どーもです。

やっと話題のクラブ、グローブライドの2017年モデル「オノフKURO」シリーズを試打出来ました。このシリーズ、片山晋呉プロ監修のモデルですよね。ゴルフ業界からも相当注目を集めているモデルのようで、かなり待ったにも関わらず、フェアウエーアームズ(FW)は今回手配できませんでした。そんなわけで今回お届けできるのはドライバー、フェアウエーウイングス(UT)、アイアンの3モデルです。まずはドライバーからいってみましょう。

まずは見た目から。

先代との最大の違いは「パワートレンチ」を採用したこと。「パワートレンチ」は「オノフ ドライバー AKA」で採用されていたソールのフェース後部に刻まれたミゾで、今回はKUROにも採用されていました。これは画期的かも!! ボクの記憶が確かであれば、このパワートレンチはKUROには採用しないと言っていたような・・・。片山晋呉プロの要求を具現化したモデルとのことですが、もしかして片山晋呉プロからの要望だったのかな!? トゥ・ヒールサイドのえくぼのような凹みも健在ですね!!

フェースは先代よりも気持ちディープ度が増していましたが、ドライバー全体的にみればセミディープだと思います。フェーストップラインの丸みが強くなっているので、よりディープな印象を受けました。そうそう、スコアラインの間にミーリングが施されていました。

ボディは先代よりもディープかつ奥行きも浅くなっていて、よりファットかつコンパクトな印象ですね。これは結構ハードそうな印象ですわ~!

後ろ姿もよりディープ。

構えてみるとこんな感じ。目を引くのはクラウンに刻まれたミゾですね。これも「パワートレンチ」ですが、ソール側と合わせKURO専用開発のようです。確かにAKAにはクラウンの「パワートレンチ」はなかったですもんね!! 丸形クラウンですが、「パワートレンチ」の影響でそれほど大きさを感じませんでした。

今回試打したのは、オリジナルシャフト「スムースキックMP-617D」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10度、ライ角58.5度、長さ45.5インチ、総重量306.0g、バランスD2。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量61g、トルク3.9、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、総重量的にはやや軽めでグリップも細め。見た目ではシャフトもやや細めな印象でしたね。そのシャフトを手でしならせてみると、中調子というわりには手元側が1番しなっていたいように感じました。素振りしてみると、やはり手元がしなるイメージでした。また、バランス以上にヘッド重量を感じました。

実際に打ってみると、球は上がりやすいですね。片山晋呉プロ監修ということでイメージ的にライナー性の中弾道が打ちやすいモデルを勝手にイメージしていましたが、その心配は無用です。まぁ、一般向けモデルなので、オリジナルシャフトだとしっかり球が上がりやすくなっているのかもしれません。結構つかまりがいいモデルのイメージでしたが、意外と操作性も兼ね備えていました。スカイトラックデータでちょっと驚いたのは、バックスピン量。3球平均でも3000rpmオーバーはこの低スピン化の流れの中で、かなり珍しいモデルですね。まぁ、見た目ではそんな感じは無かったんですけどね・・・。そのバックスピン量をフォローするかのように初速が速めに見えました!

スカイトラックの弾道データはこちらで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.7m/s、初速61.9m/s、打ち出し角13.9度、バックスピン量3140.7rpm、サイドスピン-90.9rpm、飛距離237.6y
【ベスト】
HS42.9m/s、初速62.2m/s、打ち出し角14.0度、バックスピン量3123.7rpm、サイドスピン89.3rpm、飛距離239.7y

打感は弾き系かな。音が結構高音系で金属的なので、弾き系に感じたのかもしれません。でも、弾き系でしょうね!!

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道。しっかり球は上がると思います。スピン量も2900rpmとやや多めですね。もはやスライスな弾道でしたが、それでも飛距離が出ているからすごいかも!!

出球傾向は、ボクのスイングで基本的にはほぼストレートから軽いドロー系。でも、動画のようなスライス系も出やすいかも。この辺はシャフトの影響もあるような・・・

そのシャフト挙動ですが、ボクのイメージでは手元がやや柔らかめでそこから先が全体的にしなるイメージでした。タメを意識すると振り遅れてスライスが出やすいようにも感じました。オリジナルシャフトにしては平均的なSフレックスよりもやや硬めなイメージで、アスリートテーストはこのシャフトから発せられでいたのかもしれません。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックで最低でもHS44~45m/sは欲しい感じかな。重量的には300gとやや軽めですが、いかんせんシャフトがややハード気味なテーストです。アッパーに打つよりはダウンブローからレベルブローに打てる人向けで、ボクのようなアオリ打ち系にはイマイチかもしれません。先代はまだ打てると思いましたが、今回のKUROはちょっと厳しめかもしれませんね。そういう意味では、だれが使っても打てそうなクラブが増えつつあり、没個性化を感じていた流れの中ではかなり特殊なクラブですね。使える、使えないは技量の問題ですが、強烈な個性を発揮しているクラブだと思います。

<グローブライド「オノフ ドライバー KURO(2017)」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:9▽操作性:9▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=811チタン、フェース=6-4チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「スムースキックMP-617D」(S=61g/3.9、SR=57g/4.3.2/中調子)
■価格:1本7万3000円+税