どーもです。

ロマロのニューモデル「RAYタイプR」シリーズですが、取り敢えず今日紹介するアイアンで最後になります。自分のブログを読み返してみるちょっと気になったのが、先代問題。ということでメーカーに直接確認してみましたが、 「RAY VタイプR」アイアンの後継モデルとの事でした。現在は「RAY」「「RAY-α」「RAYタイプR」のカテゴリーわけになっているようです。そんなわけで「RAYタイプR」アイアンを紹介しましょう。

まずは見た目から。

デザイン的には「RAY VタイプR」の後継モデルといった感じですよね!! 構造的にはアンダーカットキャビティのようです。バックフェース、スイートエリア集への厚みがしっかり確保されていますね。また、トゥ・ヒール方向後部にしっかりウエートが確保されていますが、トゥ側はロマロ特有の切り込みが入っています。でも、明らかに高慣性モーメントを意識したデザインだと思います。

フェースはやや大きめで、セミラージイメージでした。フェース自体、いかにも複合素材といいた感じですが、やはりチタンフェースのようです。

ソール幅はやや広めに見えますが、トレーリングエッジがしっかり設定されています。そして、ソール中央に刻まれたミゾは「バレーソール」ですが、これによって打ち込んでも抜けは良さそうです。

ネックは気持ちグースが入っていますが、まぁ、フッカーのボクでも気にならない程度。しっかりバンスも設定されていて、いかにも打ちやすそうですね!!

構えてみるとこんな感じ。こうしてみるとややコンパクト気味に見えるから不思議ですね。でも、トップラインの厚さはしっかり確保されているので、「ペシッ!!」はなさそうかな。

今回試打したのはスチールシャフト「ダイナミックゴールド(DG)」S200装着モデルの#7。スペックは、ロフト角31度、ライ角62.5度、長さ36.75インチ、総重量442.3g、バランスD2。シャフトスペックは、重量129g、トルク1.6、元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはやや重め。自分でDGを用意してもらいながらやや重めというのも心苦しいですが・・・(汗) グリップはウッド系の左手が細めで右手が太めだったのに対し、アイアンは自然な太さでしたね。ちょうど良い感じ! 素振りしてみると、切り返しで気持ち手元がしなってタメを作ってくれる感じのDGらしさがいいですね。

実際に打ってみると、これまたいきなり会心の一撃!! ボク的には理想の弾道でした。しかもこれ、マジで3球続けてのナイスショットなんです。普段は芯食ったショットのデータを取りたいので何球も打ちますが、この「RAYタイプR」はマジでわずか3球のみ!! しかも、ほぼ弾道も縦の距離もそろっているという、奇跡的な結果でした。シャフトの相性も含め、これ、マジでボクにあっているかも・・・!! な~んて本気で思ってしまうほどの出来過ぎた結果でした。まぁ、このあといろいろ試すために何球か打ちましたが、基本性格的にはセミオートマチック系で、シビアすぎない程度に操作性もあるイメージでした。ボクにとってはクラブを信じて振り抜けば、あとは結果を出してくれるイメージでしたね。ん~、また魅力的なアイアンに出会ってしまった!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球平均はこちら。

【3球平均】
HS439.0m/s、初速49.8m/s、打ち出し角16.2度、バックスピン量4864.3rpm、サイドスピン-539.6rpm、飛距離165.3y
【ベスト】
HS39.2m/s、初速49.8m/s、打ち出し角16.7度、バックスピン量4907.2rpm、サイドスピン-705.8rpm、飛距離165.7rpm

打感はかなりマイルド系に近いソリッド系。試打時にはフェースがチタンだということを全く認識していませんでしたが、その感想は「なんか分厚い系のインパクトなんだけど、この弾き感は何なんだろう!?」って感じていました。ポケキャビ系の打感なのかとも思いましたが、素材がチタンと聞いて納得というか、「チタンでこの分厚いインパクトってマジ!?」となりました。音はちょっと軽めな高音系でした。これもチタンならではですかね。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道。球自体はしっかりクラブが上げてくれるイメージですが、打ち出しから高くてそのまま大きな弾道でグングン前に行ってくれるような弾道に感じました。チタンのわりには飛びすぎないのも好印象だったかな。打ち込んでも吹け上がらず、払い打ちでもしっかり球が上がるイメージだったのはいいですね!!

出球傾向は、ボクのスイングで軽いドロー系。ボクのスイングで弾道がそろうこと自体うれしいですね。しかも、多少芯を外してもそろうんです!! #7あたりからはピンを狙っていきたいクラブだと思いますが、これなら・・・!?

シャフト挙動ですが、DGらしい動きですね。この重量を振り切れればしっかり球は上がると思うし、ダウンブローに打ち込みやすい組み合わせだと思います。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS44~45m/sは欲しい感じかな。ボクレベルでも弾道がそろって、距離がバラつかないうれしいアイアンでした。まぁ適度に重さがあるので、この重量を振り切れるというのが最低条件にはなりそうですが、これが他のシャフトでもそうなるのかは試していないので分かりません。でも、想像するにほぼ同じような結果が得られるのではないかと。フェースにチタンを採用しているわりには飛びすぎないアイアンで、アイアンの本質である「狙う」を具現化したモデルかと感じました。これ、HDCP10~15くらいのゴルファーがシングルを目指すにはおすすめかもしれません。もちろん、90切りを目指すゴルファーにもおすすめですが、個人的にはボクレベルの方におすすめしたいモデルです!!

<ロマロ「RAYタイプR」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=17-4ステンレス、フェース=15-3-3-3チタン ※ソールにタングステン内臓
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「ダイナミックゴールド」(S200=129g/1.6/元調子)、「NSPRO950GH」(S=98g/1.8/中調子)。カーボンシャフト「RJ-TI4」(S=62g/4.3、R=60g/4.4/中調子)。
■価格:スチールシャフト装着モデル6本(#5~PW)セット各1本16万2000円+税、単品(#4、AW)各1本2万7000円+税。カーンボンシャフト装着モデル6本セット17万4000円+税、単品各1本2万9000円+税。