どーもです。

ロマロのニューモデル「RAYタイプR」シリーズを試打できましたが、今回ドライバーは打てませんでした。FW、UT、アイアンの3モデルになりますが、それぞれ紹介したいと思います。「RAYタイプR」シリーズもこれで2代目になると思いますが、今回はウエートをフィッティングで選べる「フィッティングウエート」システム搭載モデルとなっています。まずはFWからいってみましょう。

まずは見た目から。

基本デザインは先代を継承していると思いますが、ニューモデルはトゥ・ヒール側に赤の差し色が入っていました。そして、最大の変更点はソールのフェース側に深く刻まれたM字のミゾ「Mフォースポケット」が採用されていたこと。カップフェース構造に加えこのミゾによってボディがたわむことで高初速エリアが拡大しているんだとか!!

フェースは先代同様ですかね!! セミディープ系でややトゥ側にボリュームがある形状は先代の遺伝子を正統に引き継いだモデルといえるでしょう。

ボディも先代同様ストレッチバック形状ですが、ややヒップダウンしているようにも感じました。より低重心を意識した結果かな!?

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。先代同様やや大きめの丸形クラウンですね。見た目的には大きな変更はありませんが、それだけに正統進化を予感させます。

今回試打したのは専用開発オリジナルシャフト「RD-TE FW」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角58度、長さ43インチ、総重量329.7g、バランスD2。ヘッド体積175cm3。シャフトスペックは、重量63g、トルク4.0、中調子。ウエートはデフォルトとなる3g装着でした。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはやや重めに感じました。グリップは左手がやや細めでその分右手がやや太めに感じましたが、これはクラブが「叩いていいよ!!」とメッセージを発しているように感じました。シャフトをしならせてみると中間が素直にしなるイメージ。素振りしてみると、クセがなく素直に振り切れるイメージでした。

実際に打ってみると、持ってみたイメージよりもややハード気味なテーストだったかな。先代には結構扱いやすいイメージがあっただけに、今回試打してみて「あれ、ちょっとハードになったんじゃない!?」とか思ったけど、例の件もあったし、自分の劣化かな・・・。球の上がり方はオートマチックに上がるイメージというよりは、叩いても吹け上がらない強弾道イメージ。先代とフィーリングは別モノに感じました。というのは芯を食った時の打感がフェースに乗っているようなイメージのわりには音が乾いた感じでした。手応え的には文句なしですが、そのわりにはスカイトラックデータがいまひとつで、スピン量がやや多めで距離が出ませんでした。でも、弾道的にはかなりいい感じで、奥のネット230y表示あたりまで届いていました!!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球平均はこちら。

【3球平均】
HS41.9m/s、初速58.2m/s、打ち出し角16.1度、バックスピン量3190.2rpm、サイドスピン-95.9rpm、飛距離222.5y
【ベスト】
HS42.4m/s、初速58.9m/s、打ち出し角16.6度、バックスピン量3324.8rpm、サイドスピン-237.9rpm、飛距離226.2rpm

打感は前述通りマイルド系で、フェースの乗り感はいい感じ。でも、打音が渇いた感じでなんか不思議な感覚でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には文句なしの高弾道! スピン量少なめの棒球イメージでしたが、スカイトラックデータを確認するとバックスピンが約3800rpmと結構多め。そんな感じには見えませんでしたが・・・。ウエートフィッティングしていないデフォルトモデルですが、ボクの場合スピン量を減らすウエートセッティングが必要かも。

出球傾向は、ボクのスイングで軽いドロー系。つかまりは良さそうですね。

シャフト挙動ですが、これは素直に中間がしなる感じ。ボクの体力が落ちたのかSでも若干ハード気味なイメージでしたが、しっかり叩けるイメージでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS44~45m/sは欲しい感じかな。棲み分け的にはロマロ「RAY」はアスリート向けモデル、この「RAYタイプR」はボクレベルで使えそうなセミアスリートもしくはアスリートマインドモデルだと思いますが、今回の「RAYタイプR」は先代通りの見た目ですがちょっと「RAY」に寄ったようなイメージに感じました。かなり飛距離を意識したモデルだと思いますが、今回の試打結果ではスピン量がやや多めだったので、前述通りウエートフィッティングは必要かと思います。でも、雰囲気的には結構叩けるモデルだと思いますね!

<ロマロ「RAYタイプR」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=17-4ステンレス、クラウン=15-3-3-3チタン ウエート:ステンレス(3g)、アルミニウム(1g)、タングステン(5g)
■ロフトバリエーション:3W=15度、5W=18度、7W=21度
■シャフト(重量/トルク/調子):「RJ-TD FW」(S=63g/4.0、SR=62g/4.2、R=61g/4.3中調子)
■価格:各1本6万7000円