どーもです。

ピンのニューモデル「G400」シリーズですが、今日紹介するのは「G400 LST 」ドライバー。先代は「G LS TEC」ですが、昨日紹介したSFT同様とネーミングが変更されています。こちらもオリジナルシャフト「ALTA J CB」のみの試打ですが、レポしてみましょう。

まずは見た目から。

ソールデザインは、やはり基本的に「G400」スタンダードモデルと一緒ですが、タングステンウエートの位置がソール後部ウエートの前部に配置されていますよね。LSTは「ロー・スピン・テクノロジー」の頭文字ですから、重心位置を浅めに設定してスピン料を抑えることを意識したモデルだというとも視認できると思います。

フェースは、スタンダードモデルに比較してややディープ気味な印象でした。トゥ側にややボリュームがあるようなイメージで、先代に比較してもややディープ気味かなって思いました。

ボディもス、スタンダードモデルに比較すると気持ちディープなのなか!? 先代よりは確実にディープですけどね!!

後ろ姿はほぼスタンダードモデルと同じにだと思います。

構えてみるとこんな感じ。先代に比較すると、確実に投影面積が小さくなっていますが、「G400」シリーズの顔はどれも見分けがつかない形状になっていると感じました。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「ALTA J CB」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10度、ライ角58度、長さ45.75インチ、総重量303.5g、バランスD3。ヘッド体積445cm3。シャフトスペックは、重量55g、トルク4.7、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、やや軽めでグリップもやや細め。シャフトをしならせてみると、中間から先のしなりが1番大きかったと思います。素振りしてみると、「G400」スタンダードモデルや「G400 SFT」に比較すると若干先端がしっかりした感じだったかな。とはいえ、ボクの感覚ではやはりSのわりにはやややわらかめでした。

実際に打ってみると、さすがLSTだけあってスカイトラックデータでも「G400」スタンダードモデルや「G400 SFT」に比較するとスピン量が少なめ。同じ日、同じボール、同じシャフトで試打しているので、これはヘッドの重心位置であると思います。でも不思議なことに球の上がり方は前述2モデルとなんら遜色はなし!! ドーンと打ち出しから高く大きな弾道を打てるモデルでした。つかまりは他の2モデルに比較するとやや抑え気味にも感じましたが、それでもピンにしてはという前提で、一般的なモデルに比較したら十分つかまりがいいモデルだと思います。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球平均はこちら。

【3球平均】
HS42.6m/s、初速60.0m/s、打ち出し角15.5度、バックスピン量2885.3rpm、サイドスピン-167.5rpm、飛距離233.8y
【ベスト】
HS41.8m/s、初速60.7m/s、打ち出し角15.3度、バックスピン量3083.9rpm、サイドスピン-265.0rpm、飛距離236.5y

打感はスタンダードモデル、SFT同様マイルドよりのソリッド系。音もほぼ同等で落ち着いた感じの中高音系でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、この「G400 LST」も文句なしの高弾道。打ち出しからドーンと高めで大きな弾道です。見た目的には打ち出し方向の差はあれど、どれも同じような弾道に見えました。でも、スカイトラックデータを確認してみると、他の2モデルに比較してしっかりスピン量が少なくなっていました!!

出球傾向ですが、ボクのスイングでもほぼストレート。他の2モデルよりも重心が浅い分、やはりつかまりがイマイチというかミスヒットの許容性は若干低いかもしれませんね。

シャフト挙動ですが、ボクのイメージでは中間から先があたりがしなるイメージですが、シャフトのしなりを感じやすいモデルだと思います。Sでも若干柔らかめだったかな。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりにオススメですね。基本性格的にはオートマチック系モデルですが、3モデルの中では叩けるモデルだと思います。前述通り重心深度が浅い分つかまりがイマイチというか打点がバラけるタイプにはややシビアなモデルにも感じますが、それでも「G400」スタンダードモデル、「G400 SFT」同様のドーンと大きな弾道が打てるのは魅力的だと思います。難を言えば、ロフトが10度と8.5度しかないこと!! あっ、カチャカチャで調整すればいいのか! 忘れていました(笑)

試打してみて、どれにしたらいいのか、迷いの森に突入状態です。1度、フィッティングを受けたほうが良さそうですわ~!

<ピン「G400 LST」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=811チタン、フェース=フォージドT9Sチタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「ALTA J CB」(TS=60g/4.4、S=55g/4.7/中調子、SR=50g/5.5/中先調子、R=45g/5.9/先調子)。「ピンツアー173-65」(X=66g/3.2、S=61g/3.2、R=57g/3.4/中元調子)。「ピンツアー173-75」(X=80g/2.8、S=75g/2.9、R=68g/3.3/中元調子)。「ATTAS COOOL6」(X=68g、S=66g、SR=64g/3.6/中調子)。「SPEEDER661EVOLUTIONⅣ」(X=69.5g、S=67.5g、SR=65.5g/3.7/中調子)。
■価格:「ALT J CB」「ピンツアー173-65」「ピンツアー173-75」装着モデル1本6万3000円+税、「ATTAS COOOL6」「SPEEDER661EVOLUTIONⅣ」装着モデル1本7万5000円+税。
■発売予定日:2017年9月7日