どーもです。

ダンロップスポーツ「スリクソンZ565」ドライバーの追加モデル「スリクソンZ565TG」ドライバーを試打できました。「TG」は「チタングレー」の頭文字で、その名の通りクラウンがチタングレーに変更されています。また、シャフトは「Miyazaki MelasⅡ(ミヤザキ・メランⅡ)」を装着。「Z565」ドライバーに対して重心距離も短くなって、レギュラーモデルよりもより扱いやすいモデルになっているようです。ということで試打レポをお届けしましょう。

まずは見た目から。

ソール形状はオリジナルモデルと一緒で、波動ソールになっていました。細かいことですが、ソール後部に配置されたウエートの色が「緑」になっていました!

フェースもオリジナルモデル同様シャローですが、色がシルバーからブラックに変更されていました。

ボディもシャローですね!!後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。クラウン形状、投影面積はおそらくオリジナルモデルと一緒だと思いますが、クラウンがチタングレーに変更されているので膨張色の影響かやや大きめに感じますね。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Miyazaki MelasⅡ」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角59度、長さ45インチ、総重量302g、バランスD1。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量49g、トルク5.7、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的には軽めです。グリップも細めですが、シャフト自体もやや細めに見えました。シャフトをしならせてみると、Sでも結構柔らかめに感じました。素振りしてみると結構ヘッドが走るイメージでしたね。

実際に打ってみると、まず驚いたのはその打感だったりします。「こんなに弾き感満載だったかな・・・」と思って過去記事を確認しましたが、「先代よりも球離れが速く、いかにも弾いているっていった感じでした。音も甲高い感じで、弾き系を演出していたように感じました」と明記していました。スリクソンのイメージがマイルド系打感のイメージがあっただけに、「Z565」ドライバーの打感イメージも記憶ではマイルド系になっていたのかもしれません。人間の記憶なんて曖昧ですな!! 「Z565」ドライバーよりもややつかまりが良くなっていたイメージでしたね。「Z565」では100%プッシュスライスでしたが、この「Z565TG」は軽いドロー系でした。でもタイミングが遅れるとフェードも出ますが、「Z565」よりはつかまりがいいイメージでした。また、シャフトがかなり柔らかめ。ボクのイメージでは中調子というよりも全体的にしなるイメージでした。軽量級でシャフトも柔らかめなので、スリクソンのアスリートマインドをHS40m/sあたりでも満喫できるモデルだと思います。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.4m/s、初速61.5m/s、打ち出し角13.7度、バックスピン量2726.4rpm、サイドスピン-143.1rpm、飛距離236.4y
【ベスト】
HS43.1m/s、初速62.5m/s、打ち出し角13.5度、バックスピン量2856.9rpm、サイドスピン-40.8rpm、飛距離243.3y

打感は前述通りの弾き系。球離れもかなり速めでしたね。音も高いので、硬さを演出していると思います。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道ですね。「Z565」試打レポの際には「クラブがオートマチックに球を上げてくれる感じはなく」と書いていましたが、この「Z565TG」は結構オートマチック性を感じました。スピン量はほぼ変わらず、低スピン系ですね。

出球傾向は、ボクのスイングで基本的にはドロー系。「Z565」に比較するとオートマチックにつかまるイメージでした。ここが最大のポイントかな!!

シャフトですが、この「Miyazaki MelasⅡ」は軽量級でしなやかなシャフトだと思います。最初の何球かは、結構ヘッドの走りすぎを感じたりでタイミングが取りづらかった部分もありました。ぶっちゃけボクには若干アンダースペック感があったのも事実ですが、このシャフト自体もこの「Z565TG」の性格付けの上で重量なポイントでしょうね。

今回試打した限りでは、HS40~42m/sあたりにオススメかな。あまり振り回すタイプよりも、素直に振れるボディターンタイプの方がしっかり球を上げて、つかまえられるモデルだと思います。そういう意味では、「スリクソン」ブランド入門編に位置づけ出来るモデルだと思います。「Z565」よりもつかまりがよく、シャフトはかなり柔らかめ。見た目でもクラウンをグレーにすることで、やや大きめに見える安心感もあると思います。まだ「ゼクシオ」先代じゃないけど、「スリクソン」ほどアスリートでもないというニッチ層を対象に狙ったモデルだと思います。

<ダンロップスポーツ「スリクソンZ565TG」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:9▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:フェース=6-4チタン、ボディ=8AL-2Vチタン、チューニングウエイト(チタン)
■シャフト(重量/トルク/調子):「Miyazaki kaula MelasⅡ」(S=49g/5.7、SR=46g/5.8/中調子)。
■価格:1本6万8000円+税。