どーもです。

PRGRのニューモデル「赤エッグ」シリーズですが、今日紹介するのは「エッグ」UTです。先代はアイアン型でしたが、今回の赤エッグはウッドタイプに変更されています。まぁ、アイアン自体がUTみたいな・・・って、それをいっちゃ~おしまいですかねw そんな感じですが、レポしてきましょう。

まずは見た目から。

アイアンタイプからウッドタイプに変わっているので、先代との比較を意味が無いのでやめておきましょう。ヘッド自体は結構大きめですね!!

フェースはやや小振り気味に見えました。気持ちディープタイプにも見えますがトップラインの影響でしょう。

ボディは特徴的だと思います。クラウンの形状が特殊に見えましたが、ネック後部ライン辺りがこんもりしていて、そこからトップブレードに向かって傾斜していますね。ソールもフラット系ですかね。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。トゥ 側にボリュームがあるイメージですね。UTも逃げ顔系ですが、2度オープンのようです。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「M-43」装着モデルの4U。スペックは、ロフト角19度、ライ角60度、長さ40インチ、総重量323g、バランスD0.5。ヘッド体積115cm3。シャフトスペックは、重量49g、トルク5.1、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはUTもやや軽めですね。グリップも気持ち細めでした。シャフトしならせてみると、このUTもM-43だけどFW同様結構しなり感がありました。素振りしてみると、イメージ通りFW同様ヘッドが走るようなイメージでした。

実際に打ってみると、クラブがしっかり球を上げてくれるし、しっかりつかまえてくれます。2度オープンなのにここまでつかまりがいいというのは、重心角が大きいんですかね!! 試打時はロフト21度あたりのモデルかと思っていましたのでスカイトラックデータの距離も「こんな感じかな!!」と思っていましたが、試打終わりでクラブを確認するとしっかり19度って書いてあったりして(汗)  そうなると話は変わってきますよね。19度なら200yをマークしたかったですわ~! 19度だとやはりスピン量が多めなのかな・・・

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS40.2m/s、初速54.5m/s、打ち出し角15.6度、バックスピン量4139.4rpm、サイドスピン-239.0rpm、飛距離192.2y
【ベスト】
HS39.5m/s、初速55.1m/s、打ち出し角15.7度、バックスピン量4361.7rpm、サイドスピン-374.8rpm、飛距離192.7y

打感はソリッド系で音もやや高音系でした。フィーリング的にはFWと同じような感覚でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には文句なしの高弾道。動画はドーンと大きい弾道ですが、スピン量は約4300rpmと多めでした。FW同様シャフトとのマッチングの問題ですかね。

出球傾向は、ボクのスイングでほぼストレート。かなりつかまりがいいモデルのイメージで、FW同様重心角が大きいモデルだと思います。

シャフト挙動は、これもFWと同じ感想ですが、ボクの印象ではM-43の中調子にしては結構ヘッドが走る印象でした。個人的にはもうちょっと先端剛性を上げるか、ヘッドを軽くしてもらえれば・・・

今回ボクが打った限りでは、このスペックでHS38~40m/sあたりにおすすめ。基本性格的にはいわゆるオートマチック系で、FW同様払い打ち系のフェードヒッターもしくはスライサーがしっかり球をつかまえてハイストレートボールを打ちやすいモデルだと思います。アイアン型からウッド型に変わったのは、やはり打ちやすさを意識してだと思います。ロフト角から考えれば5Wか4Uかで悩ましいところでしょうが、個人的にはアイアンの方が好きなので、セットするならよりアイアン感覚で打てるこの4UTかな!?

<PRGR「エッグ(赤エッグ)」UT>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=ステンレス(SUS630)、フェース=マレージング綱(ES235)
■ロフトバリエーション:4UT=19度、5UT=21度、6UT=24度
■シャフト(重量/トルク/調子):「M-43」(S=49g/5.1/中調子)、「M-40」(SR=47g/5.4/中調子)、「M-37」(R=46g/5.6/中調子)、「M-35」(R2=44g/5.7/中調子)。
■価格:各1本3万5000円+税