どーもです。

ピンのニューモデル「G400」シリーズですが、今日紹介するのは「G400」ハイブリッド(HB)です。いわゆるUTですが、先代「G」シリーズ同様ウッド型の「G400 HB」とアイアン型の「G400クロスオーバー」をラインアップしています。というわけでまずはウッド型の「G400」HBからレポしたいと思います。

まずは見た目から。

 先代「G」はややネック側が絞られてトゥ側にボリュームがあったような形状でしたが、「G400」は平均的な形状に変更されていると思います。

フェースは先代に比較すると気持ちディープ気味ですかね。FW同様フェースがネック前面まで切られていました。フェース面はなんかザラつき感があって、いかにもスピンがかかりそうなイメージでした。

ボディは、先代に比較してもシャロー。これまでのドライバー、FWは先代よりもディープ傾向が強かったので、これは意外といえば意外でした。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。不思議と先代同様のイメージですね。これだけボディ形状が変わっているのに、構えてみると先代とほぼ同じような形状に見えました。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「ALTA J CB」Sフレックス装着モデルの4U。スペックは、ロフト角22度、ライ角59度、長さ39.75インチ、総重量347g、バランスD0。ヘッド体積は未発表。シャフトスペックは、重量60g、トルク3.4、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的には良い感じで、グリップも良い感じの太さでした。シャフトですが、FWで感じた見た目の手元の太さですが、なぜがこのHBでは感じませんでした。結構シャープなイメージで、手でしならせてみると中間が1番しなる感じでした。素振りしてみると、これがイメージ通りシャープに振り切れるイメージでした。

実際に打ってみると、クラブがガッツリ球を上げてくれるイメージですね。この辺は先代通りですが、唯一の違いはスピン量。FWほど吹け上がっているようには見えませんでしたが、それでも「んっ!?」という感じでした。スカイトラックで確認してみても、平均して約4500rpmあたりでした。これは先代3球平均が約3600rpmなので実に900rpmほどスピン量が増えています。もちろん、ボクのスイングが変わってしまったことも一要因かもしれませんが、もはや「G400」自体が先代よりもスピン量多めな重心位置だと考えざるを得ないでしょうね。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球平均はこちら。

【3球平均】
HS40.5m/s、初速54.9m/s、打ち出し角13.9度、バックスピン量4510.2rpm、サイドスピン-939.4rpm、飛距離186.7y
【ベスト】
HS40.9m/s、初速54.7m/s、打ち出し角13.3度、バックスピン量4543.5rpm、サイドスピン-455.9rpm、飛距離187.6y

打感ですが、このHBもかなりマイルド! 「G400」シリーズウッド系の打感はホントに革新的な変化を遂げたと思います。フェース素材はFW同様マレージングに変更されていました。でも音はサスティンが短めで小気味のいいやや高めの音でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道。弾道的には吹け上がっているようには見えませんでしたが、この弾道動画もスピン量は約4700rpmと多めでしたね。

出球傾向ですが、ボクのスイングでドロー系。つかまりはいい感じで、先代同様だと思います。

シャフト挙動ですが、これまでのシャフトに比較すると気持ちしっかり感があるイメージでしたが、それでもやはりちょっと先が動く感じでした。でもイメージ的にはシャープに振り切れました。印象的には結構好印象でしたが・・・

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりにオススメかな。基本性格的にはオートマチック系で、クラブがガッツリ仕事をしてくれるイメージでした。ボディターンタイプがオートマチックにハイドローを打ちやすいタイプだと思います。ただし、このシャフトとのマッチングではヒッタータイプには若干厳しいかもしれませんね。その辺はこれまでのモデル同様だと思います。

<ピン「G400」HB>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:7▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=17-4ステンレス、フェース=マレージング綱(C300)
■ロフトバリエーション:2U=17度、3U=19度、4U=22度、5U=26度、6U=30度
■シャフト(重量/トルク/調子):カーボンシャフト「ALTA J CB」(TS=69g/2.9、S=60g/3.4/中調子、SR=55g/3.6/中先調子、R=50g/3.6/先調子)。「ピンツアー173-85」(X=87g/2.2/手元調子、S=82g/2.3/中元調子、R=73g/2.4/中調子)。スチールシャフト「AWT2.0LITE」(S=98g/1.6、SR=93g/1.8/中調子、R=87g/1.9/中先調子)。「NSPRO MODUS3 TOUR105」(X=112g/1.6、S=106.5g/1.7、R=103g/1.9/手元調子)
■価格:カーボンシャフト装着モデル各1本3万5000円+税、スチールシャフト装着モデル各1本3万1000円+税。
■発売予定日:2017年9月7日