どーもです。

今日はブリヂストンゴルフ新製品展示会のレポをお届けしましょう。ブリヂストンゴルフでは「ツアーB JGR」シリーズが展示されていました。前作は「JGR」シリーズだったと記憶していますが、今回から「ツアーB JGR」シリーズと「ツアーB」の冠がつきましたね。しかも今回はレディースモデル、レフティモデルも全てラインアップ。さすがに発売日は若干ずれるようですが、9月から順次発売されるようです。

まずはドライバーですが、見た目はこんな感じ

フェース

クラウンはこんな感じ。

見た目は完全に「JGR」とは別モノですね!! 「ツアーB JGR」はボディのたわみで高初速&高打ち出しを実現して飛ばすというコンセプトのようですね。クラウンに「パワースリット」「ウエートパワースリット」を配置、ソールには「パワーリブ」を配置していした。説明を聞いた印象ではキャロウェイの「ジェイルブレイク」に真っ向挑戦状をたたきつけるモデルだったように感じましたね。

FWはこんな感じで

UTはこんな感じ。

アイアンは先代同様2モデルをラインアップしていました。ぶっ飛びアイアンだった「JGRハイブリッドフォージド」の後継モデル「HF-1」はこんな感じでした。

フェース

トップライン

「JGRフォージド」の後継モデル「HF-2」はこん感じで

フェース
トップライン

今回レディースモデルは水色とピンクの2色をラインアップでした。

そして、「B330」ボールも後継モデルが登場。「B330X」は「ツアーB X」、「B330S」は「ツアーB S」になるようです。

ボールはノーマルバージョンとビッグBマークをそれぞれラインアップ。左が「ツアーB X」、右が「ツアーB S」です。

ちなみに、「ツアーB X」はアン・シネプロも使用するようです。

なお今回はまだ参考出展でしたが、「XD-3C」も展示されていました。「ブルーIP」が新鮮!!

フェース

クラウンはカーボンが採用されていました!!

それからこんなウエッジも!! こちらはケースに入っていましたが写真左が「XW-B」で右が「XW-F」。

「XW-B」の「B」は「BUKO」の頭文字で、同社研究所がある秩父の山「武甲山」からとったようです。なお、このウエッジは本田技研工業のカスタムエンジンを作っている無限とのコラボレーションによって誕生したモノで、なんとパーツ販売でヘッド1個8万5000円+税の予定なんだとか!! おったまげ~なウエッジですね。ちなみに、「XW-F」の「F」は「FANG(牙)」の頭文字で、こちらもパーツ販売ですが1個3万円+税予定のようです。こちらもまぁ、高価なモデルですが、「XW-B」の値段を聞くとなんか安いじゃん!!・・・とはならないかw

今季限りでの引退を表明した宮里藍プロ関連グッズの販売も予定されているようです。ライセンス問題もありそうですが、現段階の予定商品一覧です。

確実に販売されるモノは展示されていましたが、写真左はサントリーレディスで着用していたウエア、右は「AI」が刻印されたアイアンです。

展示会当日もかなりの暑さでしたが、そんな暑さ対策にピッタリなグローブを発見しました!!

これ、試してみたらホントにすごかったっす!!!! 濡らしたグローブに手を入れると、あらビックリ。ヒヤッとしていましたわ~!! しかも風に当たるとまた涼しいんです。

「この素材を使ってウエア作ったら絶対買いますよ」なんて言ったら

ありました!!

これ、早速この夏に投入したいですよね。でも、オチがあって、いずれも発売されるのは来年3月予定なんですって!! であれば、「冷やしグローブはじめました」は間違いで、「冷やしグローブはじめます」にして欲しかったですね(笑)

来年の夏はこのウエアを仕事でも着たいですね。汗をかいても風に当たればヒヤッと涼しいし、自分でぱたぱたすれば涼しくなりそうですよね!!

「ツアーB JGR」シリーズも試打でき次第レポします。