どーもです。

ピンのニューモデル「G400」シリーズですが、今日紹介するのは「G400 SFT」ドライバー。先代は「G SF TEC」になると思いますが、「G400」では「SFT」とネーミングが変更されていました。ここからの試打はオリジナルシャフト「ALTA J CB」のみになります。というわけで、早速レポしてみましょう。

まずは見た目から。

ソールデザインは、基本的に「G400」スタンダードモデルと一緒ですが、よ~く見るとタングステンウエートの位置が違います。ソール後部のウエートのさらに後部に配置されていたスタンダードモデルに対して、このSFTはソールのネック側に配置されています。よりつかまりを意識したモデルだと思います。

フェースですが、スタンダードモデルとほぼ同じ大きさだと思います。もう間違い探しに近いイメージですが、よ~く見るとSFTのトップラインはちょっとだけよりストレートになっているイメージで、その分シャローに感じました。でも、気のせいかな!? 先代に比較すると、やはり小顔かつシャローですね。

ボディ形状的にはスタンダードモデルとほぼ一緒だと思いますが、クラウンとボディの接合が変わっていました。先代よりはややディープ化していますね。

後ろ姿ですが、スタンダードモデルに比較するとややネック側にボリュームがありますよね。これはつかまりを意識してでしょうね。

構えてみるとこんな感じ。スタンダードモデルに比較すると、若干フェースが開いているように見えました。先代に比較すると、確実に投影面積が小さくなっていますね。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「ALTA J CB」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10度、ライ角59度、長さ45.75インチ、総重量301.3g、バランスD0。ヘッド体積445cm3。シャフトスペックは、重量55g、トルク4.7、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、やや軽めでグリップもやや細め。シャフトをしならせてみると、中間から先のしなりが1番大きかったと思います。素振りしてみると、しなり感を感じやすいイメージですね。やはり、Sのわりにはやややわらかめでした。

実際に打ってみると、やはり球の上がり方はハンパないですね!! ただし、なぜかスタンダードモデルのほうがつかまる感じが強かったような・・・。SFTのほうがいかにもつかまりそうなイメージですが、ボクの場合はスタンダードモデルのほうがつかまるというか、若干引っ掛け気味でした。対するSFTはほぼイメージ通りの打ち出し方向だったんですよね。ん~、その理由がナゾですが、結果的にこの弾道が打てるなら・・・w もともとSFTは「ストレート・フライト・テクノロジー」の頭文字をとったものですが、とはいえですよね。ボクの腕の問題なのか!? ちょっと判断に悩む結果になってしまいました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球平均はこちら。

【3球平均】
HS42.4m/s、初速61.6m/s、打ち出し角15.6度、バックスピン量3441.6rpm、サイドスピン-182.7rpm、飛距離236,5y
【ベスト】
HS43.3m/s、初速62.8m/s、打ち出し角15.2度、バックスピン量3809.1rpm、サイドスピン54.5rpm、飛距離237.8y

打感は昨日紹介したスタンダードモデルとほぼ同等です。一般的なモデルと比べてもかなりマイルドよりのソリッド系。音もかなり落ち着いた感じの中高音系ですね。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には文句なしの高弾道ですね。ボク的に超高弾道! 打ち出しかドーンと高めの大きな弾道でした。スカイトラックデータの飛距離的には今ひとつ納得がいきませんが、まぁ、あくまでも参考ということで!!

出球傾向ですが、ボクのスイングでもほぼストレート。打ち出し方向もほぼストレートで、なぜかスタンダードモデルよりもよりストレートに打ち出せるイメージでした。また、スタンダードモデル同様曲がりが少なく直進性の高いモデルだと思います。

シャフト挙動ですが、ボクのイメージでは中間から先があたりがしなるイメージですが、シャフトのしなりを感じやすいモデルだと思います。Sでも若干柔らかめだったかな。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりにオススメですね。基本性格的にはオートマチック系モデルで、とにかく直進性が高いモデルだと思います。結果的にスタンダードモデルのほうがよりつかまるような結果になってしまいましたが、それはボクの腕の問題ってことで・・・(汗) スタンダードモデル同様若干スピン量が多めにも感じますね。見た目の弾道のほうが信用性は高いと思いますが、そういう意味はドーンと大きな弾道を打てるモデルですね!!

<ピン「G400 SFT」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=811チタン、フェース=フォージドT9Sチタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「ALTA J CB」(TS=60g/4.4、S=55g/4.7/中調子、SR=50g/5.5/中先調子、R=45g/5.9/先調子)。「ピンツアー173-65」(X=66g/3.2、S=61g/3.2、R=57g/3.4/中元調子)。「ピンツアー173-75」(X=80g/2.8、S=75g/2.9、R=68g/3.3/中元調子)。「ATTAS COOOL6」(X=68g、S=66g、SR=64g/3.6/中調子)。「SPEEDER661EVOLUTIONⅣ」(X=69.5g、S=67.5g、SR=65.5g/3.7/中調子)。
■価格:「ALT J CB」「ピンツアー173-65」「ピンツアー173-75」装着モデル1本6万3000円+税、「ATTAS COOOL6」「SPEEDER661EVOLUTIONⅣ」装着モデル1本7万5000円+税。
■発売予定日:2017年9月7日