子、その他2人の関係性は何でもOKなので(あっ、2人でいると周りが見えなくてケンカするとかはやめてくださいね!!)協会へのお申し込みお待ちしています!

最大40チーム(残り6〜7枠あったはずです)で順位付けペリアです。なので、優勝がどのペアになるかは全く想像がつきません。これは前回大会時に立証済みなので、ホントに気軽にご参加ください!

お申し込み先は 「日本ピッチ&パット協会」よりお願いします。

ではでは、またです!

三浦辰施 Tatsuya Miura
(たむ。プロ)