どーもです。

グローブライドの2017年モデル「オノフKURO」シリーズですが、今日紹介するのは「オノフ フェアウエーウイングス KURO」UTです。グローブライドはFWを「フェアウエーアームズ」、UTを「フェアウエーウイングス」と呼んでいますが、ここでは頭文字を取ってFWにしておきましょう。このFW、見た目でなんか尻込みしそうなモデルだったりします。UT名手片山晋呉プロ監修モデルという先入観かもしれませんけど・・・。何はともあれ、いっていましょう。

まずは見た目から。

形状的には先代同様の面長系ですが、最大の変更点はトゥ・ヒール側のくぼみ「グラビティコントロール」ですね。番手別に全て違うようですが、U4は深く低い重量配置でより球が上がりやすくなっているようです。

フェースは先代同様ディープですが、先代よりもややコンパクトになっているようにも感じました。また、ドライバー同様スコアライン間にミーリングが施されていました。

ボディも先代同様ですが、出っ歯度合いが増していますね!! 先代はネック前部とトップラインが同じような場所だったと思いますが、新作は完全にネックよりも前ですね。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。なんか逃げ顔に見えるんですよね。でもフェース角はストレート。UTというクラブはその構造上つかまりがいいモデルなので、ラインを出しやすいように逃げ顔っぽくしているのかな・・・。ボクレベルだと、逃げ顔系だとつかまえにいっちゃうので逆効果だったりしますけど(汗)

今回試打したのは、オリジナルシャフト「スムースキックMP-617I」Sフレックス装着モデルの4U。スペックは、ロフト角24度、ライ角59.5度、長さ38.75インチ、総重量372.0g、バランスD1。ヘッド体積117cm3。シャフトスペックは、重量75g、トルク3.3、中元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、総重量的にはやや軽めでグリップも細め。ドライバー同様このFWのシャフトがやや細めに感じました。シャフトを手でしならせてみると、中元調子というわりには1番しなっていたのは中間のイメージでした。でも素振りしてみると、やや手元がしなるイメージでしたね。

実際に打ってみるとですね、これがなぜか全く芯を食わないんです。ボクの技術が無いと言われればそれまでですが、実はこのFWだけで70~80球打っちゃいましたから。スカイトラックデータは、「まぁ、芯食ったかな・・・」といった感じの結果ですが、そんな中でのわずか3球でも縦距離で5yの差が出ましたし左右もバラケてしまいました。残念ながらボクには難しいというか、なぜか全く当たらないので評価できないモデルになってしまいました。片山晋呉プロのやさしく狙えるは、少なくともボクには難しいということを改めて実感することになったのでした。

スカイトラックの弾道データはこちらで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS40.7m/s、初速52.2m/s、打ち出し角16.4度、バックスピン量4675.1rpm、サイドスピン-150.9rpm、飛距離177.5y
【ベスト】
HS40.7m/s、初速52.2m/s、打ち出し角16.3度、バックスピン量4270.4rpm、サイドスピン-244.3rpm、飛距離180.9y

打感は弾き系。ロクに芯を食っていないのでなんともいえないのですが、わずかな芯を食った打感は弾き系。打音はドライバー同様結構高音系で金属的でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高めの中弾道。オートマチックに球が上がる感覚ではなかったかな。でも、スピン量はロフト角を考えると少なめかもしれませんね。低重心を意識した結果なんでしょうが、だったらもうちょっとオートマチックに球が上がってもいいような・・・。この辺が片山晋呉プロのこだわりなのかな!?

出球傾向は、ボクのスイングで基本的にはほぼストレートから軽いドロー系。でも、とんでもないフック、とんでもないスライスもでたりして・・・

シャフト挙動ですが、切り返しでやや手元がしなって、しなり戻りはそれほど速くないイメージだったかな。意外と素直な印象ですが、そう考えるとなぜ芯を食わないのか!? はい、それはボクのスイングが原因ですね。あれこれとやりすぎたかもしれません。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでやはり最低でもHS44~45m/sは欲しい感じかな。重量的にはやや軽めですが、このFWもシャフトがハード気味でした。片山晋呉プロ監修UTということで意識しすぎてあれこれやりすぎたということもあるかもしれませんが、まぁ~ボクには分不相応なクラブだったかもしれません。ほぼ芯を食うことが無かったのでこのクラブの評価はできませんが、ボクには分不相応だったということだけはいえると思います。すみませんが、そんな感じです。

<グローブライド「オノフ フェアウエーウエイングス KURO(2017)」UT>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:8▽操作性:10▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:7
■ヘッド:ボディ=17-4PHステンレス、フェース=ハイマレージングプラス、ウエート=タングステン合金
■ロフトバリエーション:3U=21度、4U=24度、5U=27度、6U=30度
■シャフト(重量/トルク/調子):カーボンシャフト「スムースキックMP-717I」(S=75g/3.3、SR=65g/3.7/中元調子)
■価格:各1本3万4000円+税