どーもです。

グローブライドの2017年モデル「オノフKURO」シリーズですが、今日は「オノフ フォージド アイアン KURO」アイアンを紹介しましょう。先代はややアスリート気味になっていたと記憶していますが、2017年モデルはこれまでの雰囲気からしてよりアスリート性が増しているんじゃないかと想像できます。果たして想像通りなのでしょうか。早速いっていましょう。

まずは見た目から。

デザイン的に大きな変更はなさそうですね。ただし、形状的にはトゥ・トップが鋭角かつ尖っていますね!!

フェースはやや小振り気味かな。若干縦幅トゥ・ヒール方向に長くなった長方形チックなイメージを受けました。ミーリング加工はより強調されていますね。

ソール幅は程よい広さかな。広すぎず、狭すぎずだと思います。リーディングエッジが削られているので、打ち込んでの抜けの良さを意識したモデルかなと思います。

ネックはストレート。この辺はさすが片山晋呉プロ監修ってな感じかな。

構えてみるとこんな感じ。先代に比較するとトップブレードがやや厚めですが、とにかく印象的には鋭角ですね。

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPROモーダス3ツアー125」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角34度、ライ角61.5度、長さ36.75インチ、総重量446.0g、バランスD1.5。シャフトスペックは、重量117g、トルク1.5、元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、総重量的にはちょうどいい感じ。でもグリップはやや細めだったかな。素振りしてみると、シャープに振り抜ける印象でしたね。

実際に打ってみると、ボクの持ち球、いい感じのドロー系を連発できました。フェアウエーアームズの印象があったので「ボクでも打てるのかな・・・」と不安から入りましたが、その分を差し引いても打ちやすさのあるアイアンだったと思います。ただし、操作性は先代よりも若干上がっていたように感じたので、そういう意味ではアスリート性の高いアイアンだと思います。基本的には程よくつかまって、つかまったドロー&フェードとボクレベルでも打ち分けができるモデルだと思います。歴代黒オノフの中でもかなりご機嫌なモデルですね。何より縦の距離のブレが少ないのがいいですね!!!! スカイトラックデータで驚いたのは、バックスピン量。ロフト角34度モデルですが3球平均で5100rpmと少なめでした。

スカイトラックの弾道データはこちらで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS37.2m/s、初速47.5m/s、打ち出し角18.9度、バックスピン量5165.3rpm、サイドスピン-796.3rpm、飛距離155.0y
【ベスト】
HS37.1m/s、初速45.4m/s、打ち出し角19.5度、バックスピン量5231.8rpm、サイドスピン-600.5rpm、飛距離155.3y

打感はマイルド系。これ、意外でした。ウッド系が結構弾き系だったので、アイアンも弾き系をイメージしていましたが、これは文句なしのマイルド系。言い意味で期待を裏切られたかも!! 音も中高音系で、サスティンが短い小気味のよい音が好印象でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道。球は普通に上がると思いますが、やはり球が上がりやすいというのは扱いやすいアイアンの第一条件だと思います。前述通りスピン量は少なめでした。

出球傾向は、ボクのスイングで基本的に軽いドロー系。でも、ボクレベルでもドロー&フェードの打ち分けが出来て、適度な操作性も兼ね備えています。シビア過ぎないのが、ボクレベルにはいいかもしれません。

シャフト挙動ですが、切り返しでやや手元がしなってタメを作ってくれるイメージですね。元調子系が苦手な人でも意外と打ちやすくて、シャープに振り切れると思います。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでやはり最低でもHS44~45m/sは欲しいと思います。先代に比較すると操作性自体はアップしていると思いますが、アイアンとしてはセミオートマチック系アイアンかな。シビアすぎない操作性といった感じですが、イメージ通りの弾道を具現化してくれるアイアンだと思います。片山晋呉プロ監修モデルということでバリバリマニュアル系かと思いきや、意外と打ちやすさも兼ね備えたモデルに感じました。何よりも縦距離のブレが少ないのは、狙っていきたいアイアンの本質を追究したモデルなんじゃないかと思いました。

<グローブライド「オノフ フォージド アイアン KURO(2017)」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:9▽操作性:9▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:9
■ヘッド:(#4~#7)=軟鉄(S20C)+タングステン合金ウエート、(#8~#9、46度)=軟鉄(S20C)
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR125」(S=117g/1.5/元調子)、「NSPRO MODUS3 TOUR105」(S=98g/1.7、R=95g/1.9/元調子)。カーボンシャフト「スムースキックMP-717I」(S=75g/3.3、SR=65g/3.7/中元調子)。
■価格:スチールシャフトモデル5本(#6~#9、46度)セット9万円+税、単品(#4、#5、52度、58度)各1本1万8000円+税。カーボンシャフトモデル5本セット11万円+税、単品各1本2万2000円+税。