どーもです。

PRGRのニューモデル「赤エッグ」シリーズですが、残す所あとアイアンの2モデルとなります。先代は1モデルのみでしたが、今回は「エッグアイアンPC」「エッグアイアンPF」の2モデルをPラインアップ。まず今日は「エッグアイアンPC」を紹介しましょう。ちなみに「PC」は「パワーキャビティ(POWER CAVITY)」の頭文字を取ったものです。新製品試打会ではぶっ飛びでしたが、果たしてどんな実力なのでしょうか。早速、レポしてきましょう。

まずは見た目から。

「パワーキャビティ」を略してPCですから、もちろん構造的にはキャビティアイアンです。もっと詳しく分類すると、おそらくディープアンダーカットキャビティになるのではないかと思います。バックフェースのスイートエリア付近はしっかり厚さも確保されているので、ある程度マイルドな打感も期待できそうな雰囲気です。

フェースはラージフェースですね。先代に比較するとややトゥ・ヒール方向の異長めな印象でした。トップラインもやや丸みを帯びているので、アイアン型UTのような印象ですね。

ソールは超ワイドソール。この辺は先代の遺伝子というかコンセプトを引き継いだ印象ですね。

ネックはグースです。かなりボディの厚さが確保されているように見えますので、深重心モデルというのはほぼ間違いないと思います。

構えてみるとこんな感じ。トップブレードが厚めで、バックフェースの厚みも目に入ります。これはこれで安心感につながると思いますが、個人的に苦手なモデルですねw トップブレードの厚みはともかく、バックフェースの厚みが目に入るのはちょっと苦手なんです。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「M-40」装着モデルの#7。スペックは、ロフト角25度、ライ角62度、長さ38.25インチ、総重量340g、バランスD0。シャフトスペックは、重量45g、トルク4.7、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはかなり軽め。グリップは右手あたりがやや太めにも感じましたが、全体的には細めだと思います。シャフトしならせてみると、M-40ということでかなり柔らかめ。全体的にしなる印象ですが、振りしてみると、しなりは多めですが結構素直に中間がしなる感じでニュートラルなイメージでした。

実際に打ってみると、1発目からドーンと大きな弾道にビックリ。新製品発表試打会のシミュレーターでは198yマーク(スチールシャフト装着モデル)でしたが、「それくらい飛んでるわ~!!」ってな感じでした。スカイトラック的には3球平均で182yでしたが、まぁ、ロフト角的には10年前モデルの#5ですから、そう考えるとこの10年で革新的にクラブが進化したことを実感できますね。もうクラブを信じて振り切れば、あとはクラブがなんとかしてくれます!! 球も上げてくれるし、つかまえてくれるし、しかも飛ばしてくれます。もうフルオートマチック系アイアンだと思います。つかまりがかなりいいので逆にフェード系やスライスを打ちたくても打てないくらいオートマチックですw

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS40.3m/s、初速53.9m/s、打ち出し角15.6度、バックスピン量4816.5rpm、サイドスピン-777.4rpm、飛距離182.5y
【ベスト】
HS41.0m/s、初速54.8m/s、打ち出し角15.5度、バックスピン量5056.5rpm、サイドスピン-727.3rpm、飛距離185.0y

打感は弾き系に近いソリッド系。バックフェースを見る限りもう少しマイルド系のイメージでしたが、実際に打って見るとやや弾き感が強めだったかな。音がやや高めで「チッ!!」とサスティン短めの高音系だったというのも影響しているかもしれません。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には文句なしの高弾道。ドーンと大きな弾道イメージですが、シャフトの影響か2段ブースターみたいな飛び方ですね。M-40シャフトなのでスピン量が増えるのは当然でしょうが、それでもこの弾道は魅力的ですね。スチールシャフト試打もしておけばよかったかな・・・(汗)

出球傾向は、ボクのスイングでドロー強めかな。これはもちろんシャフトがM-40という影響もあると思います。動画弾道は意識してヘッドを右前に放り出すイメージで打ったものですが、ボク的にはそのイメージでストレート系でした。

シャフト挙動ですが、思った以上にニュートラルでしたね。もっと先が動くのかとイメージしていましたが、意外にもニュートラル系なしなり具合だったと思います。この動きのままスチールシャフトモデルがあれば・・・w

今回ボクが打った限りでは、このスペックでHS38~40m/sあたりにおすすめ。基本性格的には完全にオートマチック系ですね。払い打ち系のフェードヒッターもしくはスライサーがしっかり球をつかまえて、ハイストレートボールを打ちやすいモデルだと思います。とにかく、空振りさえしなければ後はクラブが何とかしてくれそうなイメージ!! このクラブに小細工は不要だと思います。クラブを信じて振り切れば、あとはクラブがガッツリ働いてくれるモデルですね!!

<PRGR「エッグアイアンPC」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:6▽構えやすさ:7▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ・フェース=マレージング綱(AM355P)、ウエート=タングステン合金(Ni、W、Fe)
■シャフト(重量/トルク/調子):「M-43CB」(S=49g/4.1/中調子)、「M-40CB」(SR=45g/4.9/中調子)、「M-37CB」(R=44g/4.7/中調子)、「M-35CB」(R2=44g/4.2/中調子)。
■価格:4本(#7~PW)セット9万6000円+税、単品(#6、AW、AS、SW)各1本2万4000円+税。