どーもです。

キャロウェイのニューモデル「スチールヘッドXR」FWを試打してきました。今回試打したのは、同モデルの3Wとヘブンウッド。このFWは「FWが苦手な人に!!」をキャッチコピーにしたモデルですが、まさにボクはFWが苦手なんです。って、何が得意かって聞かれると、好きなクラブがあっても得意なモノは無いんですけどねぇ・・・。まぁ、そんなことはさておき、早速レポしてみましょう。

まずは見た目から。

ヘッドがかなり小振りで、ちょっと尻込みしそうな見た目だったりします。ソールはちょうど真ん中が盛り上げっています。ヒール&トゥがへこんでいるという表現もあるでしょうが、この結果接地面積が狭くなり、直打ちからの抜けは良さそうですね。

フェースは意外にもややディープ気味かな。トゥ・ヒール下部方向のラインが気持ちシュッとした感じなので、そんな印象を受ける形状だと思いますが、この形状を見ると「ホントに打ちやすいのかな!?」なんて感じたりして!

ボディも結構コンパクトで、ややディープ気味な印象を受けますね。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積は結構小さめですね。しかも三角形チックな形状になっています。クラウン後部がカーボン素材を感じさせる模様になっていますが、なんか青っぽく見えました。

今回試打したのはオリジナルカーボンシャフト「スピーダーエボリューションfor XR」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角56.5度、長さ42.5インチ、総重量316.5g、バランスD0。ヘッド体積171cm3。シャフトスペックは、重量52g、トルク5.6、先中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的には気持ち軽めにも感じましたが、まぁ、ちょうど良いかなといった感じ。ただし、グリップは若干細めに感じました。シャフトをしならせてみると、結構手元がしっかりしている感じですね。素振りしてみても手元剛性が高いのと、短いせいか意外と先端もしっかりした感じでしたね。

この「スチールヘッドXR」FWが「FWが苦手な人に!!」をうたう理由は、長さにあります。通常の3Wでロフト15度モデルは長さが43インチです。でもこの「スチールヘッドXR」FWは42.5インチと0.5インチ短めなんです。ここが最大のポイントだと思いますが、ヘッドが小さいので、ボク的にはそのメリットを視認できないイメージでした。ボクレベルでは、やはり目から入ってくる情報は大切なんですよね・・・

実際に打ってみると、あれこれいったわりには普通に打てました(笑) もちろんティアップしてなので、これで打てないとねぇ~!! しっかり球は上がるし、42.5インチを考えれば飛距離も問題なしでしょう。スピン量も少なめで、棒球が打てるFWかなと思います。でも、個人的に気になったのはシャフトなんですよね。短くしている影響か、表示スペック以上のハードさを感じてしまいました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.1m/s、初速58.4m/s、打ち出し角16.2度、バックスピン量3114.8rpm、サイドスピン-306.8rpm、飛距離224.1y
【ベスト】
HS41.8m/s、初速58.1m/s、打ち出し角18.1度、バックスピン量2838.6rpm、サイドスピン-366.3rpm、飛距離225.4y

打感はソリッド系ですが、若干弾き感のほうが強めに感じました。叩きにいくと十分ボールのつぶれ感も感じますが、普通に打つ分には弾き感がやや強めで球離れも気持ち早めなイメージでした。音はやや高めですが、まぁ、気になるほどではありません。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には、高弾道ですね。前述通りスピン量少なめの棒球が打ちやすいFWだと思います。

FWが苦手な人向けということで、直打ちにも挑戦!! その弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

ん~、確かに打ちやすいかも!! しっかり球を上げてくれるし、つかまりも良い感じでした。ひっかけ気味ですが、これはボクのスイング問題ですから・・・(汗)見た目のイメージって重要とか書きましたが、実際に打ってみての結果も重要ですよね~!!

出球傾向ですが、ボクのスイングで軽いドロー系。シャフトが短いので振り切りやすいと思います。動画を撮った後の試打で気付いたことがあって、ボクの場合FWでもボールは左足踵の延長線上にセットするのですが、短い分ボール1個分右にセットしたほうが良い結果になりました。いつものようにセットすると打ち出しから左で、「たかが半インチ、されど半インチ」を体験しましたので!!

シャフト挙動ですが、個人的にはかなりしっかりしたシャフトかなと感じてしまいました。短いからかもしれませんが、結構手元のしっかり感がある上に先もしっかりした感じで、ぶっちゃけあまりしなり感を感じませんでした。ボクレベルのHSなら、SRでもいいのかもしれません。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS43m/s以上は欲しいかなと感じました。「FWが苦手な人に!!」をうたっていますが、確かに打ちやすさは感じました。しかし、シャフトを短くした影響からか、若干ハードさがアップしているようにも感じました。もちろんシャフトによってフレックスはまちまちですが、いつも「S」を使っている人でも「SR」でいいかもと感じさせるほどでした。まぁ、叩けるヒッターにはいいでしょうね。そういう意味では、力のある若い層におすすめなモデルといえるでしょう!!

<キャロウェイ「スチールヘッドXR」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
ティアップ:▽飛距離:8▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
直打ち:▽飛距離:8▽上がりやすさ:9▽操作性:8▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:フェース=カーペンター455スチール、ボディ=17-4ステンレス、クラウン=J-36カーボン
■ロフトバリエーション:3+W=13.5度、3W=15度、4+W=16度、5W=20度、ヘブンウッド=20.5度、7W=21度、9W=24度
■シャフト(重量/トルク/調子):「スピーダーエボリューションfor XR」(S=52
g/5.6、SR=50g/5.7、R=48g/6.1/先中調子)。「スピーダーエボリューションⅢFW60」(S=68g/3.9/先中調子)。
■価格:「スピーダーエボリューションfor XR」各1本3万6000円+税。「スピーダーエボリューションⅢFW60」各1本4万1000円+税。