どーもです。

ミズノの新製品「ミズノプロ」シリーズですが、今日紹介するのは「ミズノプロ118」アイアンです。見た目的にはザ・マッスルバック。ミズノの真骨頂といったモデルですね。「MP-5」の流れを汲むモデルだと思いますが、問題はボクレベルで太刀打ちできるのかどうか。最近ではマッスルバックでも最低限の打ちやすさは確保されているモデルが増えていますが、果たしてこの「ミズノプロ118」はどうなのでしょうか。その辺をレポしてみましょう。

まずは見た目から。

バックフェースですが、無骨の一言に尽きますね。特にバックフェース下部の処理が無骨ですわ~!! そして、かなり小顔ですな!

フェースですが、第一印象は「小さっ!!」でした。もう一見して小ささが分かるほどの小顔で、いかにも操作性が良さそうですね。形状的には、ミズノらしい顔だと思います。

ソール幅は意外としっかり確保されているようにも感じますが、まぁ、狭めですね。ダウンブローに打ち込んでの抜けの良さを意識したように感じました。

ネックはストレート。そしてこの「ミズノプロ」もソールはルークソールを採用です。

構えてみるとこんな感じ。いい顔していますが、ちょっと不安を覚えるくらいの小顔かも・・・。イメージ的にはいい感じですが、果たして打てるのか!?

今回試打したのは、スチールシャフト「ダイナミックゴールド120」S200フレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角34度、ライ角61.5度、長さ37インチ、総重量430.8g、バランスD2.5。シャフトスペックは、重量118g、トルク未発表、元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボールです。

まず持ってみた感覚ですが、重量的には良い感じで、グリップはやや細め。昨日紹介した「ミズノプロ518」とほぼ同じようなイメージでした。シャフトをしならせてみるとほぼしなりを感じませんでしたが、素振りしてみると切り返しで手元がクッとしなるイメージ。従来のダイナミックゴールドらしい動きだと思います。

実際に打ってみると、打感に徹底的にこだわったというだけあってそのマイルドな打感とパシャッとした感じの打音には脱帽!! その遺伝子は脈々と受け継がれつつも進化している感じですね。1度打てば実感できると思います。ただし、芯が狭いっす!! フェース下部のミスヒットの寛容性は高くややトップ気味でもそれなりに球は上げてくれます。でも左右はかなりシビアに感じました。ボクレベルではフックもスライスも引っ掛けもプッシュアウトもそれぞれ出てしまいました。極めつけはシャンク!! このシャンクは涙もの! 近くにラウンドが無くてよかったですわ~w 何がいいたいかというと、ボクレベルではコースで使いこなす自信がないということ。でも、球が上がるという最低限の打ちやすさはクリアされていると思います。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS37.7m/s、初速45.8m/s、打ち出し角19.2度、バックスピン量5657.6rpm、サイドスピン-761.9rpm、飛距離146.6y
【ベスト】
HS36.6m/s、初速46.8m/s、打ち出し角18.7度、バックスピン量5706.4rpm、サイドスピン-1072.1rpm、飛距離150.0y

打感は超マイルド系。この打感は「さすが、ミズノ!!」といった感じです。音はパシャッとシャッター音です。しかし、それも芯を食ったらなんですけどねw

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道。球はしっかり上げてくれると思います。ダウンブローで打ち込む意識でしたが、それでもスピン量は5700rpmあたりとまぁ適量。しっかり打ち込むタイプに合いそうな気配ですね。

出球傾向は、基本的にボクのスイングでドロー系ですが、意図しない逆球も出ます。前述通り右も左も出ます。スイングのミスにもリニアに反応しますので、操作性の高さをうかがわせますね。

振り感ですが、ボク的には従来のダイナミックゴールドと変わらない振り感ですね。切り返しでクッと手元がしなってタメを作ってくれるイメージでしたが、ボクには従来モデルとの差がいまひとつわかりませんでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックで最低でもHS43~45m/sは欲しい感じかな。基本性格的には超マニュアル系ですが、ボールが上がりやすいという最低限の扱いやすさは確保されていると思います。意図した通りの出球も打てると思いますが、意図しないスイングのミスや打点のミスにもリニアに反応するので、ボクレベルではコースでは使いこなせる自信はなかったかもです。最低限この重量を振り切れるパワーとダウンブローに打ち込める人向けで、ある程度打点が安定しているほうが良さそうですね。

<ミズノ「ミズノプロ118」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:7▽上がりやすさ:9▽操作性:10▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:7
■ヘッド:マイルドスチール(S25CM)
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「ダイナミックゴールド」「ダイナミックゴールド120」「MODUS3 TOUR120」。カーボンシャフト「TS-i」「OTi85」「MCI80」「ツアーAD75」。
■価格:スチールシャフト「ダイナミックゴールド」「ダイナミックゴールド120」装着モデル1本1万9000円+税、「MODUS3 TOUR120」装着モデル1本2万円+税。カーボンシャフト「TS-i」装着モデル1本2万1000円+税、「OTi85」装着モデル1本2万6000円+税、「MCI80」装着モデル1本2万4000円+税、「ツアーAD75」装着モデル1本2万5000円+税。
■発売予定日:2017年9月15日