どーもです。

東京・メトログリーン東陽町で開催された三菱ケミカル新製品発表試打会レポですが、昨日の宣言通り3連載の2日目になります。今日紹介するのは、「ディアマナRF」シリーズ。ディアマナ第4世代の先陣を切って青マナの流れを汲む「デイアマナBF」が先行して市場投入されていますが、後を追うように赤マナの流れを汲む「ディアマナRF」の登場です。これがどんなシャフトなのか。ボクなりにレポしたいと思います。

「ディアマナRF」は赤マナ系第4世代ということで、先が走る系かと思われますが果たして想像通りなのでしょうか。その辺をしっかり確認したいですね。

まずはラインアップですが、「ディアマナBF」同様この「ディアマナRF」も50g台からのラインアップされていました。今回は50、60、70、80の4モデルを全てSフレックスで試打してみました。

試打ヘッドは全て「M1」でロフト角10.5度です。本当は「M2」で打ちたかったのですが、あいにく出払っていて打てませんでした。

まずは「ディアマナRF50」Sフレックス。

素振りしてみると、結構シャープに振り切れるイメージでした。また、思った以上に手元が柔らかいイメージで、結構先が動きそうなイメージもあったかな。「M1」はヘッド重量がやや重めだと思うので、さすがに50ではSフレックスでもちょっと先が暴れるような印象でした。

しかし、実際に打ってみると、これが不思議なことにつかまるけど左に行き過ぎる印象は無かったんです!! これ、なんでなんでしょうね。イメージ的にはダブルベンディングっぽい動きに感じましたね。中間剛性が強く手元がやや緩めで先が走るようなイメージですが、先はヘッド重量との兼ね合いもありそうです。とにかく、特徴は高弾道!! ヘッドもボールもスピン量減少傾向の流れの中で、こんなシャフトとの組み合わせも面白いかもしれません。軽量化傾向で50g台もラインアップしていると思いますが、この「M1」との組み合わせだと若干ヘッドが動くイメージもありましたが、「M2」だったらどうなんでしょうね。打ってみたかったかも・・・

続いて「ディアマナRF60」Sフレックス。

こちらは、素振りしてみると「50」で感じたヘッドの暴れ感が抑えられたイメージでしたね。HS43m/sあたりでもかなり感じでしたね!

実際に打ってみると、これはボクのスイングと相性がいいのか「M1」ヘッドなのに、ホレボレするような弾道を連発でした。まるで自分が上手くなったような気分になってしまいました(笑) 切り返しでフッと力を抜くようなイメージで打つと手元が気持ちしなってタメを作ってくれて、ダウンでは自然にヘッドが走る感じかな。50gよりもヘッドの暴れ感はなく、個人的にはかなり良い感じでしたね。

次は「ディアマナRF70」Sフレックス。

さすがに持ってみても重量感がたっぷりで、「60」とは全く違った印象でした。素振りしてみても、「60」で感じた手元の柔らかさはほぼ感じず、シャフトの挙動自体が別モノイメージだったかな。

実際に打ってみると、意外と打てたりして「 あれっ!?」ってなりましたが、これを1ラウンド振り切ることを考えると、さすがにオーバースペックかなと。この「70」はイメージ的には従来の「赤マナ」系先調子の動きだったような気がします。手元がしっかりしていて先が走るような動きだったように感じました。

最後は「ディアマナRF80」Sフレックス。

これだけ軽量化が進む流れの中でも、プロやごく一部超パワーヒッタ向けとして80もライアンアップする必要はあるのでしょうね。最近ではプロも60g台を使っているなんて話も耳にしますが・・・。

ぶっちゃけボクには手に負えないモデルだろうと思って挑戦してみましたが、1~2発はなら良い球が出ます。でも3球続けては無理でした。弾道的にも中弾道で、「70」でもしっかり球は上がる印象でしたが、この「80」はボクでは球の上がりはイマイチ。重いので無理矢理振りにいってスライスとか、完全にオーバースペック状態で5球打ってギブアップ!!

今回試打した印象は、これまでの「赤マナ」系は手元がしっかりして先が走るようなイメージでしたが、今回の「ディアマナRF50」、「同60」は手元がやや柔らかめで、かつ先が走るようなイメージでした。しかし、「同70」「同80」はこれまでの「赤マナ」系動きに近いイメージで、ボク的には「同60」「同70」の間に見えない境界線があったとように感じました。

「ディアマナBF」は結構難しいというかシビアすぎて、ボクレベルでは扱いきれないイメージが強かったです。でも今回の「ディアマナRF」は意外と「50」「60」はボクでも使えそうなイメージでした。個人的に最大のポイントかなと思ったのは、手元がやや柔らかくなったことだと思いました。

<三菱ケミカル「ディアマナRF」シャフト>
■スペック(重量/トルク/調子):「ディアマナRF50」(X=61.5g/4.3、S=58.5g/4.3、SR=57.5g/4.4、R=55.5g/4.4/中調子)。「同60」(X=68g/3.4、S=65g/3.5、SR=63g/3.5/中調子)。「同70」(TX=79g、X=76g、S=73g/2.9/中調子)。「同80」(TX=89g、X=86g、S=83g/2.7/中調子)
■価格:1本4万円+税
■発売予定日:2017年9月15日