どーもです。

PRGRのニューモデル「egg(エッグ)」シリーズですが、今日からは高反発モデル「スーパーエッグ」シリーズを紹介しましょう。いわゆる「金エッグ」シリーズですが、こちらがドライバー2タイプとFW、UTの4モデル。アイアンは先代を継承していますが、ミドルアイアンがアイアン型UTだったので実質ウッド型UTが新設されたということですね。ドライバーはシャフトの長さでノーマルモデルとロングスペックをラインアップしていますが、まずはノーマルモデルから紹介しましょう。

まずは見た目から。

形状的には先代とほぼ同じような印象ですが、ツヤ消し部分の配置が変更されていました。今回のモデルはソール後部までツヤ消し部分が伸びていました。また、クラウンのパワーフランジに加え、ソールにパワーグルーブを採用。金色に見えるミゾがパワーグルーブです。

フェースはかなりラージフェースですね。形状的にも先代に比較すると、トゥ・ヒール方向の長さが気持ち短く、よりディープになっていたように感じました。トップラインも中央部が盛り上がっていて、より「赤エッグ」ドライバーに近いイメージだと思います。

ボディは先代とほぼ同様かな!? 若干ヒップダウンしているようにも感じましたが、気のせいかな?

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積は大きめで、先代同様丸型だと思います。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「M-40」装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角59度、長さ45.75インチ、総重量277g、バランスD0。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量42g、トルク7.0、元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、さすがに超軽量級!! 高反発モデルはHSゆったりめの人向けなので、当然この重量帯になると思います。しかし、グリップは思った以上に太めでしたね。シャフトは「M-40」ですが、「赤エッグ」の「M-40」よりも柔らかめ。素振りしてみると、これは意外!! 切り返しでクッと手元がしなって、タメを作ってくれるイメージでした!

実際に打ってみると、さすが高反発ですわ~!! 初速がかなり速めなイメージでした。しかも打ち出しからドーンと高く、大きな弾道が味わえます。この辺は「赤エッグ」と同じようなイメージですが、見た目で初速が違うのを感じられるほど差がありました。また、芯を外したときのカバー率も「金エッグ」のほうが高いイメージでしたね。なお、芯を外したときの音はかなり高めな金属音で、これは高反発モデルらしい音だったように感じました。でも、しっかり芯を食った時は、「赤エッグ」とそれほど変わらないような印象だったかな。ここ最近、スカイトラックで240yを記録することがありませんでしたが、さすが高反発モデルですわ~!! そして、先代試打時のデータを見て、ビックリしたのでしたw

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.7m/s、初速60.1m/s、打ち出し角15.7度、バックスピン量3127.6rpm、サイドスピン-207.6rpm、飛距離233.3y
【ベスト】
HS41.8m/s、初速60.8m/s、打ち出し角15.1度、バックスピン量3211.3rpm、サイドスピン-137.7rpm、飛距離235.1y

打感はマイルド系。芯をガッツリ食うと結構マイルドで、いわゆる分厚い当たりを体感できると思います。でも、芯を外すとソリッド系で音もかなり高い金属音になりますね。芯を食ったときの音は、落ち着いた感じの中音系のイメージでした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には超高弾道!! クラブがしっかり球を上げてくれ、かつ、つかまえてくれるのはもはや「エッグ」シリーズの特徴でしょうからね!! 意外だったのはスピン量。もっと多くなると思いきやこの動画も約3200rpmで3球平均は約3100rpm。これ、結構意外でした!!

出球傾向は、ボクのスイングでハイドロー系です。それこそ、ヘッドを右前に放り出すイメージで打ってのハイドローなので、「赤エッグ」同様フルオートマチック系だと思います。ということは、クラブを信じて振り切れば後はクラブが何とかしてくれるってな感じでしょうね!!

シャフト挙動ですが、前述通り「エッグ」で試打したM-40よりも柔らかめで、切り返しで手元しなってタメを作ってくれるイメージでした。叩くモデルではありませんが、ボク的には結構叩けそうなイメージだったりして(笑) まぁ、HS43m/s以上は使用を控えてくださいとの注意書きもありますので・・・

今回ボクが打った限りでは、このスペックでHS36~38m/sあたりにおすすめ。基本性格的には、フルオートマチック。「赤エッグ」ドライバーが高反発モデルになったものと思っていただければ間違いないと思います。ボディターンタイプのフェードヒッターやスライサーがいわゆるハイドローを打てるモデルだと思います。ただし、シャフト味付けが若干違うように感じましたので、よりコックがほどけやすいタイプにおすすめですね! 今まで超えていたハザードが超えなくなったからゴルフやめるなんて話をよく耳にしますが、そんな方にぜひ1度試して欲しいモデルですね。

<PRGR「スーパーエッグ(金エッグ)」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=チタン(Ti-8AL-1V-1Mo)、フェース=チタン(DAT55G)■シャフト(重量/トルク/調子):「M-40」(SR=44g/7.0/元調子)、「M-37」(R=41g/7.1/元調子)、「M-35」(R2=40g/7.0/元調子)。
■価格:1本10万円+税