どーもです。

今日紹介するのはクリーブランド「RTX-3キャビティ・バック」(以下「RTX-3CB」)ウエッジです。昨日紹介したRTX-3ブレード」ウエッジよりも若干顔が大きめかつ気持ちグースが入っていました。このウエッジも横浜・緑野ゴルフクラブで芝からのグリーン周りの寄せも試せましたので、その辺もしっかりレポしたいと思います。そんなわけで、早速いってみましょう。

「RTX-3CB」も56度、58度にはソール形状で「V-LG」「V-MG」「V-FG」の3タイプが用意されています。52度はスタンダードV字ソールの「V-MG」になっています。ということで、まずは見た目からいってみましょう。

バックフェースデザインは昨日の「RTX-3ブレード」とは全くの別モノですよね!! キャビティの意味は「へこみ」。まさにその名前通りバックフェース中央あたりがへこんでいるのが視認できると思います。

フェースはやや大きめです。「RTX-3ブレード」に比較すると、ひと回りは大きめに感じました。「RTX-3ブレード」同様バーティカルラインの外側(トゥ側)にもミーリングが施されていますね。

ソールはこの「RTX-3CB」もV字ソールですね。

ネックはストレートだと思いますが、「RTX-3ブレード」に比較すると気持ちグースが入っているようにも見えました。

構えてみるとこんか感じ。「RTX-3ブレード」に対してかなりフェースが大きめなので安心感を持てる形状だと思います。ある程度はクラブが仕事してくれそうなオーラも感じました。

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPPRO950GH」Sフレックス装着の52度モデル。スペックは、ロフト角52度、ライ角64度、バンス角10度、長さ35.375インチ、総重量443.6g、バランスD3。シャフトスペックは、重量96g、トルク2.0、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボールの使用です。

まず持ってみた感覚ですが、「RTX-3ブレード」の後に持つと数値以上の軽さを感じてしまいますね。グリップはいい感じの太さでした。ワッグルしてみると、バランス数値は変わらないのですが、「RTX-3ブレード」ほどヘッド重量を感じませんでした。素振りしてみても、シャープに気持ちよく振り切れるイメージでした。

まずは15yイメージのアプローチ。

ヘッドの大きさからくる安心感の影響なのか、この3球はなかなかいい感じでした。スピン量にややバラツキはあるものの、「RTX-3ブレード」に対しては差が少なく、縦の距離もイメージ通りでした。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS12.5m/s、初速12.3m/s、打ち出し角27.4度、バックスピン量3475.5rpm、サイドスピン-282.4rpm、飛距離14.4y

続いて50yイメージ。

昨日も書きましたが、個人的には最も苦手な距離なんです。昨日「RTX-3ブレード」では奇跡的に3球ともいい感じでしたが、この「RTX-3CB」もボクにしては結構いい感じ!! でも、基本的につかまりがいいのか、基本はイメージよりも左に打ち出す傾向が強かったかな。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS23.2m/s、初速22.8m/s、打ち出し角29.0度、バックスピン量4766.9rpm、サイドスピン-783.5rpm、飛距離48.9y

最後は100yイメージ。

むしろ100yイメージスイングのほうが、総重量が軽い分手元で操作できてしまう影響か、それとも腕の問題なのか、はたまた両者なのかはわかりませんが、結果だけ見ればバラバラ!! この距離で右も左も出るとちょっと辛いかな・・・と。縦の距離も若干バラツキがあるし、スピン量も約7900~8300rpmとバラけてしまいました。1球目がつかまり過ぎて、2球目は逃がしすぎ。3球目にしてやっとセンターに打ち出せているので、この試打時のメンタルが手に取るようにわかるデータですね(汗)

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS29.4m/s、初速35.4m/s、打ち出し角28.O度、バックスピン量8240.5rpm、サイドスピン-903.7rpm、飛距離100.6y

打感は結構マイルド系。フェースの乗り感は「RTX-3ブレード」となんら遜色がありませんが、不思議とボールのつぶれ感はイマイチだったように感じました。この「RTX-3CB」のほうが、気持ち球離れが早い印象でした。

100yイメージの弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道。昨日の動画となんら遜色の無い結果ですが、スカイトラックデータを確認しても、ボクレベルならほぼ誤差の範疇といえるでしょう。

出球傾向は、ボクのスイングでほぼストレート。「RTX-3ブレード」と比較するとよりオートマチックにつかまる傾向があったように感じました。これはよりグースネックの影響かと思われます。

最後に5yイメージの芝からのアプローチですが、やはり「V字ソール」は抜けがいいですね。セミグースモデルなので上から打ち込むのを意識するよりも、レベルブローでつかまりはある程度クラブに任せるほうがいいようにも感じました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりにオススメ。昨日紹介した「RTX-3ブレード」がF1マシンのように遊びがないシビアなバリバリマニュアル系ウエッジだったのに対し、「RTX-3CB」はスポーツカー感覚かな。ボクレベルでも十分使えそうなイメージを持たせてくれるセミオートマ系というかセミマニュアル系というか、まぁ、スイングのミスをある程度はクラブがカバーしてくれるようなイメージでした。個人的には、総重量であと10~15g重くして、クラブ重量で自然に振れるイメージだったらベストですね。ある程度の技を具現化してくれそうな雰囲気をかもしつつ、安心感ももたせてくれるウエッジといった印象でした。

<クリーブランド「RTX-3キャビティ・バック」ウエッジ>
■KAZ’s インプレッション(各10点満点)
▽スピン性能:9▽操作性:8▽抜けの良さ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:9
■ヘッド:SUS431ステンレス
■ロフトバリエーション(バンス角):48度(8度)、50度(10度)、52度(10度)、54度(11度)、56度(8、11、14度)、58度(6、9、12度)、60度(9度)
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「ダイナミックゴールド」(X100=120g、S200=119g/1.2/手元調子)、「NSPRO950GH」(S=96g/2.0、R =93g/2.3/中調子)。
■価格:各1本1万5000円+税