どーもです。

PRGRのニューモデル「赤エッグ」シリーズですが、トリを飾るのは「エッグアイアンPF」です。昨日の「PC」は「パワーキャビティ(POWER CAVITY)」でしたが、この「PF」は「パワーフォージド(POWER FORGED)」の頭文字を取ったものですね。その実力やいかに!? レポしたいと思います。

まずは見た目から。

昨日紹介「PC」に比較すると、かなりスッキリした感じですね。トゥ側バックに「egg」のがロゴが配置されていますが、その周辺がやや厚めになっていました。これはなにか意味があるのでしょうか!?

フェースはラージフェースですね。「PC」同様トゥ・ヒール方向に長めでした。形状的には「PF」のほうがややボクシーに感じました。

ソールはワイドソール。「PC」に比較するとやや狭めですが、一般的なクラブと比較したら十分ワイドソールですね!!

ネックはセミグース。ボディはやはりかなり厚さ確保されていますが、バックフェース下部により重量が寄せられているような見た目だと思います。なお、ソールにはかなりのバンスが設定されているように見えました。

構えてみるとこんな感じ。「PC」と比べるとトップブレードもやや細めですね。トップブレードは気持ちラウンドしているので、実際の厚さよりもシャープに見えます。バックフェースの厚みも目に入らないので、個人的にはこの「PF」のほうが好印象でしたね!!

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「M-40」装着モデルの#7。スペックは、ロフト角26度、ライ角62度、長さ38.25インチ、総重量342g、バランスD0。シャフトスペックは、重量45g、トルク4.7、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的には「PC」同様かなり軽め。グリップはやはり右手あたりがやや太めにも感じましたね。でも、全体的には細めだと思います。シャフトしならせてみると、やはりかなり柔らかめ。素振りしてみると、しなりは多めですが結構素直に中間がしなる感じでニュートラルなイメージでした。

実際に打ってみると、「PC」同様1発目からドーンと大きな弾道でしたが、明らかに「PC」のほうが、初速が速かったですね。「PF」は1度ロフトが寝ているので気持ちスピン量も増えるとは思いますが、その差以上に初速の差があったように感じました。また、「PC」はフルオートマチックのイメージでしたが、この「PF」は気持ち操作性も意識したモデルのように感じました。「PC」は完全にドロー系しか出ませんでしたが、「PF」は気持ち逃がすことも可能でした。それでもオートマチック系テーストであること間違いはありませんけどね!! まぁ~、とにかく簡単かつぶっ飛び系アイアンですわ~!!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS40.5m/s、初速53.4m/s、打ち出し角16.4度、バックスピン量5269.4rpm、サイドスピン-513.1rpm、飛距離178.6y
【ベスト】
HS40.2m/s、初速53.8m/s、打ち出し角16.9度、バックスピン量5096.5rpm、サイドスピン-658.9rpm、飛距離182.6y

打感はソリッド系かな。「PC」に比較すると気持ちマイルド感があったように感じました。音は「パチン」と弾いている感じでしたが、それでも気持ちマイルドさを感じました。不思議ですわ~!

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には文句なしの高弾道。スピン量はやや多めですが、打ち出し角が高いのはいいですね!! ドーンと大きな弾道が楽しめるモデルだと思います。

出球傾向は、ボクのスイングで軽いドロー系でした。「PC」と同じ「M-40」でしたが、出球傾向としては曲がり幅が少なかったですね。また前述通り、気持ち逃がすことも出来ました。聞こえが悪いかもしれませんが、勝手につかまっちゃう「PC」に対してこの「PF」はプレーヤーの意志もちょっとだけクラブが聞いてくれるといったイメージですかね!!

シャフト挙動ですが、これもイメージ的には思った以上にニュートラルでしたね。ヘッドが違えば差がでると思っていましたが、ボクの感覚ではほぼ同じような挙動で、ほぼその差は感じられませんでした。

ヤマハ「インプレスUD+2」アイアン


今回ボクが打った限りでは、このスペックでHS38~40m/sあたりにおすすめ。基本性格的にはオートマチック系。払い打ち系のフェードヒッターもしくはスライサーがしっかり球をつかまえて、ハイストレートボールを打ちやすいモデルだと思いますが、「PC」ほど勝手につかまえてくれる感はなく、ほんのちょっとだけかもしれませんが、打ち手の意志も反映させられるモデルだと思います。まぁ、それでも一般的なモデルの中では、かなりオートマチック度が高いモデルで、「PC」と並んでカテゴリー的にはヤマハ「インプレスUD2+」アイアンに代表されるぶっ飛び系アイアンですね

<PRGR「エッグアイアンPF」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:10
■ヘッド: ボディ=軟鉄(S45C)、フェース=クロムモリブデン綱(SAE8655)■シャフト(重量/トルク/調子):カーボンシャフト「M-43CB」(S=47g/4.4/中調子)、「M-40CB」(SR=44g/5.1/中調子)、「M-37CB」(R=43g/5.3/中調子)。スチールシャフト「M-40ST」(SR=81g/2.9/元調子)、「M-37ST」(R=78g/3.2/中調子)。
■価格:4本(#7~PW)セット9万6000円+税、単品(#4~6、AW、AS、SW)各1本2万4000円+税。