どーもです。

PRGRのニューモデル「egg」シリーズの新製品発表会が開催されました。今回もルール適合モデルの「egg」シリーズ(以下「赤エッグ」)と高反発モデルの「スーパーegg」シリーズ(以下「金エッグ」)の2ラインですが、金エッグのアイアンはのみ先代継続となっていました。ドライバーとアイアンは軽く試打してきましたので、その辺のフィーリングも含めて軽くレポしておきましょう。

まずは適合モデルの赤エッグですが、こちらは全てのラインアップが一新されていました。ドライバーは45.5インチの「egg」ドライバーに加え、44.5インチと短めの「eggドライバー インパクトスペック」をラインアップ。短尺時代の幕開けを予感させますね~!! また、FWでは2W(ブラッシー)を新たに追加しています。UTも一新されましたが、先代のアイアンは記憶が確かであれば1モデルだったと思いますが、今回は「パワーキャビティ(PC)」「パワーフォージド(PF)」の2モデルになっていました。

ドライバーの見た目はこんな感じですが、写真は「インパクトスペック」になります。スタンダードモデルはソール後部のウエート重量が違うようです。

フェース

クラウンはこんな感じでした。

「RS」「RS-F」ドライバーで採用されていたパワーフランジ(クラウン部のへこみ)が赤エッグ専用に開発され採用されたようです。これにより、高初速エリアが拡大し、より高い打ち出し角が確保されたようです。また、フェースもより大きくなっていたように感じました。

個人的には、短尺の方が気になったので「インパクトスペック」を主に試打しましたが、気持ちヘッドが重めに感じましたね。何球か打ってみましたが、ボクの腕の問題か芯を食った感覚は有りませんでした。それでもシミュレーターの結果を見てみると235yとまずまずの飛距離でした。

赤エッグドライバーも打ちましたが、こちらはシミュレーター結果の写真を撮り忘れました!! 感覚的にはやはり先が動く感じで何球か打ちましたが、こちらも芯を食った感じの手応えが1球もなかったんですよね。発表会の試打ブースなので、ボクレベルが芯を食うまで打つわけにもいきませんからね・・・(汗)

続いてFWですが、今回新たに追加された2Wを見た目だけですが紹介しておきましょう。

続いてUTの見た目です。

次はアイアンですがまずは「赤エッグPC」の見た目ですが、かなりのディープキャビティですね。手前と奥でピントが合わないくらい深いです。

フェース

トップブレードはこんな感じでした。

「赤エッグPF」はより小顔でスッキリした感じですね。

フェース

トップブレードです。

この2モデルも実際に打ってみましたが、まぁ~両方ともぶっ飛びですわ!! 「赤エッグPC」7番はカーボンシャフトでロフト25度、「赤エッグPF」7番はスチールシャフトでロフト26度でしたが、両者のシミュレーションは以下の通りでした。

「赤エッグPC」

「赤エッグPF」

ほぼ同じ弾道ですな!! しかも共にほぼ

200y!!!!

7番でこれだけ飛んだら、ゴルフが変わりますよね!! でも、そう考えると芯を食った手応えがないとはいえドライバーの飛距離が・・・(汗)

一方、高反発モデルの「金エッグ」ですが、ドライバーこちらもシャフト長で45.75インチの「金エッグ」ドライバーと46.75インチの「金エッグドライバー ロングスペック」の2モデルを用意しています。こちらはクラウンのパワーフランジに加え、ソールに「パワーグルーブ」を採用です。FWに加えUTラインアップは、先代はアイアン型UTのみでしたが、ニューモデルではウッド型になっていました。

こちらは見た目だけになりますが、ドライバーはこんな感じ

フェース

クラウン

続いてFW

最後はUT

170yのニアピンコンテストとドラコンコンテストのアトラクションも実施していましたが、ドラコンコンテストのナビゲーターはタレントのシンディこと新宮志保さんでした!! PRGR発表会ではおなじみになりつつありますね。

170yニアピンでは「赤エッグPF」#8でもオーバーしてしまい、#9でピンハイ8y。ドラコンは「赤エッグ インパクトスペック」でしたが、相変わらず芯を食わず236yでした。共に一瞬ランクインしていましたが、会場を出る時には消え去っていました(笑)

いずれも、後日試打して改めてレポしたいと思います。

<PRGR「赤エッグ」シリーズ>
■価格:「赤エッグドライバー」「赤エッグドライバー インパクトスペック」1本7万5000円+税。「赤エッグFW」(2W=13度、3W=15度、5W=18度、7W=21度、9W=24度、11W=28度)2W~5W各1本5万円+税、7W~11W各1本4万円+税。「赤エッグUT」(4UT=19度、5UT=21度、6UT=24度)各1本3万5000円+税。「赤エッグアイアンPC」「赤エッグアイアンPF」カーボンシャフト、スチールシャフト装着4本(#7~PW)セット9万6000円+税、単品(#6、AW、AS、SW)各1本2万4000円+税、
■発売予定日:2017年9月

<PRGR「金エッグ」シリーズ>
■価格:「金エッグドライバー」1本10万円+税、「金エッグドライバー ロングスペック」1本10万5000円+税。「金エッグFW」(2W=14度、3W=16度、5W=19度、7W=22度)各1本6万円+税、「金エッグUT」(4UT=18度、5UT=20度、6UT=23度)各1本4万5000円+税。
■発売予定日:2017年9月