どーもです。

キャロウェイのニューモデル「スチールヘッドXR」FWですが、今日紹介するのはヘブンウッド(以下HW)。「天国に届くほどの高さが出る」ということで「ヘブンウッド」と命名されていたように記憶しています。以前は「ビッグバーサ」シリーズにラインアップされていたと思いますが、自分のブログを確認してみると最後に打ったのは「ビッグバーサベータ(2014)」でした。キャロウェイらしい1本だと思いますが、今回その実力を確認してきましたので、早速レポしてみましょう。

まずは見た目から。

ソールデザインは昨日紹介したFWと同じ。まぁ、当然と言えば当然ですけどね!! ヘッド自体はやや小振りになっているのと、ネック辺りが若干絞られていたように感じました。

フェースはやはり気持ちディープ気味ですね。HWというとかなりシャローなイメージがあっただけに、これは意外でした。「スチールヘッドXR」の3Wに比較すると、トップラインがややストレートになっている分「スチールヘッドXR」3Wよりはシャローに感じました。

ところがですよ、ボディは意外にもディープ気味。クラウンは明らかにこんもりしていました。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。形状的には三角形チックで、クラウンの投影面積も小さめ。こうやってみると、結構シビアな感じにも見えるんですけどね・・・。

今回試打したのはオリジナルカーボンシャフト「スピーダーエボリューションfor XR」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角20.5度、ライ角57度、長さ42.25インチ、総重量316.5g、バランスD0。ヘッド体積165cm3。シャフトスペックは、重量52g、トルク5.6、先中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、3W同様重量的には気持ち軽めにも感じましたが、まぁ、ちょうど良いかなといった感じ。グリップは若干細め。シャフトをしならせてみると、結構手元がしっかりしている感じも一緒。素振りしてみても手元剛性が高いのと、先端もしっかり感もほぼ同等だったように感じました。

実際に打ってみると、さすがヘブンウッド!! 球の上がり方は文句なしですわ~! 直打ちでこれだけしっかり上がってくれれば、うれしいですね。20.5度といえば、3U辺りに相当するロフトですが、そう考えるとシャフトが長めな分飛距離も出ますね。やや短めのFWと捉えるのか、やや長めのUTと捉えるのかで意味合いも変わってきますが、あくまでもFWにカテゴライズされている以上やや短めのFWと捉えるのが妥当でしょう。いずれにせよ、その名の通りガッツリ球は上がってくれますので、どっちでもいいといえばそれまでですけどね!!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS40.9m/s、初速57.0m/s、打ち出し角15.0度、バックスピン量3673.8rpm、サイドスピン-406.8rpm、飛距離208.3y
【ベスト】
HS40.6m/s、初速56.5m/s、打ち出し角15.8度、バックスピン量3284.5rpm、サイドスピン-568.6rpm、飛距離212.4y

打感はやはりソリッド系ですが、若干弾き感のほうが強めに感じました。音もやや高めですが、この辺のフィーリングは3Wと一緒でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には、しっかり高弾道ですね。クラブがオートマチックに球を上げてくれるイメージでした。ロフト角を考えれば、このスピン量は良い感じかな!!

出球傾向ですが、ボクのスイングで軽いドロー系。程よいつかまりがグッド!!

シャフト挙動ですが、昨日紹介した3W同様かなりしっかりしたシャフトですね。結構手元のしっかり感がある上に先端部もしっかりした感じですが、先端部についてはなぜか3Wよりも若干しなり感を感じましたね。このフィーリングならSでもいいかも!?

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/sは欲しいかな。さすが「ヘブンウッド」というだけあって、その名にというかコンセプトに偽りなし。もちろん「FWが苦手な人に!!」のキャッチコピーにも偽りなしです!! このフィーリングなら払い打ちでもしっかり球が上がりそうなので、このHWは使い手を選ばないモデルだと思います。この辺の距離をここまで楽に打てたら、ゴルフの内容が変わってくると感じさせる1本だと思います。

<キャロウェイ「スチールヘッドXR」ヘブンウッド>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:フェース=カーペンター455スチール、ボディ=17-4ステンレス、クラウン=J-36カーボン
■シャフト(重量/トルク/調子):「スピーダーエボリューションfor XR」(S=52
g/5.6、SR=50g/5.7、R=48g/6.1/先中調子)。「スピーダーエボリューションⅢFW60」(S=68g/3.9/先中調子)。
■価格:「スピーダーエボリューションfor XR」各1本3万6000円+税。「スピーダーエボリューションⅢFW60」各1本4万1000円+税。