どーもです。

PRGRのニューモデル「赤エッグ」シリーズですが、今日は「エッグ」FWを紹介しましょう。エッグのFWと言えば、個人的にはかつて一世を風靡したエッグスプーンを思い出します。今回のモデルが何代目かももはや分からないくらいの時が経過しましたw なお、今回新たに2W(ブラッシー)が追加されていますが、試打クラブ手配の際にすっかりその存在を失念。3Wのみ試打になっていま。ホントに最近ポンコツ化がヒドイっす(涙) そんな感じですが、レポしてきましょう。

まずは見た目から。

全体的な印象ですが、先代に比較するとなんか丸みを帯びた感じですね。これまではシャープで男性的なイメージでしたが、今回のモデルは気持ち女性的に感じました。

フェースの大きさ的には先代同様かと思いますが、トップラインがよりフラットになっている分シャローに感じました。

ボディ的は革新的です!! 従来のエッグスプーンはクラウンがえぐれたというか、カパッと取ったような形状でしたが、今回のモデルにはしっかりクラウンがあります。これはパワーフランジによる効果を取ったということでしょうね。

後ろ姿ですが、クラウンがあるので当然先代とは別モノになっていました。

構えてみるとこんな感じ。ドライバー同様逃げ顔ですね。実際には3度オープンのようです。そして、結構クラウンの投影面積は小さめで、ややコンパクトに見えるイメージでした。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「M-43」装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角58.5度、長さ43インチ、総重量302g、バランスD0.5。ヘッド体積180cm3。シャフトスペックは、重量53g、トルク4.2、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。グリップも気持ち細めに感じました。シャフトしならせてみると、M-43だけどなぜが昨日紹介した「エッグドライバー インパクトスペック(以下インパクトスペック)」よりも短めなのにしなり感があるイメージでした。素振りしてみてもインパクトスペックよりも気持ちしなり感を感じやすかったような印象で、気持ちヘッドが走るようなイメージだったかな。

実際に打ってみると、球はしっかり上がっていましたがやや吹け上がっていたようにも感じました。気持ち上に行くようなイメージでしたね。スカイトラックデータを確認してみても、3球平均で4160rpmなので、思ったよりはスピン量は多めだったかな。最近どのモデルを打ってもスピン量増加の一途をたどっているようにも感じますが、いよいよボクのスイングが変わってしまったということでしょうかね。クラブの印象的にはかなり打ちやすいイメージでしたが、手応えや弾道の見た目で満足したショットでも、スカイトラックデータと激しく乖離している場合もあります。そんな場合は見た目を信じていますが、さすがにこの弾道は見た目的にも気持ち吹け上がっているようにも見えたので、これはシャフトとのマッチング問題でしょうね。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS41.5m/s、初速57.7m/s、打ち出し角17.2度、バックスピン量4160.6rpm、サイドスピン-196.0rpm、飛距離210.0y
【ベスト】
HS42.2m/s、初速58.6m/s、打ち出し角17.2度、バックスピン量4284.0rpm、サイドスピン-122.4rpm、飛距離213.1y

打感はソリッド系で音もやや高音系でした。この辺のフィーリングはドライバーと同じような感覚でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には文句なしの高弾道ですが、前述通りやや吹け上がり気味にも見えました。動画弾道はかなり分厚いインパクトに感じましたが、それでも3900rpmあたり。これはもうボクのスイングとシャフトとのマッチングを疑うしかないですね。

出球傾向は、ボクのスイングでほぼストレート。3度オープンモデルですが、重心角が大きいのかしっかり球はつかまりますね。

シャフト挙動ですが、ボクの印象はM-43の中調子にしては結構ヘッドが走る印象でしたね。その辺が高弾道とつかまりを演出してくれいるとは思いますが、個人的にはもうちょっとだけ先端剛性を上げるか、ヘッドを軽くするかのいずれかならドンピシャかなって・・・

今回ボクが打った限りでは、このスペックでHS38~40m/sあたりにおすすめ。基本性格的にはいわゆるオートマチック系で、払い打ち系のフェードヒッターもしくはスライサーがしっかり球をつかまえてハイストレートボールを打ちやすいモデルだと思います。それから、おそらくこれまでの「エッグスプーン」とは確実に一線を画するモデルだと思います。ちなみに、今回のロフトラインアップは2Wに加え、9W、11Wも設定されているようです。新製品試打会で打った限りでは、アイアンがぶっ飛び系だったので#7の上をFWもしくはUTでというコンセプトだと思います。

<PRGR「エッグ(赤エッグ)」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:10
■ヘッド:2~5W:フェース&クラウン=チタン(Ti-6AL-4V)、ソール=タングステン合金(Ni、W、Fe2) 7~11W:フェース&クラウン=マレージング(Custom450)、ソール=タングステン合金(Ni、W、Fe2)
■ロフトバリエーション:2W=13度、3W=15度、5W=18度、7W=21度、9W24度、11W=27度
■シャフト(重量/トルク/調子):「M-43」(S=53g/4.2/中調子)、「M-40」(SR=50g/4.5/中調子)、「M-37」(R=48g/4.7/中調子)、「M-35」(R2=47g/5.2/中調子)。
■価格:2~5W各1本5万円+税、7~11W各1本4万円+税。